FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
フィンランド語トリビア
2005年08月30日 (火) | 編集 |
この前、家の近くの一番でかい本屋、というよりフィンランドで一番でかい本屋アカデミア書店でフィンランド語の辞書が安かったので買ってしまいました。ちなみにアカデミア書店はフィンランド一でかいデパート stockmann の系列店です。家がそこに近いというのもありますが、結構散財させられます。くそー、やるな stockmann.

sanakirja.jpgさて、買ってみたのはこれです。(写真の辞書はフランス語ーフィン語のものですが、実際買ったのは英語ーフィン語のもの)

CD-ROMの辞書つきで29ユーロ。割と安いんではないかな。日本語ーフィン語の辞書はあるんですが、用法があまり載っていないし、やっぱ英語ーフィン語のものもあると少し安心。持っているだけで安心しないで勉強しないといかんですが、最近さぼり気味だな orz.これを機に奮起せねばなるまいて。

ところで、上の写真の辞書は英語ーフィン語ではなく英語ーフランス語です。フィンランド語は「SUOMI」といい、フランス語は「Ranska」といいます。当初、

なんでフランスが「Ranska」やねん

と思いましたが、まあチェコ語でも、オーストリアが「Rakousko」、ドイツが「Německo」だったりして意味不明なときがあったので、そういうものだろうということで丸覚えしていました。ですが、最近、なんで「Ranska」っていうか人から聞いてわかりました。理由は、

フィンランド語は最初に子音を二つ重ねることがない

というルールから来ています。その結果

「France」-->「Ranska」

というように「F」が取れてしまうのです。他の例としては学校「koulu」があります。英語とのアナロジーを無理やり考えると

「School」-->「Skoulu(?)」-->「Koulu」

で「s」が取れているとわかります。「学校」という単語は他言語同士で互いに似ているのでわかりやすいです。例えば、チェコ語だと「škola」、ドイツ語だと「Schule」です。フィンラン語は上のルールを適用すれば、今挙げた他の国の言葉の「学校」に近い単語だとわかります。他にもきっと例があるのでしょう。

ついでに、他のフィンランド語のトリビアを。フィンランド語でドイツは「Saksa」ですが、これは上のルールを適用しようと英語などの近い単語には近づきません。というのは、この単語はドイツの昔の国「ザクセン」が語源だからです。ザクセンは今で言うベルリンとプラハの間にあるドレスデン近辺です。

後、フィンランド語で「sata」とは百という意味ですが、これはサンスクリット語(一応、現在のインドの公用語の一つでもあるが、古典言語であるため現在日常語としての話者はほとんどいない)から来ているそうです。

その他、最近面白いなと思ったのは、mf さんのページの話です。文法についての話なので難しいかもしれませんが、私は疑問が一つ氷解しました。mfさん、ありがとうございます。他の言語で mfさんの記事に似た例を挙げるなら、フランス語の名詞、形容詞で男性、女性名詞を規則なく全部覚えろって感じです。チェコ語は男性、女性、中性と別れていますが、それなりに規則があるのでまだましです。例外が多いのがたまに傷ですが。

とまあ、話す上では役に立たない(最後は除く)フィンランド語豆知識ですが、「へー」って感じのトリビアですよね。あ、もしかして投稿しとけばよかったか!

ランキングはおかげさまで順調に3位をキープ。2位には大きく離されていますが、ウラル・スラブらしく(?)地道に追いつくことに致しましょう。ということで、お時間のあるときに投票を。
banner_02.gif
来客ラッシュ
2005年08月30日 (火) | 編集 |
8月はまーらいおんにとって来客ラッシュの月であります。8月の頭にはN氏、その後1週間後にI氏、そして一昨日、今日と3人のお客さん(H教授、Iさん、H君)が来ました。今回のお客さんは、明日から開かれる国際会議に参加する日本人の方々です。今日は空港まで迎えにいって、夜は食事に行きました。こういった時にいつも困るのは、

どこに連れて行くか?

です。ここヘルシンキでは、安くうまい店を見つけるのが困難です。「高い、まずい、遅い」と評した人がいますが、言いかえると吉野家の逆ってことですわ。その点、中華なら安くていいところあるんですが、日本から来たお客に中華もねぇ。

というわけで、あまり場数を踏んでいないまーらいおんですが、今日はシーホースというお店に皆さんをお連れしました。以前、木の葉パンさんのページで紹介されていたお店で、I氏が来たときに一緒に行きました。悪くないレストランだと思います。

IMG_1144.jpgんで、今日まーらいおんが食べたのは、「ニシンのステーキ」。付け合せはマッシュドポテトですが、それよりも茹でジャガイモの方が好みなんだけど仕方なし。メインのニシンはかりっとしていて、塩加減もナイス。

IMG_2004.jpgI氏と一緒に行ったときの写真も上げておきましょう。この時は無性に肉が食いたくて、豚のステーキを食べました。これ以外に茹でジャガイモが数個つきます。


お値段は、ニシンは12.50ユーロでした。肉は忘れましたが、15ユーロぐらいかな。トナカイのメニューもありますが、こちらは若干高めの29ユーロ。今日は、トナカイにジャムを乗っけたフィンランド伝統料理が14ユーロぐらいで特別メニューとして出ていました。

値段は、ヘルシンキとしてはそれほど高くなく、観光客にはお薦めのレストランと言えましょう。また、量が多いのもこのレストランのポイントです。9月の初旬にもお客さんが来ます。彼らはどこに連れて行こうかなぁ~。

さて、ランキングは「Pari写」に大きく離され、下からは「ami」に追い上げられ苦戦中。やはりフランスは壁であります。なんとか前人未到の2位に食い込みたいところ。というわけでお時間のあるときにクリックをお願いいたします。
banner_02.gif