FC2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子を養子にしました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
すき焼きを食う
2007年02月16日 (金) | 編集 |
今夜はすき焼きー(いかり)

と意味不明な始まりですが、実際に日本食レストランにすき焼きを食べに行きました(ひょえ)

というのも、私の叔父さんが仕事の都合でヘルシンキにやって来られたからです(むふ)。この叔父さん、毎年この時期にヘルシンキにやって来るのですが、昨年もやっぱり来ていて、ヘルシンキ一の高級レストラン「シプリ」に連れて行ってもらったのです(すき)(昨年のレポートはこちらへ

今年は、取引先の人と一緒に食べに行くことになって、その人が日本食が好きだということで、日本食レストランに行くことになりました。我々が選んだレストランは「古都」というところです。日本人の間ではかなり有名なレストランではないでしょうか(むふ)

そして写真をこのブログに載せたかったのですが、痛恨の電池切れ(ひょえ)

肝心なときにチェックし忘れたー(わーん)

こうなれば、食えるだけ腹に詰め込んでやるじぇー(すき)


叔父さんと社員のSさん、取引先のフィンランド人Uさんの4人で、すき焼き定食を頼みました。それと日本酒ね(すき)

すき焼き定食は、お通しの「しゃけの煮付け」に始まり、しゃけの刺身、てんぷら、手巻き寿司と出て、最後にすき焼きが出てきました。どうでもいいが最初にしゃけが出すぎ(ひょえ)。しゃけの油でお腹一杯になっちゃうよ(げー)

すき焼きに到達するまでのメニューはむしろ前座で、ここで倒れるわけにはいきません(まじ)。お酒の量も控えつつ、なんとかすき焼きを迎え撃つことが出来ました(むふ)

すき焼き鍋に油を引いて、肉を焼いて、すき焼き汁をじゅわーとたらしますよ(すき)

周りのフィンランド人が何事かと注目します(はず)

肉をはじめとしてすごい量で、白菜をすべて食べきるまでは至りませんでした(びっくり)

ここで取引先のフィンランド人の方が一言。

「なんで、すき焼きってここで自分達で煮る必要があるの?(あれ)。調理場で煮てきてすぐに食べられるものを出せばいいのに、ここで自分達で煮る理由が分からん(はず)」

それはごもっともな理由(まじ)

いやいや、あなた(むふ)(まて)

煮る過程を楽しむこともすき焼きの楽しみの一つなんですよ(いかり)

煮ながら、みんなと楽しげに会話を交わしつつ「あの肉はオレのものだ(ぐらさん)」と虎視眈々と狙うこの駆け引きが楽しいじゃありませんか(むふ)(マテ

そしてそれが取られた日にゃー(ぎょ)

それはオレが育てていた肉なのだー(いかり)

と場が盛り上がること必然でありますよ(むふ)

なんて、説明をしていませんよ、はい(ひょえ)(まて)



ともあれ、我々はすき焼きで大満足(むふ)。叔父さんいつもご馳走になります(すき)

来年まだここに私がいたらよろしくお願い致します(ひょえ)(それ)


banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします