海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すいすで初観光2
2009年12月27日 (日) | 編集 |
昨日の続きです(てんし)

シュタイン・アム・ラインで一夜過ごし、再びチューリッヒへ戻りました。

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく(ん)







ちなみにチューリッヒの写真はありません。そちらは普通のカメラで撮りスキャンをしていません(わーん)

ここに上げられるのはデジカメで撮ったものだけですが、
何せ10年近く前のデジカメで画像はしょぼいので、ご勘弁を(うる)

チューリッヒでは帰りの飛行機のリコンファームをしないといけませんでした。

今ではこのシステムってほぼないと思いますけど、当時は

「帰りにちゃんと乗るから席を確保しておいてね(はーと)」

と飛行機会社に確認を取らないといけないのでした。

んで、この時乗ってきたのがアエロフロートロシア国際航空。チューリッヒ支店に電話で確認をとりました。

ところが

「んー、おかしいなあ。あなたの名前が見つからないのですが

とか抜かしやがる(びっくり)

ちゃんとチケット持っているんだけど(わーん)

「今どちらですか?駅から遠くないので、事務所まで来てもらえないでしょうか?」

うーん、旅行中に時間をロスしたくないんだけどなあ(あせ)

かといって帰りの飛行機に乗れないのも困るので、行くことにしました。

道が分からないので、途中人に聞いたりしてなんとか辿り着きました。

つーかドイツ語圏で英語通じてまんせーとひそかに思っていたのは内緒です(ひょえ)

アエロフロートスタッフ:「オー!トモダチ!(もち日本語で)」

英語的には「オー、マイフレンド」なのかロシア語でそんな挨拶があるのかは不明ですが、

ロシア人スタッフが私の顔を見るなり挨拶してきました。

スタッフ:「ごめんごめん、何も問題なかったわ

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

ここまで来さすなよ、ぼけぇ(わーん)

ここで共産クオリティーの片鱗を見たのでした。つーか、最初に行ったロシアで散々見たわけですが(ひょえ)


リコンファームを無事に済ませて、チューリッヒ駅に向かいます。

のどが渇いたので、電車に乗る前にジュースでも買おうかなとキオスクに向かうと

たけえええええええええええええええぇ(びっくり)

ジュースが200円とか300円とかあり得ない値段で売っています。

物価が高いとは聞いていたけどここまでとはねえ。

後にスーパーで買えば普通に安いということに気がつくのでした(ひょえ)


電車に乗り込み西へと向かいます。最初の目的地はルツェルンってところです。

PIC00023.jpg

と言っても駅前しか歩いていません。確か乗り継ぎで降りただけとかそんな感じ(きまずい)

次の目的地はグリンデルワルド。スイス観光の拠点です。

ここから更に西のインターラーケンに向かい、そこから山岳鉄道に乗り換えます。

電車は山の中をずんずん進みます

PIC00025.jpg PIC00027.jpg

鉄オタで世界の車窓からに憧れたいたおいらには大興奮の景色です。今のデジカメをもっていたなら、

際限なく撮っていた事でしょう。当時で確か100枚程度ですから、ほんと限られた写真しかありません。

残念(しょぼ)

続く(はーと)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します(ぺこ)






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。