FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
職場でpikkujoulu
2007年12月18日 (火) | 編集 |
今日は職場である研究所のクリスマスパーティーでした。

フィン語ではpikkujouluと言いますが、小さいクリスマスって意味です。

職場とかでやるクリスマスパーティーをそう呼びますが、本番のクリスマスでは、pikku(小さい)が取れて、家族だけでjouluを祝うってことになります(まじ)

研究所なんで、冒頭は所長の挨拶からスタート。

研究所の今年の業績を褒め称える事項が述べられましたが、へーと思ったのは、とある統計データで論文引用回数がわが研究所は世界トップだったということ(ほし)

ハーバード、プリンストンを抜いて1位!?(あせ)

どういう統計を取っているんだか知りませんが、めでたくもあり、ほんまかいなと思うところもあり。

この統計を取っているサイトは昔見たのを思い出したんですが、チェコ人とやった2本の論文が引用回数0回ってなってました。0回出ないことは、実際に引かれた論文からわかっているんだけど、この話からもなんか信用できない統計だわー(まじ)

ともあれ、名実ともにフィンで一番の研究所ってこと今年もなりました。

ちなみにその引用回数に所長のポスドクQさんも貢献しているわけですが、1位なら彼の契約を延長してやったらよかったのにとちょっと思ったり。彼は、今年の9月で契約期限切れで研究所を去っています。ポスドク雇う予算と研究所の実績は必ずしも結びつかないのが悲しいところ。Qさんの、次の職場は決まったのかな~と頭をよぎりました(まじ)

そうそう、めでたい話では同僚インド人Jさんの次の職場が決まりました!彼はインドでパーマネントポジションを探していたのですが、卒業した大学の近くの大学に職を得たそうです。いやー、よかったですねー(ぼうし)

さてさて、所長の挨拶の後は、グロッギ、お茶、菓子パンをほおばっての談笑会。

会場には座る場所もなかったし、ちょっとだけ同僚と話をして自分の部屋に戻りました(まじ)


ところでこのpikkujoulu、平日の昼間っぱち(午後1時半からだった(ひょえ))からやっていた訳ですが、チェコでもそうでしたね~。確か午後の3時からでしたが、たくさんの食べ物とワインがいっぱい出て、夜の7時ぐらいまでやっていた記憶があります。研究員の誕生日パーティーなども昼間からやっていたりしていました。職場の中でね(ひょえ)

統合後の東西ドイツについて述べた本を読んだことがあるのですが、これ東ドイツもおんなじだそうで。一方西ドイツではそうではない。統合したあと、東と西の人が混じった職場などで、東ドイツの人が昼間からパーティーをやるのを、西ドイツの人は白い目で見ていたとか。そんな内容だったはず(まじ)

これって東欧、っつーか旧社会主義国家スタンダード?(しゅっけ)

フィンってこういう点でチェコと共通点があったりすんだよね~(まじ)

さーて、今年のクリスマスはどうすっかなー(まじ)

やっぱ食料買い込んで、某k(’$””でソロ狩りでっしょ♪でっしょ♪(なぞ

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)