海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポート増補
2009年01月15日 (木) | 編集 |
あぁ、寒い(うる)

今日も-10度ぐらいでがくぶるでございました(げー)。天気がいいってことだけが救いですよ、ほんと(しょぼ)

さて、今日はかねてからの懸案であったパスポートの査証ページの増補に行ってきました。3月は韓国外に出る用事があるし、ビザの更新も控えているのでやらなくてはいけないと思っていたんですよねー(まじ)

そして、増補を行ってくれるのは日本大使館。韓国赴任から10ヶ月、最初の大使館訪問です(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく

正確には大使館ではなく、日本大使館の領事部です。ここ韓国では、大使館と領事部の場所が分かれています。チェコもフィンランドも大使館内に領事部があったのですが、さすが50万人の日本人を抱える国の大使館は違いますなー。

はい、こちらが領事部のあるビルです。鐘路の近くにあります。

s-IMG_6713.jpg

ここの7階がまるまる日本大使館領事部となっているようです。

7階までエレベータで行くと警備員が簡単に身体チェック。フィンランドの大使館もビルの中にあって、大使館に入るには身体チェックを受けました。チェコは建物丸々大使館で特に身体チェックというのはありませんでした。

身体チェックを終えて中に進むと、広々とした待合スペースがあります。日本の小さい市役所レベルの広さです。十分な数の書類を書くための机と書き方見本。窓口は無駄に7つぐらいありました。チェコ、フィンランドは1つ、2つだったような。しかも、韓国ほど広くありません。というかむしろ狭い。

待合室には係員が一人居て、こちらの質問に答えてくれます。増補した旨を伝えると窓口に行くように指示されました。窓口で書類を貰って、それを書き込んでいる間にパスポートの増補は終了。お値段は2万1千ウォンでした。

んでは、増補前と後でパスポートを比べてみましょう(ひょえ)

こちらが増補前のおいらのパスポートです。なんつーか、ぼろぼろ?(ひょえ)

s-IMG_6709.jpg


増補前と後の断面です(ひょえ)

s-IMG_6711.jpg s-IMG_6715.jpg


どうページを増補してあるのかなと見てみると

s-IMG_6716.jpg

セロテープやんか(ひょえ)

製本機とかできちっと増補分を止めてくれるのかと思ったのに、意外と手抜きシンプルなのね(ひょえ)

んで、増補分のところにはこんなことが書いてありました。

s-IMG_6717.jpg


これでますます怪しいパスポートになってしまいました(ひょえ)

まぁ、ネタになったのでよしとします(ひょえ)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。