海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素養
2010年02月18日 (木) | 編集 |
今日はピアノコンサートに行って来た。

音楽の都(?)プラハにいるっつーのに、こちらに来てから一度もコンサートに行ったことがなかったのだが、シタージT氏からチケットをただで貰ったので、4,5年ぶりに行ってみた。しかし、ドンだけ間行ってなかったんだと(ひょえ)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。今何位かな?(ぺこ)

こちらがコンサート会場の教会。

s-IMG_8924.jpg

プラハでは観光客向けの短めのコンサートと普通のコンサートがあるが、前者は音楽学校の学生さんがバイトでメジャーな曲を弾くといった感じで、後者はプロの楽団などがメジャーな曲、マイナーな曲にかかわらず演奏する。前者は必ず聞いたことがあるような曲をやるので、普段クラシックを聞かない人も楽しめるが、後者はクラシックになじみのない人には聞いたことない曲ばかりになる。今日のコンサートは後者。で、私はクラシックになじみのない人なので、ものの見事に一曲も知っている曲がなかった。ちなみに作曲はドボルザーク。ドボルザークは知っていても、曲は知らん(ひょえ)

チケットをただで貰っておいてこんなこと書くのもあれだが、知らない曲を2時間近く聴くのはかなり苦痛である。最近、寝不足だったこともあり、コンサート初っ端から寝てしまった。30分ぐらい寝てからようやく復活。ピアノの重奏で親子で弾いているようだ。二人できれいに奏でられる様は

へ~、すごいな~

という感想に尽きる。というかそれ以上のコメントができない(はず)

以前、チェコ人同僚とクラシックコンサートに行ったことがあるが、コンサートが終ったあとに同僚が立ち上がって拍手をしていた。本当に感動しての行動な訳だが、私には何がそこまですごかったのか分からず、普通の拍手で終った記憶がある。

知っている曲なら、おそらくもっと楽しめるのだとは思う。常々感じているのだが、この手の鑑賞には素養が必要なんだと思う。それこそ色々なクラシックを聴くのが趣味であり、同じ曲であっても指揮、楽団ごとの違いを楽しんだりと。

似た様なことは絵画を見るときにも起こる。私はルーブル、オルセー、ウィーン、エルミタージュ、メトロポリタンなどの有名美術館を行ってみたが、そこで絵を見ても、ぶっちゃけ絵のすごさはあまり分からなかった。この絵見たことある、この絵は好きだ、嫌いだという程度のことはあっても、ある絵を見て「おお!これはすごい!」と感心するなどといったことはほぼ起こらない。むしろ、美術館の広さに疲れて途中からは有名な絵だけをちらりと見て通り過ぎるという始末にさえなる。なので、純粋に絵を楽しみたいというよりは、有名な美術館に行きました、教科書に載っているような絵を見てみましたという履歴を作ると言った方が正解かもしれない。

こういった絵も、見るための素養があると違うんだと思う。例えば、宗教画でキリストが十字架にはりつけにされている絵などがよくあるが、その絵にこめられている背景や意味を知っていると楽しめるんだと思う。オーディオガイドなんかはそのためのよい手助けになるが、作品ごとに逐一聞いていると、途中でかなり疲れてしまう。大英博物館では途中ですんごい疲れてしまった(げー)

音楽、美術に限らず旅行もそうだ。訪れた町の歴史を知っている知らないでは、旅の楽しみも大きく変わってくると思う。この点に関しては、自分は事前によく本を読んだりしているので、結構楽しめる。

という訳で、クラシックコンサートを楽しむには前提知識、素養が必要だなと思うのだが、結局今に至るまでそれを改善しようとはしていない。プラハに居たことで、以前よりはマシになったかと思うものの、おいらの音楽音痴はもう少し続くような気がする(きまずい)

banner_02.gifブログランキング参加中です。1日1クリックしていただくと順位が上がります。応援よろしくお願い致します(ぺこ)
コメント
この記事へのコメント
絵画のことは専門ではないのであえてコメントは避けますが、音楽に関しては、結局のところ「好き」か「嫌い」かだけだと思います。「回数を聴いてみる。」というのはある程度必要かもしれませんが、予備知識でがんじがらめになるよりは、真っ白な状態の方が、あらゆることが素直に自分の中に入ってくるのではないでしょうか?眠かったら寝てもいいと思いますよ。だってあまりに不快だったら眠れないもの。私はコンテンポラリーが専門なので、ほとんどの人が知らないもの、まして初演の場合は絶対に誰も知らない曲を演奏するわけで、そうなってくると、頭の堅いコチコチのクラシックファンより「クラシックなんて知らないよ!」みたいな人のほうが、かえって面白がってくれたりします。でもせっかくナマの音楽を気軽に聴ける環境にあるのですから、これに懲りずに、化学者の好奇心?で、いろいろと聴いてみてください。
2010/02/18(木) 18:15:24 | URL | chie_miko #-[ 編集]
眠りに落ちるくらい心地よい音楽だったということではないでしょうか。

旅行前に知識をつけておくと、ほんとにものの見え方が変わってきますよね。「日出処の天子」を見て京都・奈良旅行をして以来、そう思いました。

でも微妙で、あまり表面的な情報だけ身につけていくと「確認するだけの旅」になりがちなんですよね。旅行前に何を読んでいくか、大きいと思います。
2010/02/18(木) 23:38:30 | URL | のんほ #-[ 編集]
行った美術館で、また会いたい絵に出会えればシメシメ(ん)
演奏会で、また聴いてみたい音楽に出会えればうひょうひょ(ひょえ)
…芸術観賞するのって人との出会いに似ている気がします~。
下調べたっくさんして、その通りの人でしたー♪…もよいけれど、
突然出会って ビビビ☆ ってくるのもステキですー。
ビビビ☆とくる出会いがあれば、相手もっと知りたくなるじゃないですか(ひょえ)
そんなん繰り返して"素養"も増えてくってもんですわ~(にんじん)

同じクラシック音楽のコンサートに出かけても
欧州では『寝てもいぃよ(ん)』的な、
いい意味で聴衆まかせの気楽な空気を感じます~。
日本ではちょっと貴族趣味的に睨まれちゃう雰囲気ありますよね(ますく)
西洋音楽がそこの文化として根付いている歴史の違いかな…と(まじ)
美術館も同じで、そちらの方は気分的に絵との距離が近くてコンタクトとりやすいです~。
いぃ出会いたくさんありそう(にや)

宗教画は、仏像や歌舞伎観るのとおなじで予習があるとかなり楽しめますね(^^)
2010/02/19(金) 01:51:13 | URL | やりみず #-[ 編集]
■chie_mikoさん、

音楽素人の私に丁寧にコメント頂きありがとうございます(ぺこ)。これまで行ったコンサートが万事上のような状況だったので、聴くことが必要なのかなと思っていました。確かに好みの問題もあるのかもしれません。これから色々なコンサートで聴いてみれば、好きなものに巡り会う可能性もありますもんね(ん)。場所柄を生かして、クラシック、コンテンポラリーと足を運んでみたいと思います(ん)

■のんほさん、

chie_mikoさんもおしゃってますが、確かに不快だったら眠れませんもんね(きまずい)

旅行は何か読んでおくと違いますよね。私は地球の歩き方の最後の歴史のまとめで軽く済ませて、旅行が終わった後にまた関係書物を読んだりします。WEBでも調べられますしね(ん)

■やりみずさん、

なるほど~、人との出会いとはうまい例えですね(びっくり)
そのうちに「キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!! 」という出会いがあるのかもしれません(ん)
そのためには、回数を重ねないとだめですね、はい(きまずい)

日本でクラシックコンサートは行ったことありませんが、
やりみずさんがおっしゃるようなことは想像できます。
こちらでは寝ていても睨まれることはありませんしね(きまずい)

美術鑑賞にしてもおいらはちょっと堅く考えすぎているのかもしれません。できるだけ楽しみたいって思いの裏返しなのかな(きまずい)
2010/02/19(金) 05:10:06 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
皆さんのコメントを読んでなるほどなぁと思います。
音楽や絵画の楽しみ方は人それぞれ。もしイマイチだと思ったら、今回はちょっとついてなかったなって軽い感じでいいと思いますよ。
私の場合は、イマイチだったら感心を他に移してみます。

(すき)あの奏者はハンサムだ/美人だ/表情が面白い
(ぐらさん)自分が指揮者ならこう振るぞ
(ひょえ)あの楽器...超年期モノ/ピカピカしすぎ
(びっくり)この美術館/ホールのインテリアは素敵だ/モダンだ/シンプルだ
(ん)ミュージアムグッズを物色

などなど。
個人的に楽しむ分には、誹謗中傷や意見の押し売りをしなければ、ある程度の独断と偏見はあってもいいと思ってます。

確かに予習しとくと大違いな分野もありますが(やりみずさんの「宗教画と歌舞伎」コメントはとっても同感)、楽しいと感じるハードルをいつもより下げてあげるといいかもしれませんね(ぐっど)
2010/02/24(水) 23:58:55 | URL | Non_Tokio #-[ 編集]
■Non_Tokioさん、

なるほどなるほど、楽しみ方は人それぞれでよいという
ことですね。職業柄固く考えすぎていたかもしれないですね(まじ)

>ミュージアムグッズを物色

これは確かにしていましたね。他のところに目を移すことは、多少なりともやっていたと今頃認識しました(きまずい)

今度、コンサートや美術館に行くときは皆さんの意見を
参考にして行ってみたいと思います(ん)
2010/02/25(木) 03:32:13 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。