海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰と陽?
2009年01月22日 (木) | 編集 |
Cさん:「決まった~」

と言いながら、午前中にモルドバ人同僚Cさんがおいらの部屋に入ってきました。

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)

Cさん:「○○大学の講師の採用が決まったんだ。」

韓国の他の大学のポジションに採用されたとのこと。おいらのいる研究所は例によって期限付きなので、より契約期間が長く、条件のいいところがあれば移った方がベターです(まじ)

一方で、3月と8月にここの契約が切れる韓国人同僚もいます。彼らは、なかなか次のポジションが見つからずに四苦八苦しているようです。日本と比べても、ポジションの絶対数が少ない気がします。

おいらの個人の意見では、ここ韓国では、海外で博士を取った人が圧倒的に大学のポジションを締めている気がします。国内出身者でもポジションを取っている人ももちろんいますけど。次の職が決まらないという二人も学位は国内で取った人達です。

一度、直にボスに

ま:「おいらたちの分野で海外で博士を取ろうって人は韓国では多いんですか?」

ボス:「昔はそうだったけど、今はそうでもないんじゃないかな~」

そういうボスはアメリカの大学で学位を取っています。おいらの研究所では、パーマネントの教授二人は海外で学位、期限付きの研究教授3人は国内で学位を取っています。月曜に行った研究所も似たような状況かな。

なんか書いているうちにうまくまとまらなくなってきたので、ここで止めます(ひょえ)

おいらの雑感と書きとめたと言うことで(ひょえ)

最後に

「ヘタリア」作者に海外ファンから励まし 放送中止、海外でも話題に

空気が読めないのは(ry

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。