FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
まーらいおん南部先生と出会う(Malion se setkal Profesora Mambu)
2005年06月13日 (月) | 編集 |
今日は我々の分野では超有名な南部先生がヘルシンキに来て、セミナーを行いました。

超有名人ということで、私が今まででていたセミナーの中で最も参加者の多いセミナーになりました。てか、普段のセミナーの人数の少なさはどうなっとんのじゃ。話は、対称性の破れが物理で果たす役割について、昔の彼の仕事のNG定理から最近の color superconductivity まで含めて幅広い範囲で話をされていました。もう年は80歳ぐらいでしょうか?かなり高齢だと思うのですが、はっきりとした口調で1時間ちょっとのセミナーをこなしていました。

セミナーの後、お話しをすることができました。日本語で話ができるのはとても気が楽です。それでもかなり緊張しましたが。ボスや現在滞在中の Greenbergさんも交えて、お茶をしながら雑談(これはもちろん英語)。つーか、英語が半分聞き取れん。笑うタイミングで笑えない。かといって理解もしていないのに笑うのもあほみたい。全くこういう時に自分が情けなくなります。話は昔話がほとんどで、そんな人シラネーという人やパウリなど彼ら(Greenberg さんもかなり高齢)と交流のあった人たちの話で盛り上がっていました。

パウリのセミナーでの振舞いの悪さは聞いたことあったのですが、じかに聞いたのは初めてです。南部さんがプリンストンにいたときに誰か(名前失念)がセミナーをしたとき、パウリが

「もうやめたほうがいいよ。意味ない」

という台詞をセミナー中に繰り返し、

「最後まで聞いて下さい。お願いします」

とスピーカーがお願いするも、次第にパウリの口調は荒くなり

「もうやめー!」

と最後には立ち上がって地団駄踏む始末。ちなみにその時のセミナーのオーガナイザーはオッペンハイマーで彼もパウリを制止できなかったとか。

そんな人の前で私しゃセミナーできませんがなー。てか普通の人できないでっしゃろ。