海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラクフどうでしょう2
2009年02月23日 (月) | 編集 |
無事にクラクフ中央駅に着いた我々。

クラクフ中央駅はどす暗く、長居をするのは危険そうな場所(あせ)

さっさと、予約してあるユースホステルに向かいました。

歩くこと2、30分、旧市街からやや外れたところにそのユースホステルはありました。

確か部屋の準備ができていないとかでしばらく待たされました。受付もぶっきらぼうだし期待通りの共産クオリティーです。ユースホステルは共産圏に限らず、愛想悪いところ多いですけどね(ひょえ)

部屋に荷物を置いた我々はその足で、早速旧市街へ突撃しました(にんじゃ)

旧市街は城壁に囲まれていて、その中心がここ中央広場。広場には、織物取引所と聖マリア教会がおかれ、その周りを建物を囲むという欧州らしい風景が広がっています。この建物は織物取引所です。

s-107_0763.jpg

2階は美術館、1階はこんな感じで、お店がいっぱいあります。

s-107_0764.jpg

この後は、お隣にある聖マリア教会へ(ん)

s-107_0765.jpg

中に入り色々見ていると、信者と思われるおばあちゃんからすごい勢いでまくし立てられました(びっくり)

何をそんなに怒っているのかな(あれ)?

と不思議に思っていたら、頭を指差して帽子を取れと言っています。

教会は神様のいる聖なる場所。神様の前で帽子をかぶるとは何事かという訳です。さすが、前ローマ法王の出身地ポーランド、敬虔なカトリック信者が多いんですね~(ぐらさん)


この後は、宿に戻ってまったりとして、夜行列車とアウシュビッツ見学の疲れを癒すことに(ん)

と思ったら・・・(あせ)

どうもこのユースホステルに地元のサッカーチームの子供達と監督が泊まっているらしく、やたらと外が騒がしい。

それで、うるさいなあと外に顔を出してしまったのが、間違いでした。

アジア人が泊まっている!

子供達の興味は俄然こちらに向いてしまいました。しかもやつらは少し英語が話せるときている。最近の東欧圏の英語教育はすごいねと感心する一方で、話しかけられてうざい(かなし)

しばらくは、後輩が相手をしていましたが、もう相手してらんないということでドアを閉めました。

しかし・・・

ガキは諦めずに何度もドアをノックします。

いい加減ぶちきれそうになったところへ監督さん登場(しょぼ)

こっちに来させるとな言おうと思ったら

このおっさん英語できない

にこにこと

「そうかそうか、このアジア人のお兄さん達に遊んでもらっているのね」

と言わんばかりに突っ立っています。この時ほど、チェコ語をもっと話せるようになっておくべきだったと思ったことはありません(チェコ語とポーランド語はかなり近い言語なので、ある程度は意味が通じはずだから)

で、結局そのまま立ち去ってしまいました(わーん)

んで、再び始まるガキどものノック攻撃。

しばしば地球上のガキを排除したくなる時がありますが、まさに今がこの時です。

しかし、しばらくしてさすがに他の客もうるさいと思ったのか、監督が最終的に注意して、ガキどもは大人しく失せました。

ほんと勘弁して欲しかったですわ(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。1日1回クリック有効です。応援よろしくお願いします(ぺこ)

コメント
この記事へのコメント
廊下へのドアを開けると、思わぬものに出くわすものです。

昔、夜行で着いたルーマニアの田舎町で、昼寝をしようとしたところ、廊下からものすごい大声が聞こえてきました。
「まったくもう、こんな大声で話すのは、中国人くらいしかいないよ」と、ドアを開けたらまさに視察の中国人御一行様でした。

御一行様には通訳が同行していたので、これ幸いと中国語⇔ルーマニア語の即席単語集を作ってもらい、大いに活用させてもらいました。





2009/02/24(火) 00:12:58 | URL | のんほ #-[ 編集]
英語キッズ
ポーランドで英語は小学校の必修科目ですから、子供らはみんな使ってみたいのです。特にポーランド人はみんな日本に興味があるので、ジャパンとかヤポーニアとか言ったらその時点で一巻の終わりです。

あと、まんまオフシーズンの冬のポーランドは暗くて眠っている状態なので、駅など公共施設はどこへ行っても暗いです。レストランもくらいのですが、わりと明るいのはカフェやバー。最近こういうお店が増えて、そこでの飲食物が貧乏学生でも通える値段におちついてきたので、若者はみんなカフェやバーでワインやコーヒーをすすりながら本を読んだり友達としゃべったりしてのんびり一日を過ごします。
2009/02/24(火) 11:17:14 | URL | ぴっちゃん #zs2lwe2w[ 編集]
ほんと最近の若い子達の英語のレベルはすごいねえ~。そんなんだからフィンランド語が上達しないのよー!(うる)
タンペレで登校途中のがきんちょに雪の玉ぶつけられたんでそいつ捕まえて学校一緒に行って教員に文句いったんだけど、「彼は言葉が通じないから大丈夫wと思ったそうです」とそばにいた上級生が通訳してくれたよw。いやはや…
2009/02/24(火) 16:26:45 | URL | 北麟 #k9MHGdfk[ 編集]
■のんほさん、

ピンチをチャンスにという感じでしょうか。さすがです。
おいらはピンチにそのまんまのまれてしまいました。
塾講師の経験は長いのですが、どうこ子供の扱いは
いつまでたっても苦手なのであります。

■ぴっちゃんさん、

冬暗いのは欧州の全般的な特徴でしょうね。
クラクフ中央駅は当時治安が悪いと聞いていたので
気分的な問題もあるかもしれません。

しかし、英語教育の成果はすごいですね。チェコも
そうなりつつあるのかな~。

■北麟さん、

ここ韓国に来れば韓国語は上達するかも?
英語あんま通じませんからねえ。英語の教育に
熱心なのに通じないのなんでやろと思いますが
日本も通じませんからなあ。

しかし、がきを学校まで連れて行くなんてすごい。
おいらは多分放っておきます。しかし、がきんちょは
どこもうざったいですなあw
2009/02/24(火) 20:29:00 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。