海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューバでわっほー2
2014年01月01日 (水) | 編集 |
12月22日(日)

起床7時半ぐらい?昨晩は夜中の12時を過ぎてから疲れとともに寝たということもあって、時差ボケがあってもそれなりの時間に起きることができた。

こちらが部屋の様子。一部屋に3つのベッドがある。部屋はもう一つあって、二つの部屋から利用できる浴室とトイレの部屋が挟まるようにある。

1_20140101135406d47.jpg


こちらはベランダからの様子。日はとっくにあがっていて、とっても天気がよさそう。つか、暑そうw

3_20140101135422401.jpg


banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしくヽ(・∀ ・)ノ
アニータの宿は日本人専用の宿で、他にも数人宿泊している。朝の8時から朝食。夕食は夜の7時からで、両方ともアニータと家族が作る料理が振る舞われる。宿泊とご飯を入れて15CUCってめっちゃ安いと思う。まぁ、ベッドは3人で一部屋をシェアするし、バスルームも多いときは6人でシェアするからきついけど( ・∀・ ;)

初日の朝ご飯

2_20140101135407676.jpg



朝ご飯を食べてからいよいよハバナ市内を散策開始!

初のハバナにガンダム降り立つ!(違

しかし、きたねえwww

ベランダから見た景色も汚ねえと思ったけど、町は実際にすげえきたねえ。

建物はぼろぼろだし、道路はでこぼこ。ゴミはそこら中に落ちているときたもんだ。

宿は旧国会議事堂(カピトリオ)の近くで、観光に行くには便利なところ。

こちらがカピトリオ。

4_201401011354112e5.jpg

この写真だけ見ればきれいなんだけどね。宿のまわりが汚すぎ。スラムっかーつーのw

そして至る所にキューバ名物、クラシックアメリカンカー。乗り心地はやっぱ悪いw

5_201401011354124f6.jpg 6_201401011424270a2.jpg


カピトリオを過ぎてもう少し行くと建国の父ホセ・マルティの像がある。

7_20140101142435c3f.jpg

ここで目の前には市内を回るツアーバスがあるのを発見。最初に町中の様子を見るのにいいかと思って、飛び乗ることにする。ルートはT1というやつで旧市街と新市街を一通り回るバスのようだ。5CUCで1日乗り降り自由。

16_201401011421250b7.jpg


モロ要塞のそばを通って、海沿いを走ってから新市街へ向かう。

9_20140101142425d9a.jpg

途中の建物も修復中だったり壊れていたりと汚い建物が多い。キューバに金がないのがうかがえる。バスは新市街にあるHotel Habana Libreを通って革命広場へ。そこで写真を撮るために降りて、革命記念塔や内務省などの写真を撮る。

左が内務省。ゲバラの肖像と彼の名台詞「常に勝利に向かって」が書いてある。右は情報通信省でカミーロ・シエンフエゴスの肖像と「いいだろ、フィデル」という台詞が書いてある。カミーロは知らなかったけど、やっぱキューバ革命で重要な役割を果たしたらしい。

11_20140101143529da1.jpg 12_2014010114353024d.jpg


こちらは革命記念塔。革命記念塔の上に登れると地球の歩き方にはあったけど、塔は開いていない様子。残念(´・ω・)

13_201401011435377e4.jpg


ここでは、クラシックカーのタクシーが待機している。旧市街まで多分5CUCぐらい?

14_20140101143537a7e.jpg 15_20140101143537ba2.jpg


再びバスに乗って市内散策に向かう(`・ω・´)

banner_02.gifブログランキングの参加しています。応援よろしくヽ(・∀ ・)ノ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。