FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
サウナ特急ケルン発ブレーメン行き
2005年07月06日 (水) | 編集 |
昨日の続きです。

Hr. Nさん、Tさんの車両と私とソラさんの車両は1両ほどはさんで離れていた。お互い無事に席に座って、ブレーメンまで3時間の旅である。ソラさんは私に窓側を譲ってくれた。いえーい、ラッキー、これで車窓が楽しめると思ったのだが、これが後の悲劇を招くことになる。車両はケルンの町を抜け出し、車窓はすぐに田園風景に変わった。

我々のコンパートメントには、おばちゃん一人、おばあちゃん一人と我々二人である。向かいにいるおばちゃんは、仕事の電話なのかかなり長い間しゃべっている。正直うるさい。それを察したか隣のおばあちゃんが一喝。

「ここは、オフィスじゃないのよ!」

で平静に戻る。さあ、これで落ち着いてセミナーの準備をしながら車窓を楽しめるというものだ。
しかしなんだか随分暑い....。窓からの直射日光も手伝って暑さマックスである。皆暑いのかコンパートメントの扉は開きっぱなしにしてある。駅で買ったコカコーラもとっくに飲み干してしまった。とてもパソコンひろげている場合ではない。しばらく寝ることにする。が、暑くて眠れない。なぜこんなに暑いのにエアコンが効かんのだ。

「動かないんですって。」

おばあちゃんの親切な解説にうなだれる我々。もう暑くていられない。しばし廊下に避難する。Hr.Nさんらの車両に来てみると、こちらはエアコンが効いている。Hr.Nさんのコンパートメントを覗くと、席は一杯であったが暑そうな様子はない。席が空いたらこちらに移動したいのに...。Hr.Nさんらをうらやましく思いながら、戻る途中に空いている席がないがチェック。しかし、エアコンが効かない車両の乗客が移動してきたせいか席はない。さっき、乗客が通路でうろうろしていたが、そういうことかいな。時すでに遅しである。

あきらめて暑い車両へ戻る。窓側しか席がないので、暑い窓側に戻る。ソラさんにしてやられた感じだ。その後、エアコンは動いたり止まったりの一進一退を繰り返し、我々はその挙動に一喜一憂である。隠しカメラでもあって、我々の様子を面白おかしく観察しているんじゃないだろうか....。そんな邪推も頭をよぎる。そして、窓を開けようと考えるがもともと開かない。エマージェンシーのときに開けられると書いてあるが、もはや今が我々にとってエマージェンシーである。そんな理性の効かないことを考えながらも開けるのを思いとどまり、しばらく耐える。時間の経つのが無性に遅い。

他の車両に逃げたのか、到着駅なのかわからないが、徐々にコンパートメントの客も減り廊下側の席があいた。そこですかさず私はそちらへ移動。これで多少はしのげる。しばらく耐えていると、アイスクリーム売りがやってきた。なんとえげつない商売であろう。暑さに乗じてこんなうまそうなものを売ってくるのとは。ここで買ってはドイツ国鉄の思う壺である。我々日本男児はこれを断じて拒否。黙々と耐えることにした。

その後、ミュンスター駅で学生と思われるドイツ人が入ってくる。彼にはもちろん窓側に座ってもらった。しばらくすると....彼はうだっていた。ウォークマンを大音量にして心頭滅却をはかっている。こちらは更なる熱源になるパソコンを二人で広げながらセミナーの準備。数式の入力など頭を使わない作業に専念する。しばらくして今度は車掌が水とアップルジュースを持ってくる。

「水とアップルジュースどっちがいいですか?」

嫌がらせか?もはや返事ができる頭の状態ではない。しばらくの沈黙の後ソラさんが一言。

ソラ:「ただですか?」
車掌:「はい!」

思わずガッツポーズ。これは頑張った我々へのご褒美なのだ。というかドイツ国鉄のお詫びですが。同室のドイツ人もジュースを受け取り、我々は勝利に酔いしれた。

そして車両のエアコンは直らないままブレーメン駅に到着。なんとも暑い戦いであった。

113_1393s.jpgブレーメン駅到着。外のほうがはるかに涼しかった。


ランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願い致します。
banner_02.gif人気blogランキングへ

コメント
この記事へのコメント
大変でしたねぇ。
先週の、我が家のエアコン壊れた事件を思い出しました。
2005/07/07(木) 08:44:34 | URL | Cょう #-[ 編集]
Cょうさん、

ドイツでこんなことあるんですね。ジュースを配るサービスはチェコでは間違ってもありえないことなので、その点も驚きでしたが。
2005/07/07(木) 16:58:07 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]

どうやら、まーらいおんさん達だけではなかったようです↓
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/japan/column/station/station_top.html
2005/07/07(木) 18:20:10 | URL | Hr. N #-[ 編集]
Hr.Nさん、

情報サンクスです。ほんとうに我々だけではなかったですね。。普段それほど暑くないからエアコンなんていらないんですね。確かにドイツのホテルも多少寝苦しかったな~。
2005/07/07(木) 18:29:46 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
昨夜は,サッカーの後,ブレーメンから来た研究者Yさんらと合流し,ドム近くの飲み屋で2時近くまで杯を交わした。朝9時まで眠り,昨夜の興奮の余韻を残したまま再びケルンのドムへ向った。ゴシック建築のカトリック教会ケルン大聖堂「ドム(Dom)」は,空高く聳え立っていた
2005/07/07(木) 23:35:17 | チェコの空