海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょっと説明
2009年04月15日 (水) | 編集 |
前回、チェコからのオファーを受けたことを書きましたが、もう少しアクセプトした理由を書いておこうかと思います。

banner_02.gifブログランキングの参加しています。今何位かな?

今回オファーを受けた理由は以下のような感じです。

(ほし)ここでの契約が残るところ1年ということ。

ここでの契約は合計2年。来年の3月までの予定でした。来年の4月から更に1年の延長も可能ですが、延長自身が厳しそうであるということがあります。延長には論文数が重要なんですが、おいらはそれほど論文がどしどし書けるタイプでもないので、延長の可能性に賭けるということは出来ませんでした。もちろん、契約更新が何度も可能なチェコの方が安定しているので、ゆっくり日本のポジションを狙えると言うのがあります。

(ほし)ポスドクからの日本への応募についての疑問。

根拠らしい根拠はありませんが、おいらの年齢でポスドクから日本の常勤職の応募は厳しく感じました。一つは年齢の問題です。以前は「とある年齢以下の方を望む」と公募には書いてありましたが、法律により公募には年齢は書かれなくなりました。書かれない=その制限はない、ってことではありません。隠れたファクターとして年齢制限は存在していると確信しています。これまで出してきた職種(助教)では、おいらの年齢はおそらくその制限に思いっきり引っかかっています。

ならば、一つ立場の上の職種(准教)に出すのがいいかなと思いますが、多分、ポスドクではない職から出すのが有利かなと勝手に思っています。チェコで順当する職を得て、その地位と経験を持っての応募は有利かと考えました。

(ほし)相手が来て欲しいと思ってくれている。

単純には、こちらからそちらでのポジションの可能性を尋ねて、あちらも望んでいる人材だと言うことでオファーを頂いたのですが、正直驚きましたし、うれしかったです。それとともに、日本に帰りたい気持ちが強かったので、決めるまでかなり悩みました。最終的には上記に述べた理由やプラハはよく知っている町であるということ、給与もここと変わらないぐらい(以前チェコに居たときの給与の2-3倍)ということからアクセプトすることにしました。

日本に戻ることをあきらめたわけではありません。ただ、2,3年おきの移動に少し疲れたところがあるので、落ち着きたいなという気持ちがありました。プラハで落ち着きつつ、日本に戻れるように頑張りたいと思います(ん)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。今何位かな?
コメント
この記事へのコメント
距離的には日本から遠くなってしまいますが、相手から来て欲しいと思われているのはいい事ですね。
しばらく契約も続けられるとの事ですので、腰を落ち着けてお仕事がんばってくださいませ。
機会があれば、 (びーる)飲みに行きますんで、よろしく。(ひょえ)
2009/04/16(木) 15:26:42 | URL | ふくにゃん #6KhU59tc[ 編集]
■ふくにゃんさん、

んですね、欲しい人材として望まれるのはうれしいですよね。日本からもそう思われるように今後も頑張りたいと思います(ん)

プラハ来訪は(びーる)(びーる)とともにいつでもお待ちしておりますよ(ひょえ)
2009/04/16(木) 20:51:28 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。