FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
フィン人とお酒
2007年04月12日 (木) | 編集 |
前々から、フィン人酒飲みすぎという話をブログに書いてきましたが、今日日本大使館から届いたニュースレターに面白い話が出ていました(まじ)

WHOの2002年の統計によれば、一人当たりのアルコール消費量が多い国は

1位:ルクセンブルク 14.1リットル
2位:チェコ 13.4リットル
3位:ドイツ 11.0リットル
4位:フランス 10.9リットル

で、フィンランドは9.0リットル、日本は8.0リットルだそうです。フィンが何位であるかはちゃんと書いていませんでしたが、欧州平均が8.8リットルということなので、この数字だけ見るとお酒大好きフィンランド人とは見えません(ぐらさん)

しかし、2005年のデータによると10.5リットルに増大しています。ともあれ数字だけ見てもあまりぱっとわかる感じはしませんが(しょぼ)

消費量の増加は酒税の引き下げによるものだと言われています。エストニアからネットなどを通じて個人輸入している消費者に対抗して引き下げたという事です。事実、エストニアの酒税はフィンランドのそれに比べてかなり少なく、この数字を知っているならタリンからヘルシンキの船でフィン人がアホみたいにお酒、食料品を買い込んでいるのもうなずけます(ぐらさん)。思い出してもあの買い込み方は尋常ではない(あせ)

ちなみにフィンランドの酒税の割合は1ユーロ=150円と思うと、あまり変わらないことが表記されていました。日本の酒税ってやっぱ高いのね(あせ)

さてさて、更に興味深い内容としてフィン人の死因データが載っていました。15歳から64歳の死亡原因は

男性
1位:アルコールに起因する疾患17.1%
2位:心臓疾患16.6%

女性
1位:乳がん10.7%
2位:アルコールに起因する疾患10.6%

なんだそうで(あせ)。アルコール飲みすぎはいかんて(しょぼ)

日本の場合は、男女一緒だと

1位:悪性新生物(ガンなど)
2位:心疾患(心臓病)

だそうで(まじ)。こちらは生活習慣病と言われる類ですね。2位がフィンランドの男性の死亡原因と共通なのが興味深いですね(まじ)

うーん、生活習慣には気をつけねば(あせ)

ところで、私が住んでいた国はどれも「個人あたりのお酒消費量が多い国」に入っていますね(まじ)。言わずと知れた、チェコとフィンランドでありますが(ひょえ)

ん?(あせ)

(びっくり)(でんき)

ってことは次の国も消費量の多い国ってことで、ドイツ?(びっくり)

もらったー(いかり)(ナニ

さて、では(びーる)を飲んで寝るとしましょうか(ひょえ)(それ)(ヤメトケ

banner_02.gif1日1クリック応援よろしくお願いします