FC2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子を養子にしました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
プラハ滞在2日目
2007年12月03日 (月) | 編集 |
明日ヘルシンキに戻ると言うのに、ずーっと更新できなかった(はず)

帰ってきたらすぐに寝てしまう生活が続いておりました(あれ)

という訳で、順次報告して行きたいと思います(ぺこ)


プラハ滞在2日目は午前中は前の勤務先の研究所に行きました(ん)。仲良くしてもらったVさんに会う予定なのでとても楽しみであります(むふ)

その前に、研究所の近くの床屋さんに行きました(まじ)

わずか10分のカットで80コルナ(3ユーロちょっと)(むふ)

相変わらず安いですが、前は50コルナだったんですよねー(まじ)


身だしなみを整えたところで研究所に向かいVさんを受付で呼び出しました(勝手に中には入れない)

3,4分後、いつもの笑顔で迎えてくれました(にや)

お昼ご飯までの時間、重要な話や積もり積もった話をいろいろとしました。途中こんなこと言ってもらってとてもうれしかったです(ん)

Vさん:「いやー、まーらいおん英語うまくなったよねー。チェコに来た当時、ここまでになるとは思わなかったもんねー(ん)」

おいらヒアリングとかまだ苦手なんですが、そう言われるのはやっぱうれしいですよね。チェコで頑張ってこられたのも、彼や他の同僚に褒めてもらったからというのはあると思うんですよね(ん)

ちなみに、彼はもうすぐ二人目の孫が出来るということでとてもソワソワしているとの事でした。ちなみに同室にいる80になるおじいちゃん研究者は12人の孫がいるとの事です(びっくり)。12月3日からジュネーブに出張に行くという事なので、それまでに生まれると安心なのでしょうが(まじ)

さて、お昼は私がいつも行っていた研究所近くの学食。相変わらずのクオリティーの低さを爆発させていましたが、懐かしむにはいいものです(ひょえ)

この後同僚と別れて、市街の大学に移動。午後の2時からセミナーとなっております。専門家じゃない人がほとんどいうことなので、準備には気を使いました(あせ)。セミナー室で待っていると、かなりの人数が集まってきました(びっくり)。全部で25人ぐらいだったかと思いますが、ちと緊張してきたぜい(ぐらさん)

セミナーは一応つつがなく終了。質問もそこそこ出て、話の内容は分ってもらえたようです(ん)

セミナーが終わって開放感を得たところで、論文作成の続きに入る。共同研究者が数値計算をしている間に、こつこつと論文をワープロうち(ぐらさん)

夕方からは、プラハ在住の日本人研究者と食事。彼は最近、こちらで博士の学位目出度く取得し、4月から日本に凱旋帰国するのです(ん)。長い間のプラハ生活大変ならびに勉学お疲れ様でした(ぺこ)

これでここにいる日本人のお知り合いはみんな帰国してしまうことになりました。次は誰も知っている日本人がいないのは寂しいですね(しょぼ)

彼とは夜の11時ぐらいまでお茶をして宿に戻りました。

んで、その日はくたくたですぐ寝てしまいましたとさ(ひょえ)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します