FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
グループクリスマスパーティー
2006年11月28日 (火) | 編集 |
先週も書きましたが、これからフィンランドはクリスマスパーティーシーズン。職場のいろいろな部署で、もしくは職場全体などでパーティー(pikku joulu)が行われます

んで、今日は自分の属しているグループでクリスマスパーティー。ちなみに、こちらではパーティーをやるときは、思いっきり仕事時間であっても構わずやってしまいます。チェコでもそうだったんですが、欧州全体でいえることなんですかね?確か西側はそうではなかったような気がします

ま、ともあれ我々のクリスマスパーティーは午後の2時から始まりました。メンバーはボス、おいら、日本人同僚U君、ポスドクのAさん、そして学生のS君です。料理を準備する人は、おいらとAさん

ってわけで日曜日は気合を入れて仕込みをしました。メニューはもはや定番となりつつある3品です。

1.炊き込みご飯
2.大根、里芋、鳥のひき肉の煮物
3.豆腐

です。最後の豆腐は「ハウスほんとうふ」という豆腐の素から作りました。普通の豆腐の他に、すりごまも混ぜてごま風味の豆腐も用意致しました

一方Aさんが用意したのは

1.タンの煮物
2.お魚のパイ
3.ケーキ

です。彼女も料理が上手なので、二人してかなり豪勢なものを用意できました。ちなみに彼女の用意したお魚のパイは、ロシアの古い文学にはよく出る代物だといっていました。7,8層ぐらいにお魚の身や卵を乗せたりしてパイとして焼くというレシピみたいです。もはやロシアでは食べられない代物らしく、60年代にロシアに住んでいたボスも食べたことないと言っていました

好評だったのはおいらの大根の煮物とAさんのタンの煮物でした。タンはよく煮込んであってとっても柔らか。今度おいらもやってみたいと思います。

パーティーは、この前までAさんが出張で出かけていた日本の話がメインでした。ものすごく印象がよかったみたいで、食事やホテルから、彼女を世話してくれた日本人まで褒めちぎっていました

そして、このパーティーにはもう一つのイベントが用意されていました。12月13日がボスの65歳の誕生日なのですが、秘密裏にバースデーカードを用意していたのです。上で述べたケーキもバースデーカードと共に登場。シャンパンも開けて大いに盛り上がりました

パーティーが終わり片づけが終わったのは、午後の5時ぐらい。今日はあんま仕事できなかったけど、まあ仕方ないということで

banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします