FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
あ、懐かしい
2010年02月14日 (日) | 編集 |
プライバシーのことで物議をかもしたグーグルビューですが、ちょっと今日遊んでみたら結構面白い。

つー訳で、昔住んでいた家とか覗いてみた(ひょえ)

学部時代には八王子市と日野市の境目ぐらいに住んでいたんだけど・・・(まじ)

hachioji.jpg

おいらの住んでいたアパートは無くなっていた(あせ)

左側が八高線。右側においらのアパートだったんだけど、工場になっちゃっているなあ。

大家さんの体が悪いとは聞いていたし、かなり古いアパートだったので無くなっていても不思議ではない。

このアパートはぼっとん便器で共同風呂というとんでもない代物でしたが、初めて一人暮らししたアパートだったので、なくなっちゃったのは寂しいなあ。おいらの隣には一人暮らしのおばあちゃんがいて、お風呂を沸かしておいらを呼びにきてくれたりしたものでした。おばあちゃん、どうしたんだろな~(ううん)

こちら大学院時代の八王子の家。未だあるみたいですね。安いのと大学が近いのがとりえだったな(ひょえ)。もっとも卒業してからもしばらく住んでいたので、新しい職場まで行くのが異様に遠かったな(ひょえ)。近くの駅までは自転車で10分ぐらい。そこから職場までは1時間半かかったわ。ドアトゥードアで2時間ってところ。そんな生活を1年続けたんだからよくやったよ、漏れ(きまずい)

hachioji2.jpg


そして、このブログでもよく出てくるプラハのマザンカ

mazanka.jpg

初めての海外暮らし。しかもヨーロッパ。テレビで見たような夢の暮らしは、こいつのおかげでものの見事にぶち壊されました(ひょえ)。詳しい話は上のリンク先を読んでみてください(ひょえ)

マザンカにはこちらに来てからは一度も行ってません。大体用がないし(ひょえ)

今住んでいるところから10分かからないぐらいだと思うんだけどね(ううん)

右に青い建物がありますが、リノベーションの工事をする人の事務所でしょう。マザンカは今リノベーション中で、住人にとってはかなり劣悪な環境だったのらしいのですが、結局工事のために住民全員を追い出すことにしたそうです。追い出すなら最初からそうしろっての。相変わらず計画性のない共産的サービス全開ですな(あせ)

こちらチェコから東京に赴任した時のアパート。右側の道路に面しているアパートの更に奥のアパートです。まだあるみたいですね。大学までは自転車で15分ぐらい。閑静な住宅街にあって、スーパーも近くて結構よかったなあ。休日に近くの図書館に行って、まったりするのが好きでした(ん)

tokyo.jpg

道路の面している方のアパートは立て直したようです。以前のアパートはとんでもなくぼろかったんだわ(あせ)

こちらはヘルシンキに住んでいた時の家。

helsinki-home.jpg

左側の建物の3階の一部屋がおいらのお家でした。この道を真っ直ぐ行くとストックマン、エスプラナーディ通りへと抜けます。ほんと一等地のいいところ住んでいたもんだ、うん(まじ)

他にも八王子駅前に住んでいた時もあったわ。

こうみると引っ越してばっかだなあ(あせ)

いい加減定住をしたいもんです(ひょえ)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
共産チックな話
2010年02月14日 (日) | 編集 |
同僚:「モスクワでレーニンの死体ってみた?」

おいらがロシアに行った時の話をすると同僚が聞いてきた。

レーニンの死体は防腐処理をされて赤の広場にあるレーニン廟に納められている。

モスクワには2度行ったが、両日ともに廟が閉められている日で見ることはできなかった。

大統領を死体が防腐処理されて公開されるというのはチェコでもやっていたようだ。

共産党からの初代チェコスロバキア大統領ゴッドワルト。彼はプラハのジシコフというところで納められていたようだが、結局死体の防腐処理はうまくいかなかったのか、ダメになってしまい(多分燃やされて)どこかに移されたようだ。

「共産党の英雄」の死体を防腐処理して廟で展示するというのは、共産党の伝統的行事というか、なんというか。

ベトナムのハノイでもホーチミンが防腐処理されておさめられている廟がある。

見学可能で実際に見てみたけど「ふーん」って感じ。

廟内では止まることは許されず、もちろん写真も禁止。

廟の中には小さくなったホーチミンが眠っている。

彼は死後このような扱いをされることを拒んだというが、結局彼の言葉は守られず、展示されることで共産党の宣伝道具にされてしまったようだ。

ベトナムのお隣の国中国でも毛沢東を納めた建物があるが、あれは蝋人形じゃねえかって話。

北京に行った時に見に行こうかと思ったけど、時間もなかったのでパスした。

もっとも、この頃はチェコで散々共産党の悪事を聞いて、共産党によい印象を持っていなかったので、その宣伝材料を見ることもないかと思ったのも事実。


こういう話はちょくちょく聞く機会があると思うので、忘れないように書き連ねておこうと思う。

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
[READ MORE...]