海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼんでごー2
2015年08月30日 (日) | 編集 |
はい、お盆休み2日目(いかり)

この日は山越えして日本海側に出ました(ううん)

こちらに来てから初の日本海ですよ?(むふ)

つか冬とか山越えとか無理だし(ひょえ)

今日の最初の目的地は羽黒山です(ぐらさん)

山形市から高速道路で鶴岡方面に向かって月山越えをします(ううん)

庄内あさひインターを降りてから一般道経由で羽黒山まで2時間ぐらいでしょうか(ううん)

はい、到着(いかり)

DSC03313.jpg

といってもここは羽黒山ふもとの駐車場です(ぐらさん)

もちろん車で一気に山頂に行くこともできますが、羽黒山山頂には神社があります(ぐらさん)

それにお参りするのに参道を登っていかないでどうすると(ぐらさん)

という訳でこのくそ暑い日に羽黒山に登ると(ひょえ)(それ)

おい、ばかやめqwrおいhkjghkjさ(ry

はい、ここが参道入り口(ぐらさん)

DSC03316.jpg

参道は森の中なので森の中なら多少は涼しかろうと(ぐらさん)

こちらが参道ね(ぐらさん)

DSC03320.jpg

門を入ってからまずは下ります(ぐらさん)

DSC03326.jpg

ちょうど下ったところからの写真です(ぐらさん)

なかなか気持ちの良い道ですよ(むふ)

DSC03329.jpg

少し歩くとすぐに有名な五重塔のつきます(ん)

DSC03337.jpg

丁度山伏がお祈り(?)をしていました(びっくり)

DSC03340.jpg

大抵の人はここで駐車場に引き返しますが、我々は参道をそのまま進みます(ぐらさん)

DSC03344.jpg

階段がなげえ(ひょえ)


DSC03347.jpg

がんがん登りますよ(いかり)

この道はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにも載っていますので、楽しんで登りましょう(ん)

途中、庄内平野を見下ろすことができます(ん)

DSC03348.jpg

まだまだ登りますよー(いかり)

DSC03349.jpg

ある程度登ると休憩所があります(ん)

DSC03352.jpg

何この昭和臭(ひょえ)

DSC03355.jpg

この雰囲気がいいのだよ、これが(ひょえ)

ここからの眺めも絶景ですよ(むふ)

DSC03354.jpg

ここまでくればあと少しか?(ううん)

DSC03360.jpg

ところがどっこいもうちょい登りがあるっていうね(ひょえ)


DSC03365.jpg


鳥居が見えてきたー(いかり)

DSC03369.jpg

ようやく到着であります(ん)

DSC03372.jpg

なかなか荘厳な社でありますな(ぐらさん)

DSC03394.jpg

わら葺き屋根の厚みが半端ねえ(ひょえ)

こちらは山頂駐車場側の鳥居(ううん)

DSC03379.jpg

いろんな神様をまつった小さい社もあります(まじ)

DSC03380.jpg

社務所みたいなところお抹茶がいただけます。疲れた体にしみわたるー(いかり)

DSC03384.jpg

ここから元の参道を引き返すこともできますが、バスで帰ることもできます(ぐらさん)

つかもちろんバスだろ(ひょえ)

最初に言っていたことはどこに行ったのかと(ひょえ)

なかなか可愛らしいバスですね(ぐらさん)

DSC03404.jpg

駐車場の周りにはお土産屋さんがいっぱいありますが、こちらも昭和臭ぷんぷんであります(ひょえ)

DSC03405.jpg

ひとしきりお土産屋を見た後にバスに乗り込もうとするとタクシーの運ちゃんに声をかけられます(びっくり)

運ちゃん:「下の駐車場まで行くの?4人だったらタクシーの方が50円安いよ?」

ま:「うーん、こちらは二人なんで~」

運ちゃん:「そっかあ」

と会話をしているとバスに乗り込もうとしているらしい夫婦にも声をかけ始めて、結局相乗りタクシーで下まで行くことになりました。

バスの乗り場の前で熱心な営業やねえ(ひょえ)

方言のなまりの強い運ちゃんと通じているか通じていないか分からない会話を交わしながら駐車場まで無事に戻ってまいりました(ひょえ)

続く(ん)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。