海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢再び-バルカン半島放浪記8-
2005年10月01日 (土) | 編集 |
疲れからどっぷりと寝たためにその日の目覚めは快調。

今日は朝早くの電車でハンガリーの南西にあるケストヘイに向かう予定だ。
なにせそこには

湖全体が温泉

という変わった温泉があるからだ。
日本人にはなんとも甘美な響きのある言葉ではないか。
行かないでか。

しかし、いざザグレブ中央駅で切符を買おうと窓口で値段を聞いて
財布の中身を見ると

お金が足りない...。

両替しようにも朝早いために両替所はやっていない。
一番早い郵便局両替所にいっても、予定の電車に乗るまでに
切符が買えるかどうかの微妙な時間である。
前日までに買っておくべきだったのだ。
疲れて寝ている場合ではなかった。
しかも、この電車を逃すとハンガリー側へ行くのが困難になる。
そもそもハンガリーへは本数が少ないのだ。

ここで郵便局で両替、そして切符を買うという危険な選択を決断。
郵便局が開くまで、駅のベンチで座って待つことにする。
すると、駅のホームでシュラフに包まっていた、
バックパッカーが起きだした。
金を節約するバックパッカーにはよくある行為だ。
わたしはやらんが。

その人は、日本人でかなり長期でヨーロッパを回っているということだった。
これからスロベニアのリュブリャーナに向かうという。
そこで、少し話をするとどこかで聞いた悪夢が....

「サラエボでは Ivana に会いました?」

~m( --)m(/;°ロ°)/ アレー

やはり超有名なのか Ivana さん....。

「彼女ね、客引きに来る時に、こんなに日本人が泊まったのよって
ノート見せるでしょ。あれ、よくみると
日本語でめちゃくちゃ悪口かいてありますよ。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ノートちゃんと見ればよかったよ...。

「途中であった旅行者なんですけどね。
食べられちゃったって言ってましたよ。
彼としては、今や病気を貰っていないかって心配しているみたいですけど。」

うわぁ...。ってことはやはり私も犠牲者になりえたわけね。
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

しかし、犠牲者ってやっぱいるんだあ。
拒否ってできないもんですかね。

Ivana の話がひと段落して、彼は自分の旅行が終わりに近いことを
語った。

「いやー、随分長いこと旅行しましたからね。
そろそろ身を固めようかなと思って。」

そういって、彼はスロベニアへと旅立って行った。
俺の旅ももうちっとだな。私は、郵便局へ両替へ向かった。

朝っぱらからダークな話題で、爽快な気分は少しブルーへ。
しかし、これはトラブルの予兆に過ぎなかったのだ。

banner_02.gif人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
おはようございます~。

なんだか波乱万丈ですね。まーらいおんさんの旅。

Ivanaさんの話
最初の話を読んだときは、
せつなくって、悲しかったけど、
彼女は彼女で、拒否されたり、罵倒されても、
また同じことを繰り返すのであれば、
それはそれでたくましいなぁと思ったり…。
(同じ女性としては、気持ち悪いというよりも、
なんかそこまで人を求める気持ちが、せつなかったんですよね)

でも、下の写真、すっごいきれいですね。
こんなところが、まだ世界にはいっぱいあるのでしょうね。
水のある風景に心ひかれます。

旅の話の続き、楽しみにしています。
1冊本、書きませんか?(笑)←職業的勧誘
2005/10/01(土) 10:11:50 | URL | hiyohiyo #lw71wNy2[ 編集]
hiyohiyoさん、

お体の具合はどうでしょうか。
なんか大変だったみたいですね...。
この時間に起きているという事はお仕事でしょうか。

Ivanaさんのことは有名なので(最近名前を変えたらしい)
ぐぐるとすぐに出てきます。
ねたに困ったら使ってやってください。
私なんかでよければ書かせていただきます(笑)。

下の景色を見て、心の静養を取られてくださいまし~。
かなり忙しいとは思いますが、無理はしないで下さい。
2005/10/01(土) 19:05:52 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。