FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
お疲れモード
2010年05月26日 (水) | 編集 |
今日は朝アラームが鳴っていたにもかかわらず、すぱっと起きれなかった・・(あせ)

アラームを止めて、ベッドにばったり⊂(゚ー゚*⊂⌒`つバタ

起きないとだめだ~と頭の中で思っていても、体は動かない。

最近はずっと快調に起きれていたので、ちょっと寝不足かなと思う(しょぼ)

んで、ぼちぼちと仕事に行ったわけですが(ひょえ)



今日は夕方からある議論の準備をし、夕方の議論をしたら1日が終りました。

議論はスカイプで行われ、チェコ、アメリカ、韓国の3カ国中継となりました。

議論の時間は各国の時間で言うと

韓国:夜の11時半
チェコ:夕方の4時半
アメリカ:朝の9時半

となっています。おいらが一番楽な位置にいて、いつも申し訳ないのですが、これ以外の時間を選ぶのはちょっと難しいのです(しょぼ)

金曜日には別の打ち合わせがあるので、今度はそちらの準備をする予定です。

本当なら、今週の木曜と金曜はは学生が来てゼミを行う予定だったのですが、チェコの総選挙があるために来られないとのこと。うん、選挙は重要です。どこぞの国みたいにどうしようもない政党が選ばれないことを望みます(ぁ

口蹄疫についての分かりやすい説明がされているラジオ番組を拾ってきました。



これの8分ぐらいからです。獣医さんがお話をされています。

あとツイッターで呟きで畜産技術者のCowBoyさんのものが分かりやすかったです。報道されない口蹄疫の本質についての記述がすごく重みがあります・・・。

それでは、ZZzzz(・エ・。`人)ぉゃすみ

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します

確かに遠いです
2010年05月26日 (水) | 編集 |
なんだこれ?(あせ)

「具体的な地名を明記すれば負担を沖縄県外に分散する姿勢を強調できることもあって」って・・・

なんか夏休みの宿題が終らなかった時の言い訳みたいですねえ・・。これで支持率31%もある訳ないと思いますけどね、フジさん。この表、少しおかしかったです。もう直ってますけど、直る前は社民党への支持率が0.1%ってなっていました。500人にアンケートしたというので、0.1%は0.5人です。さてさて(ひょえ)



さて、今日はチェコ語クラスが終った後に、シタージT氏の家でビール(びーる)を飲んでおりました。

酒の勢いに任せて、いろいろ話をしましたが、途中

「日本って遠いよなあ」

って話になりました。

何かあっても、

「んじゃ、次の日そちらにいきまーす」

とはなかなかできない。

例えば、おいらの場合は

「日本の大学に面接に呼ばれました!」

ってケース。

もしこれが1週間前に呼ばれたらきついけど、いけなくはない。

飛行機チケットはアホみたいに高くなるだろうけど。

3日前に呼ばれたとすると(そんな状況はないだろうけど)、ちょっと無理。

頑張ればいけるだろうけど、飛行機は正規料金になっちゃうだろう。


仮にかなり前もって呼ばれたとする。チケットも確保。

さあ、出発!って時に、

「火山が噴火しました。飛行機が飛びません」

となったらアウト。

日本国内に居たら、何かあってもどうにかして辿り着けなくはない。

沖縄とかはきついけど、この場合はもし飛行機が飛ばなかったら、面接候補者はどうせみんないけない。

多分、面接日は再設定される。

でも、海外に居た時は、自然災害によりいけないことを理由に出来るか不明(あくま)

そもそも「海外にいるから」という理由で面接に呼ばれない例もある(とおいらの指導教官から聞いた)

海外にいること自身が不利なのだ。

色々心配するのはもちろん杞憂ではある。

でも、今日はふとそんな話になった。

思っている以上に、日本は遠いのかもしれない。

と酒の勢いに任せて、書いてみました(ひょえ)


その本日の酒の席でのメインディッシュ。

s-IMG_9313.jpg

もうね、日本みたいにお弁当とか売ってないから、時間がないとこうなっちゃうのよ(ひょえ)

このカップラーメンはトムヤンクン味です。なかなか面白い味でした(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく

(ほし)少し口蹄疫関連。

少しずついろいろな情報が出てきて、いろいろ分かりました。

ずっと見ていた川南町のムッチーさんのブログですが、ムッチーさんの牛もワクチンを注射されたようです。ずっと賢明に消毒されてきて、感染しなかっただけに非常に無念だったと思います。

ワクチン接種をしたことによって、日本は口蹄疫の清浄国ではなくなりました。この清浄国とは口蹄疫の発生しない国であり、ワクチンも使わない国のことで、清浄国は口蹄疫の汚染国からの畜産物の輸入を拒否できます。それにより食の安全が保たれるという訳です。逆に言えば、清浄国でないと非清浄国(中国、ブラジルなど)からの安い畜産物が流れてくる可能性があります。食の安全が確保されるかという問題が起こる上に、日本国内の畜産業に打撃を与えます。

清浄国に復帰するには、ワクチンを接種した家畜を全て殺処分してから三ヶ月新たな発生がないという条件を満たす必要があります。ワクチン接種された家畜は、口蹄疫に感染すると症状を見せないままウイルスを持った状態になるので処分しなくてはならない。一度感染して、治癒した家畜も体内にウイルスを保持する状態になり、感染源となるのでやはり処分が必要なようです。また、ウイルスの伝染力が非常に強く、加えて家畜の体内、精液など長い間生存するようなので、結局徹底的な殺処分と埋葬が対処法になるようです。なので、疑わしき患畜も徹底的にってことなんだと思います。

こういう情報が正確に伝えられることによって、移動制限、消毒のことへの理解や種牛のことなども考えられるのではないかなと思います。海外からはこういった情報が国内で伝わっているかは正確には分かりませんが、そういう感じでもないみたいですね・・・。

本当に早く収束して欲しいです。

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します