fc2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子のたーくんを養子に迎えました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
たーくん歯医者に行く
2022年06月06日 (月) | 編集 |
たーくんは先月行われた3歳児検診の時に、歯の問題を指摘されました(まじ)

虫歯ではなかったのですが、歯石があることと過蓋咬合(かがいこうごう)があることが言われました(まじ)

過蓋咬合とは上の歯と下の歯の噛み合わせが悪いことを言います(まじ)

もうちょっと具体的には下の顎が少し奥に引っ込んでいて、上の顎が前に出ている状態になります(まじ)

たーくんをパパとママが行っている歯医者さんに連れて行こうか悩みましたが、以前連れていった時に大泣きして、なんか子供に対して得意そうな感じがしなかったので、子供専門に行っている歯医者さんに連れて行きました(まじ)

連れていったのはママですが、結果非常に良い歯医者さんだったようです(びっくり)

先生は女性でとても優しくて、たーくんは全然泣かなかったということ(びっくり)

そして全然期待していなかった歯石取りもある程度できたとの(びっくり)

これはすげえぜ、とっつぁん(びっくり)

さて、問題の過蓋咬合ですが、夜寝る時に専用のマウスピースを何年かつけて矯正をする必要があるんだそうです(まじ)

ちょうど顎の骨のところは3歳から6歳に発達するみたいで、その間に直そうということみたいです(まじ)

それで、そのマウスピースは保険が適用できないみたいで二万二千円とのことです(まじ)

都内の歯医者さんだと10万円ぐらい取るところもあるみたいですが、ここでは良心的値段(?)でやっているとのこと(まじ)

調べてみると県内ではその歯医者を含めて2軒しかやっていないということでした(びっくり)

ただ慌ててやる必要はないみたいで、8月ぐらいにまた来て下さいという話でした(まじ)

今日のところは歯石を少し取って、フッ素を塗布して終わりでした(ん)

この歯医者さんはたーくんと相性がいいみたいなので、かかりつけにしようと思います(ん)

ランキングに参加しています。クリック↓よろしくお願いします!