FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
天国へ召されるチェココルナ
2005年07月12日 (火) | 編集 |
チェコの通貨単位は、チェココルナ。チェコ語で korun českých といいます。チェココルナは、1,2,5,10,20コルナ硬貨(50コルナ硬貨も少ないながらもあり)、50,100,200,500,1000,2000、5000コルナ紙幣からなります。これらチェココルナはいずれ無くなり、ユーロに変わる運命です。ではユーロの後、チェココルナはどこに行ってしまうのでしょうか?そうです、彼らは天に召されるのです。

硬貨たちは天に召され、天国の門の前までやってきました。門の前では、神様がいます。硬貨達は神様に尋ねました。

硬貨:「私たちは天国に入ることはできるでしょうか?」
神様:「ああ、もちろんだ。入るがいい」

続いて、1000,2000,5000コルナ紙幣が門の前までやってきました。彼らも同じ質問をします。
紙幣:「私たちは天国に入ることはできるでしょうか?」
神様:「いいや、できない」
紙幣:「なぜですか?」
神様:「あなたたちは、教会でみたことがない」

そうです。彼らは教会の寄付箱には決して見ることができない高額紙幣。残念ながら彼らは、天国へ入ることが許されませんでした。

チェコ人同僚の冗談でした。他の紙幣の運命はわかんねぇっす。ちなみに1コルナ=約4円です。

ランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願い致します。
banner_02.gif人気blogランキングへ