FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
初めて病院に行ってみた
2008年07月04日 (金) | 編集 |
おいらはフィンランドにいる頃から、手荒れ持ちになってしまって右手の手のひらや人差し指ががさがさ。特に冬の乾燥した時期には、皮膚に亀裂ができたりして痛い時がありました。日本にいるときに、病院に行こうかなとも思っていたのですが、時間がなくて放置してしまいました。

こちらでも手あれは継続中でいつも手に薬を塗っているんですが、なかなか良くはなりません。湿気が多いので亀裂で出血するということはないですが、手の皮が良く剥けます。仕事との合間に良く剥いていたりするのですが(良くないのでしょうが)、それを同室の同僚SY君が見ていたらしく、今日

SY:「病院行かないの?」

と聞いてきました。

SY:「保険証あるんでしょ?」

確かに。一応ながらこちらの健康保険証は持っております。

SY:「シンチョン駅近くに皮膚科の病院あるから行ってみたら?」

という訳で、今日の夕方行ってみました。わざわざSY君もついて来てくれました。


病院では、あっさり受付から診察へ。特に待つことも無く診察してもらいました。

説明は韓国語オンリーなので同僚さんの助けを得て、説明してもらいました。海外暮らしで病院はこういう言葉の壁があるから大変です。フィンランドは医者は英語は話せたんですが、お互い母国語じゃないから細かいことはなおざりになりがちでした。ここでも、状況は変わらんわけですが・・・。

診察の結果は、湿疹だけどそんなにシリアスでもないので、塗り薬などを出しておきますとのことでした。診察料は、保険証を使って4700ウォン(470円)、薬代は3000ウォン(300円)ぐらいでした。やすー。

後で、ウェブで調べると皮膚荒れは治るまで時間かかるみたいです。こまめにお肌の手入れをしつつ、回復に努めたいと思います(まじ)

SY君、今日はついて来てくれてありがとうございました(ぺこ)

banner_02.gif週末は書類を書かないといけないなと思っているまーらいおんのランキングはこちら(ぺこ)