海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分よくなりましたヽ(・∀ ・)ノ
2009年02月07日 (土) | 編集 |
たくさんのお見舞いコメントどうもありがとうございます(ぺこ)

さすがに2日間寝続けたおかげで、今日はかなり気分がよくなりました。明日の日曜日から普通に体を動かせるかなと思っております(しょぼ)

しかし、めっきり体が弱くなってしまった気がするなあ(うる)

海外でひとりで風邪を凌ぐことはなれましたが、これもいつまで続けられることができるのかと不安に駆られます(しょぼ)

体が弱っている時には、精神も弱ってくるものですが、こういう時には碌なことを考えません。

風邪を引いた初日の夜は熱で寝ながらも夢だか幻想だから分からない状態で、次の日は1日眠りこけていました。2日目の夜は気持ち悪いのもあってあまり眠れず、この前ここで紹介したウィーンの冬を読んでおりました。


この中に、以下のようなくだりがありました。

「中には亮介と年の近い人物もいて、ひどい暮らしをしていた。日本へ帰るにも航空券を買う金もないのであろう。音楽家としても成功したいという見果てぬ夢にすがりつき、ただウィーンにいることだけに満足しているに違いない。」

こういう文章見ると自分に重ねてどきっとしちゃうんだよなー(うる)。別にひどい暮らしはしてないとは思うけどさ。日本にいる人が少しずつ職を得る状況を見ながら、海外にいて何やってんだろって思うときもありますわな、そら(うる)。物理やめるなんてもう何万回も考えているもんね(しょぼ)

ところで、このウィーンの冬、プラハの春、ベルリンの秋の続編として読まないと、話の面白みが半分失われてしまいますが、続編を楽しみにしていた読者としてはちょっとショックな展開があります。以下、そのネタばれを含むので、これからウィーンの冬を読もうという方は読み進まないで下さい(ぺこ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)















実はベルリンの秋で最後にハッピーエンドを臭わせたシルビアとのことが、このウィーンの冬でもかかれるのですが、

シルビア死んでしまいます(わーん)

なんだよ、そりゃー(わーん)

最初の恋人のカテリーナはヘスの銃弾で死んでしまうは、その娘シルビアと結ばれると思ったら、今度は病死かよー(わーん)。ちなみに主人公の亮介は弟も国際的な陰謀の仲で殺されてしまいます(うる)

まだウィーンの冬は読み終わっていませんが、主人公の亮介はその不幸をすべてを受けれて、任務を全うしようとします(うる)

最後にどのような結末を迎えるか気になりますが、あと少しなので明日かあさってには読み終えるでしょう(うる)

つーか、この本暗いじぇー(わーん)

今日は泣き言多くてすみません。明日から気を取り直していきますので、応援よろしくです(うる)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)











コメント
この記事へのコメント
明日はいいことあるよ。
2009/02/08(日) 03:06:38 | URL | える #-[ 編集]
■えるさん、

ですよ(*´・д・)(・д・`*)ネー
明日を信じて頑張るです。明けない夜はない!(ぉ
2009/02/08(日) 14:00:14 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。