FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
同僚の誘い
2005年07月07日 (木) | 編集 |
いよいよチェコ滞在も残り数日となった。今日は、共同研究のための計算をしていたが、思ったよりはかどらない。うーん、プラハを去る前にある程度目処はつけたいのだが。そんな悶々とした気分の中、仲の良い同僚 Pavel と昼飯に行った。

少々話が脱線するが、この Pavel に呼びかける時、チェコ語ではそのまま名前を言うのではなくて、少し格変化させないといけない。彼の場合は「Pavle」となる。もはや別の名前である。

我々は、研究所付属の学食に向かった。この学食、値段は60円とかなり安いのだが、たまにとんでもなくまずい。今日も例に漏れずいまいちの味であった。その昼飯の会話の中、 Pavel は私を夕食に招待したいと申し出てくれた。とても喜ばしいことである。もちろん二つ返事でOKした。彼には赤ちゃん誕生のプレゼントをあげたので、そのお返しなのだろう。

そういえば、私が昔チェコにいた時、彼ら夫妻を夕食に招待したことがある。もちろん私は日本食を振舞った。メニューはひじき、切干大根、チラシ寿司、刺身などである。外国人が刺身を食べるかどうかは我々日本人にとってはとても興味深い。実際、それを食べた時の彼らの気難しい顔は忘れることができない。彼らの表情は、うまいと言う訳でもなく、まずいと言う訳でもないといった感情をよく表していた。そんな中でもとりわけ評価が高かったのはチラシ寿司である。彼らは酢漬けキャベツなどで酢に慣れているせいか、おいしいおいしいと言って食べてくれた。他のチェコ人にもチラシ寿司を振舞ったが、同様の意見であった。

明日、彼らがどんなチェコ料理を振舞ってくれるかとても楽しみだ。

ランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願い致します。
banner_02.gif人気blogランキングへ