海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なすすべなし
2009年12月29日 (火) | 編集 |
こちらに来てからなるべくブログの更新をしていたおいらではありますが、昨日とうとう途切れました。

クリスマス休暇も終わり(とはいえ多くの人は今週は来ない)、この日も仕事で夜の10時ぐらいに家に
帰ってきました。

ベッドルームのパソコンつけて、メールチェックをした後に、リビングの方に向かい電気をつけました。

そして・・・

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく(ん)
バチっ!

という音とともにリビングの電気が切れてしまいました。

ぐげえ、これがあるから裸電球は嫌いなんだよ(あせ)

やったらめったら切れる裸電球。未だにこれを使い続ける欧州、理解に苦しみます(あせ)

切れるときすげえ心臓に悪いし(あせ)

しょうがないので、代わりに台所の電気をつけようとするとこちらも点きません。

ここで、おいらはようやくヒューズが飛んだと理解しました。

というか想定外?(ひょえ)(それ)

同じ経験をプラハの前の住居でやったことがあります。

電球が切れるときに過電流が流れてヒューズが飛ぶんですねえ。



で、電気を回復させるスイッチを探します。

こういうのは大抵玄関にあるもんですが、真っ暗で玄関に行くのも大変。

しばらくして目も慣れてきて、玄関の上にスイッチがあるのを発見しました。

しかし、どれがどのスイッチなのかわからない。たくさんスイッチがありすぎです(あくま)

手探りであれやこれやと入れたり切ったりしましたが、どうにも埒があきません。

メインのスイッチは理解しましたが、それを入れたり切ったりしても電気は戻らず。

多分、部屋の外にある回路かなと思い、廊下に出てみます。

壁に電気設備(electricke zarizeny)と書いてあるところがあり、幾つか回路を発見。

でも、どれが私の家のものかわかりません。この階全部のスイッチだったら怖いし、いじらないで部屋の中に戻りました。

さて、もう私にできることはありません(わーん)

ここでクリスマス休暇中の同僚に電話です。

すまん、同僚よ(かなし)

同僚:「何やったんだ?」


なんもやってねーよー(わーん)

共産クオリティーの電球のせいだぉ(わーん)

で、結局、明日オーナーに聞いてくれることになりました。

持っていてよかった携帯電話。持っていなかったら死亡ですよ(ひょえ)


しかしながら、結局のところ電気が回復しない現状は変わりません。

幸いシャワー、暖房は別系統なのでシャワーを浴びました。

暗闇の中で浴びるシャワー。なんだかなあ・・・(かなし)

暗いと本も読めないし本当にやることがないので、寝るしかありません。つか、まだ11時だっつーの(ひょえ)

電気がないとほんと夜は何もできないなあ。昔の人の暮らしぶりがわかるってもんです(ひょえ)



んで、今日の午後にオーナーさんに来てもらいました。

入れるべきスイッチはやはり外の回路でした。

しかも、鍵の掛かっている扉の中にある回路のスイッチ。

そらあんた、私ではどうしようもないっすよ。

しかし、次にヒューズが飛んだときのために鍵を用意しておいた方がよさそうです。

そんなこんなでブログを更新できない昨日の夜の出来事なのでした(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしく(ん)

 




コメント
この記事へのコメント
あらら
ネタにはなりますが・・・災難ですよね。

夜更かしせずに早寝したから寝起きはバッチリ?(ひょえ)
暖房が切れなかったのは本当に良かったですよね。
お疲れ様です。
2009/12/30(水) 08:49:44 | URL | まるこ #-[ 編集]
いつもブロク楽しませていただいています。
昨日は大変でしたね。異国の地ではちょっとしたことも日本とは違うから大変ですね。でも、すぐ電話できる友達がいて、それから電気復活良かったですね。
2009/12/30(水) 22:30:33 | URL | みこ #-[ 編集]
■まるこさん、

確かにネタになると思った私はだめだめでしょうか?(ひょえ)
次の日にばっちり目が覚めたのはもちろんです(むふ)

■みこさん、

チェコは以前住んでいたのですが、このことはちょっと
対処できませんでしたねー。こういうことがあると
住み慣れた町が一番だなと思ってしまいますね(しょぼ)
2010/01/01(金) 01:39:27 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。