海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドの医療事情?
2005年09月19日 (月) | 編集 |
咳が止まらんということで、病院に行こうと思うのですが、
病院はどこなのか?また、どこの病院に行ったらよいのかがわからない。

外国に来てわずらわしいのは病院と役所ですね。ほんと面倒くさいけど
どちらも必要なんで調べざるを得ません。

しかし、夕方になってから明日病院に行こうと思ったので、
人に聞こうにも大学の人間はほとんど出払ってしまったみたいで聞く人がいない。

仕方ないので、とある責任者(アパートをあてがってくれた人、ここではAさん)に
電話で聞いたみることにした。

ま:「...というわけで、病院を探しているんですが。」

Aさん:「まーらいおん、病院は超緊急事態じゃないと行かないわよ。ふつー。
例えば、すごい高熱だとか、すごい腹痛だとか。
咳ぐらいなら行く事はあまりないわよ」

ま:「いや、でもですね、さっき説明しましたけど、咳が2,3日続いて夜寝られないんですよ。だから、医者に行きたいわけで。」

Aさん:「うーん、そういう時は病院ではなくて
個人開業の医者ね。
健康センターから紹介してもらうんだけど、
ふつーはかなり待つことになるわね。1週間以上か....」

ま:「えー!じゃあ、緊急事態のときはどうするんですか?」

Aさん:「さっき言った大きな病院か、他には例えば○○病院ね。
24時間受付しているわよ。でも多分、50から60ユーロ以上は取られるかなー。
あなたはKELAカード(こちらの保険証)を持っているから、
少しは戻ってくるけどたくさんではないわね。それからね....」

20分経過

Aさん:「...というわけだから、緊急の場合は病院はすごく高いし、個人の医者は
待ちで一杯だから、明日まで症状を見てみたら?それ駄目なら、
Yljopisto Apteekki(市内の薬局)で薬買うのがいいわ。」

ま:「はぁ(-.-;) わ、わかりました...」

A:「じゃあ、お大事にねー」

What in the world should I do ?
なんか、長く話した割には得られた情報は少ないような...。
結局、どうしろってことなのだ?どうも要領を得ない。

そうだ!電話でATさんに聞けばいいんだ!
彼女は5年間フィンランドに住んでいる同僚のポスドクだ。
多分病院の事は知っているはずだ。
なんで最初にそれを思いつかなかったのだ!

ま:「というわけなんだけど、いい病院知ってる?」

ATさん:「....そうなの。で症状は?どうなの?」

ま:「んー、熱は少しだけなんだけど、咳がひどくてさ。夜横になると
咳が出て止まらないんだ。」

ATさん:「そういう咳の時には、○○ってクスリがいいわよ。
それと熱にはXXね。メールで情報送ってあげるから帰りに薬局で買うといいわ。
それで改善しなくて病院にもし行かなければならなくなったら、
大学の医者にかかるといいわよ。それならただで診療してもらえるし。
詳しい事はメールで送るわね。」

わ、わかりやすい!事は2,3分で済みました。
さすがフィンランド在住5年のATさん。恩にきります!

早速、薬局で言われた薬を買いました。薬はなんとなく日本に比べて安い
感じがしますね。この点はうれしいですが、病院のシステムはいただけません。
金さえ出せば、緊急の病院でみてもらえるけど、そうでないときは
ながーい間自分の順番を待っていなければならない。それが1週間なのか
2週間なのかは知りませんが。軽い症状では病院に行かない、もしくは
行けないということになりますよね?

フィンランド人は多少のことでは行かないってことなんでしょうか?
私もそうだけど、今回みたいなケースはどうするの?高額の治療費を払うの?
訳分かりません。

これに比べると、その日に医者にかかれる日本のシステムってすげーって思います。

さあ、今夜は薬が効いてきちんと寝られますように。

ブログ書いている場合ではないですが、クリックしてもらえると回復するかも?→
banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
待ち時間1週間という桁違い、話題としてはキラリと光るものが(涙が)。

しかし、そのぶん医薬品の認可基準や薬剤師の地位が確立していて、こちとら医師の処方箋がないと手に入らない薬も、お近くの薬局でちゃんとゲットできる様ですね。
慣れればむしろそちらの事情の方がいいかもしれませんぜ。。。

なにしろ東京に暮らせば、"待ち時間3時間、診察診断たったの23秒" なんてよくある事でんがな。今ちょっと熱下げたいだけなんだけど、という時にも医者の処方箋がなければ、薬局じゃヤケ石に水程度の薬しか手に入らないっす。タイムイズマネーの自営業にはこの待ち時間の長さはコタえちゃいますよ。高熱や下痢の時にゃ待つだけでも悲惨極まる。会社勤めはもっと悲惨(休み取んないと医者行けない→結局行けない)。…ううう。 

だから 一長一短といったところか。。。
…"ニッポンの外国人"が医者にかかるのはもっと大変かもしれませんね。
いずれにしても、まーらいおんさん 早くよくなります様、
日本海の寒ブリともどもお祈り申し上げまする。

(>_<) コメント長い!スマナイッス (>_<)
2005/09/20(火) 18:27:14 | URL | やりみず #-[ 編集]
まーらいおんさんもマンガパイバ断念でしたか。だって急に寒くなるんだもん…私の場合は金曜日にがんばって衣装作ってたら土曜日にダウンしました。あほー。それにしてもTerveyskeskusのあの待ち時間はなんなんすか。直ってしまいますよ。
仕事をしている人は私立の医院に登録(?)していて、眼科と歯科以外はそこへいくと診察台は会社がもってくれます。予約は朝電話すれば、まずその日のうちにみてもらえます。日本の予約が要らないシステムってすごいなーと思いますね。医者の数がそんなに少ないんでしょうか?不思議だ。
2005/09/21(水) 02:55:07 | URL | 華南 #I9hX1OkI[ 編集]
■やりみずさん、

確かに一長一短なのかもしれません。薬は日本人にどの程度効くのか、わからないのでなんとも言えませんが(チェコのときはあまり効いた気がしなかったし、薬自体が強い感じ)、今回はきちんと聞きました。東京の大病院はそうですね...。私もすげえ待って(かなり深刻な症状だった)、3,4分の診察で「熱の測り間違いじゃなの?」とかいわれる始末。医者に殺意を抱いたのはあれが初めてでしたね。全く白い巨塔です。ともあれ、薬で症状は多少よくなったので、もう少し様子を見ようと思います。ご心配頂きありがとうございました。

■華南さん、

ここのところ急に寒くなりましたよね...。季節の変わり目で風邪とは...年は取りたくないものです。マンガパイバ、華南さんは行っているかなと思ったのですが、華南さんもアウトだったみたいですね。歩いて10分のところが会場なのに、いけないのは本当に残念でした。病院の情報ありがとうございます。朝電話すればいいんですね。いずれにしても予約がいるんだ。本当日本ってすごいなあと思います。医者の数は少ないんですかねー。本当に不思議です。
2005/09/21(水) 05:16:24 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。