FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
カルチャーショック-フィンランド編-
2005年07月23日 (土) | 編集 |
4月にフィンランドに来て、6月にはチェコ滞在と慌しい3ヶ月だったが、ドイツ・チェコ滞在記も落ち着いたところで、少しヘルシンキ生活のことをまとめておこう。備忘録ってことで

以前、チェコでのカルチャーショック(パート1パート2)について書いたが、2年以上もたった今頃にまとめたので、来た当初に感じた驚きなどをだいぶ忘れてしまっていて、思い出すのに大変だった。フィンランド編も慣れて忘れる前にチェコと比較しつつ少し書き出しておこうと思う。しかし、チェコと共通する部分もあるので、そう言った部分は書いていない。多くのカルチャーショックはチェコで経験してしまったということか...。

■ほとんどの人が英語を話す

これは驚き。レベルの違いはあれど、英語を解さない人の方が少ないように思われる。今まで、完全に英語がわからなかった人は家の近くのキオスクにいたタコ八郎に似たおじさん一人である。チェコでは英語を話す人のほうが圧倒的に少ない。全く解さないということも少なくない。しかし、後者の方がその国の言葉を学ぼうという観点では有利なのは明らか。何せある程度は話せないと生活できないのだから。その点、フィンランドではフィンランド語を学ぶモチベーションはなかなか上がらない。でも全ての文字の情報はフィンランド語のことが多いしやっぱ必要は必要。なので少しずつ勉強中。スウェーデン語も公用語なので、そちらをやっても生活には役に立つと思われる。実際、綴りだけを見たなら、こちらの方が意味の推測がしやすい。

banner_02.gifポスドクは旅人だ!そんなまーらいおんのランキングはこちら。
[READ MORE...]
ブレーメン観光2日目
2005年07月23日 (土) | 編集 |
ドイツ旅行記最終回です。

昨日のサウナ特急と観光の疲れでどっぷり寝てしまったまーらいおん。気がつくと同室のソラさんがいない。そういえば、朝からTさんとジョギングに行くと言っていたな....。同じ年齢ながらこの元気の違いはなんなのか。しかし、時計を見るともう朝食を食べないといけない時間である。彼らを待っていて朝食を食い逃す愚行を避けるべく、Hr. Nさんと共に朝食に向かった。朝食はバイキング形式でかなり豪華。繰り返すが、この値段で施設と朝食の量はお得と言わざるを得ない。しかし、昨日のねーちゃんが気に入らんので、ここでホテルの宣伝はしません←意地悪。

Hr. Nさんと朝ごはんをおいしく食べているとソラさん、Tさんが戻ってきた。随分と走りこんだようだ。というか聞いてみると道に迷ってしまったとのこと。慣れない土地で遠出をしてどちらがホテルの方向だか見失ったらしい。危うく、先進国ドイツのブレーメンで意味不明な生き別れになるところであった。

114_1448.jpg朝食もそこそこにブレーメン大学に向かった。今日はYさんの研究室を見学させてもらうことになっている。ホテルから大学まではバス、トラムを乗り継いで向かった。トラムの停留所ではMさんが迎えに来てくれていた。写真を撮りながら校舎に向かうポスドク軍団。特に私とソラさんはブログネタ用に撮りまくる。校舎内には研究室の紹介が書いてある。あ、素粒子の研究室もあるようだ。分野は現象論で私の専門とは異なるようだが。ソラさんの研究分野に関係する研究室もあるようだ。しばらくするとYさんが出迎えてくれた。ブレーメン大学に在籍するもう一人の日本人ポスドクと共に、研究室に向かう。


banner_02.gif気になるまーらいおんのランキングはこちらへ。
[READ MORE...]