FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
そろそろ次の職探し
2006年09月13日 (水) | 編集 |
前に、ヘルシンキでの契約が半年延長になったことを述べましたが、それでも後1年しかここにいられない状況は変わらないわけで、そろそろ次の職の応募をしないといけなくなりました

海外の大学の職は9月、10月スタートのところが多くて、来年の職は今頃から11月ぐらいまでが大体応募の時期です

ってな訳でそろそろ書類を書かないといけないんですが、まずは応募する大学のリスト作りからしないといけません

初めて出した頃は要領がわからず、ところ構わず100件以上応募していたんですが、今考えると無謀です。若気の至りといいましょうか

まあ、その甲斐あってチェコに職を得たわけですが

何事もやってみなければわかりません

応募には3人の教授から推薦状を書いてもらうんですが、そのうちの一人の方からは

「ここは無理だと思うけどね~」

と言われる始末

当時は「出してみなけりゃわからない」って考えが99%頭を占めていたので、なんとも思わなかったんですが、今昔の応募の書類とか見返して見ると

「こりゃあ、だめだぁ

と思ってしまいました

実績も「かす」みたいな実績でしたからねえ

よくもそんな私をチェコの研究所は雇ってくれたものです

そんなこの時期に、チェコにいた時の知り合いのインド人のJ君の近況が舞い込んで来ました

彼はドイツでポスドクをやっていたのですが、最近契約が切れてしまって次の職が見つからず故郷のインドに帰らないといけなくなったというのです

私にはどうにも出来ない事情もありますが、とても歯痒いです。なんとか次の職を見つかればと願うばかりです

ヘルシンキの同僚のポスドクの皆さんもどうしようか悩んでいるようです。延長するか、するにしてもできるのか、それともどこか出さないといけないのか...

早く自分の国で職を得たいと言っている同僚もいます

皆さん本当に大変そうです

え、私ですか?

私も頑張って応募しますが、楽観的に行きたいと思います

同室の中国人の同僚もおんなじこと言ってます

うーん、うーんと悩むのも大事だと思うんですが、あんま悩みすぎると気が滅入るので、たまには、そういう同僚と笑って不安を吹き飛ばすぐらいがいいのかもしれません

そんでたまに(?)フィンランドの愚痴言ったりしてね

明日のまーらいおんの進路に乞うご期待

banner_02.gif応援よろしく