FC2ブログ
海外脱落組のお気楽物理学者
ハルダンゲルフィヨルド I
2005年08月23日 (火) | 編集 |
フィヨルド報告の続きです。前回までの報告は

世界遺産ベルゲン
ベルゲン魚市場
ベルゲンで消防訓練
ソグネフィヨルドへの旅路
フロム村散策
ソグネフィヨルド
グドヴァンゲンからヴォスへ
ヴォスの朝

をご覧下さい。しかし、よく書いたなあ~。

さて、今回はヴォスか出発してハルダンゲルフィヨルドをまわったときの報告です。ヴォスはベルゲンとともにフィヨルド観光の基点。同じ基点でも、ベルゲンよりフィヨルドにより近いので時間的に余裕が出来るという点で利便性がある。町自身は大して見るところはないが。

10:05発の Ulvik 行きのバスに乗って船に乗り換える。しかし、今回我々は船のチケットを持っていない。というのは、前回ソグネフィヨルドを回ったときは、ベルゲンからの周遊チケットを買っていたので、途中チケットを買うわずらわしさがなかったが、今回は周遊チケットではない。ここの乗り物について自分たちで買わなくてはいけない。しかも、Ulvik では乗り換え時間が5分しかない。窓口で並んだりしている間に船に出港されたら今日中にベルゲンに戻るのが難しくなる。

バスを降りて窓口と思われる建物にダッシュ。しかし、その建物は

使われていなかった

船着場の側にあって実に紛らわしい。元のバス乗り場の近くなのかどうなのかなど、迷っている間に船は到着。やばい。そこで、船の乗組員に聞いてみる。

「船の中でチケット買えますか?」

うんとうなずく乗組員。ナイスである。安心して船に乗り込み、エイトフィヨルドという町までと、その先のノールハイムスンまでのチケットを買う。

103_0351.jpgUlvik を後にする船。

エイトフィヨルドまでの風景。途中、なぜこんなところに家が?という風景に出くわす(写真左)。ここでは、夏場に町から移動してきてチーズなどを作っているとのこと。右の写真はエイトフィヨルドの町並み。
103_0367.jpg103_0371.jpg

エイトフィヨルドでは3時間停船。その間に町をぶらつくか、ネイチャーセンターとVøringsfossen滝のツアーに参加するかである。滝のみという選択肢はない。町は何もなさそうなのでツアーの参加することにした。このツアーも激高。ノルウェー何をするのも高すぎる。

banner_02.gifフィンランドのランキングはこちら
ツアーはまずバスでネイチャーセンターへ向かう。ここでは、フィヨルドの自然に関する展示を行っている。最初に180度スクリーンいっぱいのフィヨルドの映像を見て、その後館内の見学である。映像は割と綺麗。飛行機から撮った映像なのでしょうが、酔ってしまいそう。館内はフィヨルドの生息する動物の生態、人日の生活などについて展示してある。まあ、面白いといえば面白いが

「こんなの日本にもあるじゃん」

とは N 氏の談。彼としては滝のみが見たいところを、ネイチャーセンターまでのツアーに組まれていることにご立腹のようだ。だって、ネイチャーセンターの入館料もはいってますもんね~。

103_0390.jpg見学後は、側のレストランで短時間の昼食。すべてセッティングされていて他に選択肢がない。しぶしぶ、軽く高い昼食を食す。まーらいんを買っておいたパンとハムをかじる。そこでちょっと珍しいものを発見。

レストランの屋根の上にやぎが...

屋根の草を食っているようだが、どうやって登ったんだか。どうも周りに登るところはなく、屋根の上に人の手で持ち上げられたようだ。夏の間中そこにいることであろうか。ということはレストランの上に彼の糞尿が...以下略


103_0392.jpgそして、やっとメインイベントのVøringsfossen滝へ。バスはぐんぐん高度を上げて滝の上までやってくる。周りの風景は八ヶ岳という感じだが、高低差のある滝の存在は圧巻。実にスリル満点である。写真をとりまくるまーらいおんとN氏。途中柵がないところもあって要注意。写真撮って足滑らせてはしゃれにならん。ツアーの中には高所恐怖症の人がいて、崖から3メートル以上離れたところから近寄ろうともしない。手をつないであげるからと友達が言うもかたくなに拒否。滝を見に来た意味がない気がするんですが...。


滝の高さが伝わりにくい写真になってしまったorz. もっと写真を撮りたかったんだが、集合時間のために戻らざるを得ない。だからネイチャーセンターはいらんのじゃー!滝に時間をさかんかい!
103_0393.jpg104_0405.jpg

104_0413.jpgそしてバスは15:00発の船に乗れるようにエイトフィヨルドの町へ戻った。滝はすごいんだが、やっぱ時間が足りないよな~。滝をじっくり見たい場合は別の手段を考えた方がよいようです。


明日は、ハルダルゲンフィヨルドの船旅です。

さて、ランキングは皆様のおかげでなんとか3位をキープ。「ナポリ」には近づけるようで近づけない。というか近づいていないし。しかも「Pari写」「ニース」の追い上げが激しく今にも抜かれそうな勢いです。というわけでお暇なときにクリックを。
banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック