海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国縦断どうでしょう11-石窟庵
2009年09月07日 (月) | 編集 |
前回の続きです。

仏国寺の見学の後は、もう一つの世界遺産「石窟庵」の見学です。仏国寺からは3kmほど山を登るルートとバスでアプローチするルートがあります。既に疲労の蓄積されていた我々は迷わずバスルートを選びました。

インフォメーションにバスの時刻を聞くと、なんと40分待ち。時間を節約したい我々はタクシーの値段も聞いてみました。往復で1万5千ウォンぐらい?ちょっと高いと感じた我々はバスを待つことにしました。周りにあるお土産屋さんも見てまわりましたが、どうもやる気を感じません。商品の配列も雑だし、購買意欲をそそられない物ばかり。幸い次のバスは予定の時刻よりかなり早くバス停に止まっていたので、お店を見るのはやめてバスの中で出発を待つことにしました。

ぼちぼちとお客も乗ってきて、最終的には8割ぐらいは埋まりました。さすがに韓国の一大観光スポットです。

バスは坂道をうねうねと登り15分ほどで山の頂上の駐車場に着きました。

s-IMG_8080.jpg


banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します
山の上からの眺めは中々です。

s-IMG_8081.jpg

この入り口から石窟庵まで1kmほど歩きます。

s-IMG_8084.jpg

尾根沿いに森の中を歩く感じですが、ずっと木陰になっていて道もよく整備されているので1kmという道のりも苦になりません。

石窟庵の側までやってきました。上に見えるのが石窟庵のです。この中に仏像があります。

s-IMG_8085.jpg

ここでトラブル発生。この前の日にカメラが壊れていたのですが、朝に見てみたら直っていたので使っていました。しかし、ここで、再び同じ症状で壊れてしまいました。以後は再び友人のカメラの写真になります。

不幸中の幸いといいますか、実はメインの仏像は写真撮影禁止です。なので、どんな感じの仏像なのかはここのリンクを参照にしてください。

我々が訪れた時には、仏像を前にたくさんの信者さんたちが並び和尚さんの前で説法らしき物を聞いていました。仏像はガラス張りの壁の向こうにあり、仏像とガラスの間に信者さんがいました。その間に入るにはガラスの壁の一角にある扉を通っていくのですが、その扉には鍵がかかっていました。説法が終わるまでは出られないという構造!?

石窟庵のすぐ側です。上の出っ張っている部分の下に仏像があります。

s-IMG_8088.jpg

しかし、こんな山の上によく作ったものです。天に出来るだけ近いところに作りたいということが背景にあったのでしょうか。

s-IMG_8089.jpg

これにて慶州観光は終了。ソウルへと戻ります。

ここからもう一つのメインであるKTX(韓国版新幹線)に乗ります。慶州にはKTXが走っていないので、まずは最寄り駅のある大邱(デグ)へとバスで向かいました。慶州から高速バスで40分ほどで到着です。

s-IMG_4156_20090907222541.jpg

高速バスターミナルはここKTXの到着駅東大邱のすぐ側です。

でも、時間が少しあるので大邱を少し観光して行きましょう。

banner_02.gifブログランキングの参加しています。今何位かな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。