FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
フロム村散策
2005年08月12日 (金) | 編集 |
101_0181.jpg昼ごろにフロム村に着いたまーらいおん一向。フィヨルド巡りの船は午後3時出発である。かなりの時間があるが、ひとまずフィヨルドに面する岸辺に腰を下ろして休憩する。さて、これからどうしようか...。思案する一行。N氏はフロム村を探索する気で満々だ。私まーらいおんの取った行動は...

昼寝だった!

ええ~!というN氏の声。もったいないじゃんという彼の声も私の眠気には勝てず、別行動をすることにした。こんな場所で昼寝できるなんてまーらいおん幸せ。1時間後に待ち合わせすることにして、N氏は散策へ、私は夢の中へ。それでは、昼寝中の周りの風景をご覧下さい。
101_0182.jpg 101_0186.jpg

101_0185.jpg高い山々と、青々とした空、そして清流と実にきれいじゃないですかぁ~。そして、となりには豪華客船クイーンエリザベス号が停泊していました。俺も乗せろー!


昼寝をすること40分。もう少しでN氏のとの待ち合わせである。その前に、買い物して、それから絵葉書でも書くか。近くのスーパーでパンと生ハム、トマトを購入。今日の昼飯はこれで決定。待ち合わせ場所に向かい、絵葉書を書いて彼を待つ。N氏は少し遅れたけど無事に合流。出発までまだ1時間ほど時間がある。その間に昼飯を食べようということだったが、私は勝手にパンとか買っているし、少し村を探索したくなってきた。N氏に申し訳ないと思いつつ、再び自由行動。フロム村を奥の方まで少し探索することにした。寝たいというと思えば、すっきりしたところで村探索をしたいと言い出すまーらいおん。パートナーのN氏には迷惑かけっぱなしです。まったく自由奔放な旅人野郎である。

101_0187.jpg探索の目的地は村にある16世紀に建てられたという教会。1.5kmの道のりをあと1時間で往復は難しい。ここは自転車を借りて機動力アップ。1時間で30NOKなり。途中、フロム鉄道とすれ違う。

101_0190.jpg可愛らしい家発見。なんかハイジでも出てきそうな雰囲気だな。「クララ~!」

101_0197.jpg自転車で快走まーらいおん。今俺はフロム村の風になる。そして、20分足らずで目的の教会に到着。教会は谷にある小さな集落にひっそりと建っていた。

101_0195.jpg静かに眠るここに住んでいたであろう住人たちの墓。周りにはきれいな花が控えめな色合いを添えている。海外の墓地ってあまり不気味という感じしませんよね。

101_0200.jpgもう少し時間があるので、もう少し足を伸ばして滝を見に向かう。これは望遠写真だが、時間的にもう間近にいっている時間がない。急いでもどれ!

102_0207.jpg現在2時40分。船は3時出発だが、自転車の返却と清算を考えるとそろそろ到着しないとやばい。あ、きれいな風景発見。写真写真。ってこんなの撮っている場合じゃない!

102_0210.jpg2時50分過ぎに、船に無事に乗り込む。ぎりぎりだったために、席はもうなかった。フロム鉄道と同じ失敗を繰り返すまーらいおん。結局写真を撮りに激しく移動する事になるので、問題なかったんですけどね。


お待たせいたしました。次回はいよいよフィヨルドの写真です。

banner_02.gif面白かったらクリックをお願いいたします。1日1クリック有効です。
コメント
この記事へのコメント
景色の良いとこで昼寝。これは贅沢だけどもったいなくないですよね。「今俺はフロム村の風になる」でプフッと笑っちゃいました。気持ち良さそうですね~、すんごく伝わってきました。ちゃんと出発までに戻るあたりはさすがにまーさん、オトナですね(^^)v。
2005/08/14(日) 10:20:35 | URL | たまりんど #-[ 編集]
私実は、ペルーのマチュピチュ遺跡に行ったときも、遺跡内で昼寝をした大馬鹿者です(笑)。自転車はとても気持ちよかったです。今度は、2,3日ゆっくり滞在した居場所だなあと思いました。
2005/08/15(月) 07:22:42 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック