FC2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子を養子にしました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
Dobrý den から Hey へ -まーらいおんの帰宅-
2005年07月11日 (月) | 編集 |
夜の12時、ヘルシンキの自宅に到着した。プラハから2時間弱のフライトであった。午前中はお土産を買い、午後はソラさんとドライブ、そして空港に送ってもらい、ソラさんとのしばしの歓談の後ヘルシンキへと飛んだ。

チェックインでは

係員:「帰りのチケットかその先のチケットはありますか?」
ま:「いえ、私ヘルシンキに住んでいますし」
係員:「え?そうなんですか?IDカードか何かありますか?」

まあ、日本人がプラハからヘルシンキの片道切符は怪しいかもね。最初に日本のパスポートを見せたときも、ビザ無しでフィンランドいいんだっけ?みたいなこと言っていたし。結局ビザを見せて事なきを得た。そもそも私のフライトは Air Finland というフィンランド人しか使わないんじゃないかという航空会社なので、驚くのも無理もないのかもしれない。そして、

「Hey !」

飛行機に搭乗するときスチュワーデスに言われた一言。あ、そうだ、もうプラハを去るんだ。頭をフィンランドに切り替えなくてはいけない。Dobrý den から Hey へ...次はいつプラハに来られるかなあ...。飛行機のアナウンスも最初はフィンランド語、スウェーデン語のみ。最後までまさかそれだけではと不安に思ったが、英語のアナウンスもきちんとありました。

ヘルシンキには2時間ほどで到着。上からの眺めは、フィンランドが森と湖の国であることを実感させてくれる。さてさて、パスポートコントールでは、

係員:「プラハから来たの?」
ま:「ええ、そうですが」
係員:「何日フィンランドにいるのですか?」
ま:「ってか、フィンランド住んでるんですけど」
係員:「え?本当に?」

ビザを眺めて

係員:「+●▲*●?」
ま:「は?」
係員:「(英語で)フィンランド語できるの?」
ま:「わからないっす。今勉強中なんですわ」
係員:「そうかそうか、じゃね」

乗っている飛行機が、フィンエアーとかじゃなかったからですかね。フィンランドに住んでいる日本人って珍しくはないと思うのだが。ともあれ、フィンランドに戻ってきたなあ~。明日からまた頑張ろう!

ランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願い致します。
banner_02.gif人気blogランキングへ