海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルのバスで
2008年09月30日 (火) | 編集 |
ちょっと更新をサボっていたのは、歯が痛くてというわけではありません(ひょえ)

今日も歯医者に行ってきました。今日は神経治療の続きで、ちょっぴり痛かったですが、なんとか耐えられました(ひょえ)(ぴーす)。治療中かなり痛がったのか、

「あっぱよー?(いたい?という意味だと思う)」
「けんちゃんなよ?(大丈夫?)」

と何度も聞かれましたけどね(ひょえ)

さて、この歯医者に行くのにバスを使っています。頻繁に乗っているので、いよいよ評判の荒々しい運転が見られるのかと思ったのですが、やっぱプラハのバスと大差ありません。荒々しさは同程度。でも、今日はバスの中でちょっと面白い風景を見ました。とある停留所でお年寄りが乗ってきたのですが、バスの中は満員。座る場所はありません。みんな特に譲る様子はないし。あ、譲ろうかなと思ったら、そのお爺さん、お年より優先席に座っているおねーちゃんに

「座るから、どけやごるぁー」

と手で意思表示。おねーちゃんは黙って譲っていましたが、これって日本だとないですよね・・・。譲って欲しい側は諦めるか、別の親切な人が譲るか。あ、おいらはその後乗ってきたおばあちゃんに席を譲りました(ひょえ)

そういや昔、日本で席を譲ろうしたら、さっとサラリーマンの男性が座っちゃったことがあります。おまいは空気を読め、ごるぁー(いかり)と思いましたけどね(あせ)

チェコだと席を譲るというのはごく自然に行われています。皆さん、さっと席を譲ります。ヘルシンキだとそもそもバスがあまり混まないので、譲るという風景に出くわしません。ソウルは地下鉄、バスで譲ると言うのは見たことないかな。そんな乗車回数が多くないので、なんとも言えませんが。

では、今日はこれにて(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)
コメント
この記事へのコメント
昔、おばあさんに席を譲ったとき、私はまだそんな年寄りじゃありませんよ・・・と返されたことがあります。それ以来少々トラウマで、微妙なお年の方には、譲るべきか否か・・・短い時間の中で悩んでしまうんです。。。辛そうにされていたら、何も考えず譲れるんですけど。
2008/10/01(水) 04:09:11 | URL | keit #-[ 編集]
プラハのバスで
 30年前プラハに行ったときもそうでした。市電の中でしたが、若い者が座っていると乗ってきたお年寄りが当然のように手で払うようにして席を立たせました。立ったほうも自然でした。
 市電が停留場に停まるかびに乗客はそわそわします。席を譲らないといけないからです。年取りは中年寄りに、中年寄りは大年寄りに席を譲っていました。
 体制が変わっても、美風は変わっていないようです。席を譲ることに気を使わない日本はイヤですね。
2008/10/01(水) 12:46:08 | URL | タニやん #-[ 編集]
■keitさん、

そういう場合は確かに困りますよね。
はい、じゃあわかりましたってまた座りなおすのも
あれですし(きまずい)
でも、積極的に譲る方がいいかなとやっぱ思います。
感謝されるのは気持ちいいですしね(ん)

■タニやんさん、

おお、30年前のプラハですか(びっくり)
昔から席を譲るという習慣がそのまま今も残って
いるんですねえ。驚きです(まじ)
日本は譲るシーンはあまり見ませんよね。
電車の中の雰囲気はプラハと比べて、
みんな疲れているなあと言う感じで、席を譲る
雰囲気ではないような気もします(あせ)
2008/10/01(水) 23:27:54 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
日本の場合、退職して数年の60代の人のほうが、4、50代のサラリーマンより元気だったりしますからね。
わたしも、席を立つときは、相手をよく見極めてからにしています。譲ったところで「いいです」といわれ、ふたりの間にからっぽの席と気まずい空気が流れるのは避けたいものです。

2008/10/04(土) 12:07:10 | URL | のんほ #nnlxUsJM[ 編集]
■のんほさん、

見極めですか~。確かに、空いた席を二人で眺めるのは
気まずいですよねー(あせ)
おいらも何度か遠慮されたのを思い出してしまいました(ひょえ)
2008/10/05(日) 00:14:13 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。