海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国縦断どうでしょう8-梵魚寺
2009年09月01日 (火) | 編集 |
(ほし)8月19日(ほし)

今日は午前中に釜山観光をして、新羅の都だった慶州へと向かいます。

午前中の目的地は、梵魚寺(ポモサ)というお寺なのですが、このお寺は今我々のいる南浦洞から地下鉄で30分ぐらいかかります。ホテルに荷物を置いて、お寺を見学してから取りに戻ってこようと思ったのですが、慶州へのバスが出るバスターミナルが近いので、そこのコインロッカーに荷物を入れてからお寺を見学することにしました。

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく
慶州行きのバスが出るバスターミナルは地下鉄の終点にあります。地下鉄駅から直結しており迷うことはありません。コインロッカーも簡単に見つかったのですが、お値段は100ウォン硬貨が20枚ときました。そんな大量の硬貨は持っていません。仕方ないので近くのコンビニで両替をしてもらい、コインロッカーまで戻ってくると、近くに両替機がある事を友達が教えてくれました。灯台下暗しとはこのことなのか。

荷物をコインロッカーに入れて、地下鉄を一駅だけ戻ります。駅名はお寺の名前と一緒です。駅の出口を出て、お寺へと向かうバス停を探します。出口のすぐ側にバス停があるのですが、お寺に行くバスとは違うようです。どこかなと探していると、そばのお店の人が出てきて親切にあっちだと教えてくれました。田舎の人はどの国でも親切です。

バスに乗ること15分ぐらいで梵魚寺の側のバス亭につきました。山の中のど田舎です。バス停から少し歩くと最初の門が見えてきます。

s-IMG_8007.jpg

門にはソウルのお寺でよく見る模様が描かれています。ソウルに来た友人が、日本ではこのような模様が実際の建物に彫られていることに対して、ソウルのそれは絵で書かれていると言っていました。確かに韓国では実際に掘られているのを見たことがありません。

s-IMG_8013.jpg s-IMG_8014.jpg

本道にいたるには3つの門をくぐらねばなりません。こちらが2つ目の門です。

s-IMG_8016.jpg

門の前には蛙が鎮座しています。

s-IMG_8019.jpg

3つ目の門です。本堂まではあと少しです。

s-IMG_8020.jpg

こちらが本堂です。

s-IMG_8024.jpg

本堂ではみなさん熱心にお祈りをしていました。その写真を撮るのは少しはばかられたので、本堂の周りの風景をお楽しみ下さい。

s-IMG_8026.jpg s-IMG_8029.jpg
s-IMG_8031.jpg s-IMG_8036.jpg

帰りのバスで面白い表示を見つけました。

s-IMG_8038.jpg

英語表記のところにチェコ語のアルファベットにつくような記号がついています。今はこういう表記をしませんから、昔の韓国語の英語表記なのでしょう。

さあ、これから慶州へと向かいます。

s-IMG_8044.jpg


banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
コメント
この記事へのコメント
聞かザル?言わザル?見ザル?
わ~~石のカエルの写真良い感じですね(はくしゅ)
寺院もキレイですね、日本のお寺は地味ですからね。

木魚?にもたれてウタタ寝の小坊主さんは日本にもありそうな置物ですよね。
可愛い仏ちゃん3体は・・・日光さんにもある・・・あの有名な・・・
でしょうか?
文化は近いんでしょうけど、やっぱり微妙に違うんですねい
2009/09/03(木) 22:18:56 | URL | まるこ #-[ 編集]
■まるこさん、

この見ざる聞かざる言わざるの仏像は日本からの
ぱくりなのか、韓国オリジナルなのかなんとも言えない
ところではありますが、ネタにはなると思って撮って
おきました(ひょえ)。

お寺自身は非常によかったですね~(ん)
2009/09/04(金) 23:13:31 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。