海外脱落組のお気楽物理学者
ひな祭りとこけし祭り
2017年03月06日 (月) | 編集 |
先週末は嫁のところに遊びに行っていました。

何をするというわけでもなかったんですが、美味しいピザを食べたくなって、評判のピザ屋さんへと行きました。

その途中、町のメインストリートにのぼりが立っていたので、何かなあと思っていたら


「雛めぐり」

というイベントでした。

雛めぐりとは桃の節句の時期に、商店街のお店の中にお雛様や吊るし雛などを飾ってお客さんに見てもらうものです(ん)

いろんな場所でやっているのは知っていましたし、行ったこともあるのですが、これって東の方でメジャーなイベントなんですかね?(ううん)

この日は雛めぐりと合わせて、仮装イベントもあったみたいで町おこしのゆるキャラも出ていました。

ファイル 2017-03-06 13 22 50

左から小手姫様、くにみももたん、ホタピーです(ひょえ)

個人的にはホタピーが一番可愛いと思います(ひょえ)

私はこの日カメラを忘れたので、嫁の携帯の写真です(ひょえ)


写真を撮って満足してから、ピザを食べて、ピザ屋の近くにある土湯温泉に行ってきました(ん)

土湯温泉は実はこけしで有名です(びっくり)

こけしの工人が何人かいて、今も作品を作り続けています(まじ)

で、知り合いにこけしを頼まれていたので寄って探してみようと思ったわけです(むふ)

観光案内所でこけしのお店の場所を聞いて、向かいながら街中散策です。

土湯温泉は昭和にそのまま取り残されたような温泉街です(コラ

週末だけどそんなに観光客もいないし、ひっそりしているので他人事ながら心配になってしまいます。

しかし、こういう雰囲気が好きな人にはたまらないのではないかなあと思います(ん)

一度だけ日帰り温泉プランで旅館を利用しましたが、料理も美味しかったしなかなか良かったです(ん)


さて、最初のこけしのお店に入ろうとすると・・・

「ガタガタッ」

ドアが開きにくい(ひょえ)

ドアが開きにくいだけでなく、お店の中も暗い感じです(ひょえ)

無造作に置かれているだけのお土産、もう何年も売れてないだろうお土産の数々。

うーん、渋い(ひょえ)


ドアが開いたときになるベルで奥から主人がやってきました。

「暇だからゆっくり見て行ってねえ」

もうほんと暇なんだなと(ひょえ)

ここは工人のお店でこけしの実演販売コーナーもありましたが、やっているようには見えません。

我々がこけしを見ていると、主人は時間があるからなのか、こけしについて色々説明してくれました。

「これは土湯系で、こちらは山形のこけしで・・・」

私はあまり分かっていませんでしたが、地域によってかなり形や模様が異なるようです。

嫁:「お店の前は工事していますけど、何を作っているんですか?」

と聞いてみると、共同浴場を作っているとのこと。

東日本大震災のあとに風評被害でホテルや旅館が何件か潰れて、その跡地に綺麗で大きい共同浴場を作っているとのことです。

綺麗な共同浴場ができるのはいいことですが、ちょっと複雑な気持ちになりますね。

とりあえず、他の店も見てみたかったので、もう一軒のお店へ。

こちらは場所もいいからかお店の中もこぎれいです(ん)

先ほどのお店と同様にベルが鳴った後にご主人が中から出てきました。

そしてこけしを見ていると、やっぱり色々説明してくれました(ひょえ)

「このこけしは、○○さんの作品で、家は○○さんと仲が良くてこういう珍しいこけしも扱っているんだよ」

と少し小さめのこけしを見せてくれます。

頭の部分に笠があって、これを取って駒として遊ぶこともできるものでした(びっくり)

4月の中旬にこけし祭りがあり、全国から「こけしマニア」も集まるんだとも言っていました。

その祭りの時には、こういう珍しいこけしも売れてしまうとのこと。

最近は、こけしを収集する「こけ女」もいるみたいで、一時期より売れているみたいですね(びっくり)

全然知らなかった(びっくり)

このお店でこけしを買っても良かったんですが、先ほどのお店で買うことにしました(ん)

先ほどのお店に戻りできるだけ可愛い顔のこけしを選んで買うことにしました。

ちょっと古いこけしだからなのか、少し色がくすんでいましたが、顔が一番可愛かったのでこれ以外は選べない感じでした。

ご主人に見せるともうなくなった工人の作品とのこと。

ご主人は工人の名簿見たいなのを見せてくれ

「この人はもうなくなって、この人は・・・」

と聞いてもないのに色々説明してくれました(ひょえ)

私が買った作品にもちょっと愛着が出たので、良かったと思います(ん)


今日知り合いに渡したところ、大変喜んでくれたので買って良かったです(ん)


土湯温泉は味のある温泉街なのでまた是非行ってみたいですね(ん)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック