海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリットからドブロブニクへ-バルカン半島放浪記3-
2005年09月24日 (土) | 編集 |
115_1600.jpg列車がスプリット駅に到着すると、宿引きのおばちゃんが寄ってくる。ここクロアチアでは所謂「プライベートルーム」と言われる宿泊システムがある。要は、自分の家の一部屋を宿代わりに使ってもらうシステムだ。通常のホテルより安いので、バックパッカー向けと言える。しかし、この駅で言い寄って来る客引きの値段はちと高い。300クーナ(1クーナ=18円ぐらい)では、安ホテルと変わらない。目標は150クーナぐらい。場所を移動してバスターミナルをうろうろしていると、客引きがやってきた。200クーナというところを120クーナに負けさせた。市街からやや遠いけど安いし仕方あるまい。宿は郊外の集合住宅地。宿主は老夫婦でほとんど英語を介さないが、とても人がよさそうだ。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
116_1602.jpg海水浴の準備もして市街観光へ。スプリットの一番の見所は、ローマ皇帝ディオクレティアヌス宮殿跡。西暦295年から作られた宮殿が、町のそのほかの建築物と一体になって今も残っている。

116_1603.jpg宮殿内部の一部はお土産屋が軒を連ねる。

116_1605.jpg宮殿近くの塔からスプリットの町を一望しよう。「魔女の宅急便」の舞台のようなオレンジ色の屋根の町並みと海の青のコントラストが美しい。

116_1632.jpg老夫婦の家からの夜景。明日はバスでドブロブニクへ移動だ。

スプリットからドブロブニクまではバスで4時間のたび。アドリア海を右に眺めつつ、一度ボスニアヘルツェゴビナの国境を超えて、クロアチアの飛び地ドブロブニクへ向かう。

116_1636.jpg途中、乗客が車掌となにやら口論をしている。どうも、チケットを持っていないためのトラブルのようだが様子がおかしい。どうやら、チケットは車内で貰えるからというお金を係員と思われる人間に払ったはいいが、そいつは詐欺師だったようだ。車掌が英語を介さないので、英語が分かるクロアチア人が説明するが結局はチケットをきちんと買いなおさないといけないとのこと。全く観光地は油断がならない。

116_1639.jpgドブロブニクにつくと「sobe(プライベートルーム)」を看板を持ったおばちゃんが大勢寄ってくる。ここドブロブニクでは値段はどう頑張っても150クーナより下の値段にはなりそうにない。あきらめて、一人のおばちゃんの家に泊まることにした。荷物をおいて、ドブロブニク市街へ。ドブロブニクもクロアチアの世界遺産である「アドリア海の真珠」と形容される一大観光地だ。ドブロブニクは壁に囲まれており、壁に沿って歩くことができる。ピレ門から入って早速壁を歩いてみよう。

116_1648.jpgスプリットの町なみにもましてオレンジと海の蒼さのコントラストが美しい。

壁の周りは周回でき、その途中にはジュースが売っていたり、デジカメのプリントコーナーがある。
116_1649.jpg116_1652.jpg

116_1653.jpg町の周りは岩肌だらけ。斜面にへばりつくように家が並ぶ。

116_1656.jpg内戦の後が未だ残る。クロアチア人、セルビア人、ムスリム人が民族浄化の名の下に第2次世界大戦以来の死傷者数を出した戦争。民族独立戦争だったあの戦争は結局何を生み出しのだろうか?

ドブロブニク以外の目抜き通りプラツァ通り。ここ、クロアチアは東欧諸国でも西欧と変わらないぐらい物価が高い。こと観光地であるドブロブニクで安くうまい店など観光客には見つける事は困難である。
116_1670.jpg116_1679.jpg

116_1685.jpg次の日はドブロブニク市街に近い海岸で一日海水浴。泳いで、暑くなったらまた泳いで。飽きて真っ黒になるまで遊びましょう。

116_1686.jpgそして次の日は、バスでボスニアヘルツェゴビナのモスタルへ。モスタルはユーゴスラビア内戦の激戦地だったところ。歩き方によれば、いまだに危険なところであるように書いてあるが実際はどうなのか?

banner_02.gif人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
私も
先週クロアチアへ行って戻ってきたばかりです。景色が懐かしくて読ませてもらいました。ボスニアはどうだったのでしょうか??
また読ませてもらいます。
2005/09/25(日) 16:44:53 | URL | Miki #tHX44QXM[ 編集]
Mikiさん、

書き込みありがとうございます。実はこれ昨年の夏に行ったときのものです。クロアチアきれいな国でしたよね!また、後でクロアチアの世界遺産(わかるかもしれませんが)が出てきますので、そちらも見に来てくださいね。
2005/09/26(月) 04:55:42 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
海の碧とオレンジがきれいだなあ!
宮崎駿監督はこのへんの情景が好きな様ですね。
2005/09/26(月) 12:05:42 | URL | やりみず #-[ 編集]
やりみずさん、

どうもそうみたいですね。魔女の宅急便のモデルと思われる町は、ドブロブニクかスロバキアのピランというところかなとどこかで聞いたような...。ピランも行ったことありますがとてもきれいな町でした。
2005/09/27(火) 00:54:12 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。