海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥棒夜行ブタペスト発プラハ行き1
2005年09月08日 (木) | 編集 |
これは、昨年の8月のことだ。その時私は日本への帰国が決まっていたので、ヨーロッパ最後の夏を満喫すべく(結局今年もいたが)、バルカン半島を巡っていた。そして、旅の最後の締めくくりは、ブタペストからプラハへ向かう夜行電車で帰ることであった。

まず、私は電車の切符を買わなければいけなかったのでブタペスト東駅に向かった。しかし、この東駅

どこで切符を買ったらいいのかが、いたくわかりにくい駅である

東駅では、国内線と国際線の窓口が全然違うところに位置しているので、かなり路頭に迷ってしまった。そして、見つけたところで今度は

長蛇の列

しかも、それが単なる切符のinformationの窓口と切符販売の窓口がごっちゃになっているから紛らわしい。一番右端は information ですたorz. さて、切符売り場で長蛇の列というのはヨーロッパではよくある話だとは思うが、ここの問題は

切符販売のシステムが電子化されていない

点にありましょう。窓口では、おばちゃんが紙をぺらぺらめくって、該当する列車と運賃を調べ、それを紙に書いていく。そしてその紙が切符になるのだ。さすがはマジャール、チェコと並ぶ旧東側国家の優等生である。チェコは電子化されているけどねー。ちなみに、ハンガリーの国内線切符売り場は電子化されているようだったが、国際線からやらねえか、フツー。もうワケワカンネー

そんなシステムなので電車の予約やキャンセルなんてできっこありません。まあ、別にドイツやフランスのように需要の高いICEやTGVなどの高速列車が走っているわけでもないのでできなくてもいいんだけど、寝台電車とかはベットを確保しておきたいときはどうするんだって思いますね、マジャール鉄道さん。

そんな複雑な切符販売事情の国で実に香ばしい人を見ました。どうも世界のどこでも自分の国の言葉が通じると思っている人の国出身のようです。窓口でおばちゃんとなにやら交渉していますよ。ちょっと聞き耳を立ててみましょうか....

客:「私たち急にウィーンにいかないといけなくなったの。それでこの切符はもういらなくなったのでキャンセルして頂戴。そして代わりの切符が欲しいんだけど」

おばちゃんは何も言わずに、デスクの奥に消えました。待つこと10分以上。分からなかったから誰かに聞きに言ったのか、はたまた単に用を足しているのか。後ろに並んでいる私たちもいぶかしげに思っていると、おばちゃんは戻ってきました。そして、一言

おばちゃん:「キャンセルはできないわ。だから切符の払い戻しもできない」

まあ、端末がないんだから予想できる答えだわな。しかし、それを確認するのに10分ですか?そんなことを思っていると、お客が怒りだしました。しかし、どう怒ろうとキャンセルできないものはできないんだから仕方ない。かくして彼女らは

客:「まったくなんてFuc○ing country なの!」

と大声で捨て台詞を吐きながら去っていきます。とっても下品です。それを聞いたまわりのマジャール人は怒りますわな。

マジャール人:「じゃあ、自分の国に帰っちまえ!」

切符をキャンセルできないばかりか、まわりから言葉で痛めつけられる彼女たち。満足に切符を買えないまま彼女らは去っていきます。大丈夫さ、まだ西駅と南駅もあるんだから。そちらでトライ!さて、私はというともちろん無事に切符を買うことができました。手書きの切符ゲットだぜ!しかしこれ、用紙さえあれば自分で書けるんではないか?いや無理かな...。

切符を手に入れて食べ物を買い込んで夜行列車に乗車です。が、観光シーズンもたけなわなのか電車は満席。かろうじてコンパートメントの1席を確保しました。しかし、気付いてみると8人部屋で満席状態。暑苦しく狭い。このままプラハまで10時間近くこの状態で夜を越すのはちとしんどいが耐えるしかないようだ。

そんな心配をよそに電車は東駅を滑り出しプラハへと出発しました。「窮屈夜行プラハ行き」、これが「泥棒夜行プラハ行き」になるとはこの時は思いもよらなかった...。

続く

さて、ランキングは4位以下はどんぐりの背比べ状態。なんか前もこんな状態がありましたね。やはり頭一つ抜け出すにはvisual路線が必要なのか....。しかし、今の面白生活旅行情報ネタで上位を目指しましょう。というわけでお暇なときにクリックを。
banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
そ、、そんなすごいことになっちゃってるのですか、東駅は。(どの駅も?)面白そうなので試してみたいですが、小心者なので、このお話の続きを読んで、車で行くか、列車にトライか、よく吟味させて頂きます。では、どんぐりが成長するよう祈ってから帰ります。
2005/09/09(金) 06:27:23 | URL | きち #YlatNgdA[ 編集]
まーさん、こんちわ。

今回めっちゃおもろいよ。

早く続きを書いておくれやす。

彼女たちはあのお言葉をのたまったのね。
合掌です。

では。
2005/09/09(金) 17:44:44 | URL | CORO #-[ 編集]
■きちさん、

西駅も手書きを聞いたことあるような...。去年の話なので、今年は電子化...なわけないか笑。電車で行くべきかバスでいくべきかは続きで少し書いてみますので、参考にしてくださいね。

■COROさん、

受けてもらってよかったです。続きは今晩書くのでもう少しお待ちくださいませ~。
2005/09/09(金) 17:57:34 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
COROです。

まだかな、まだかなー、まーさんの続きはまだかなー。

はやく続きを読みたいです。


どうせなら、その時まーさんに彼女達のその後を観察
して欲しかったな。西駅と南駅でのお言葉連呼の状況を。

それにしても、手書き切符ってすごいね。写真ないの?
あったら是非みせてぇー。

では。
2005/09/09(金) 23:49:27 | URL | CORO #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。