海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワで初英語セミナー
2005年10月23日 (日) | 編集 |
前回の続きです。リハビリがてら少しずつ続きを書きます。

「初の海外の思い出」の前回までの続きはこちら。

1、日本からモスクワへ
2、モスクワでの奮闘
3、モスクワ一人歩き

今日の午前中は、研究所の大学院生がクレムリンを案内してくれるという。ホテルのロビーで待ち合わせて一路クレムリンへ。途中トロリーバスなどを乗り継いで向かう。バス内では、チケットを自分で刻印するシステムだが、大学院生は何もしない。

ま:「ねえ、チケットはいらないの?」
院生:「ん、今は大丈夫だよ」

無賃乗車というわけです。ちょっとびくびくですが、地元民がそう言っているからまあいいか^^;

改札を受けることなく無事にクレムリンに到着。

チケットを買ってクレムリン内部へ。しかし、外国人料金って高いなあ。地球の歩き方の解説を見ながらクレムリン内部を二人で歩く。

PIC00012.jpg

セミナー前ということで、あまり観光に身が入らない。この後は、英語で初のセミナーをしなくてはならないのだ。

モスクワっ子の憧れといわれるグム百貨店内のハンバーガー屋で昼飯を済ます。ここでは、院生がいるので注文するのが怖いと言ってはいられない。のどが渇いたので、コカコーラのビッグサイズを注文。アメリカンなサイズに全て飲み干すのを断念。

そしてセミナーの時間がせまってきたこともあり研究所へ向かうことに。あー、ここら辺りで逃げ出したい...。メインストリートからみすぼらしい路地に入ると研究所が見えてくる。その佇まいは研究所というより廃墟に近い。ロシアに金がないことは知っていたが、かなりぼろい建物である。

PIC00014.jpg

警備室らしきところで厳重なチェックを受けて中へ。途中、研究所のスタッフと何人か話すが、

会話になっていたのかどうか...。

やっぱりあまり聞き取れない。そうこうしているうちにセミナータイム。セミナーの部屋には続々と人が集まり始めている。

(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ((((

まーらいおんは逃げ出した!しかし回り込まれてしまった!いや逃げ出してもいないんだが....。とにかく、もう逃げ出したい心境でいっぱいである。ええい、ままよ!英語の原稿は覚えたんだし、始まれば何とかしゃべれるさ!と覚悟を決める。

そしてセミナースタート。

「サ、サンキューフォー、ギ、ギヴィング ミー...」

セミナーの機会をくれてありがとうという自分の声が震えているのが分かる。うわーおれ緊張しているよ...。

1時間後。

セミナーは無事(?)終了。丸覚えした原稿をたどたどしく思い出しながら、途中幾つか出た質問も聞き取れるまで「パードン?」を繰り返し、なんとか乗り切ったようだ。あー、よかったよ~。

セミナー後、院生が寄ってきて、幾つか質問を受ける。頼む、もう開放してくれ...。などとは言えないんですね。こういう場合。厳しい指摘を幾つかいただきました。きっつー。

そしてようやく開放。院生の部屋でお茶をいただく。葉っぱを直接コップに入れて、その上にお湯を注ぐ。葉っぱ濾さないんですね....。休憩中、物理のことやその他の話題で雑談。日本に興味があるか?という私の質問に

「Why not ?」

え?どういう意味?こんな英語も分からなかった私。これまでの会話もとても会話と呼べるものではなかったことであろう。

この後は、会議が開かれるドゥブナという町へ向かうことになっている。モスクワから100km以上離れた町である。迎えのバスが参加者を拾うために空港に向かうことになっているが、院生がこちらにも寄るように手配してくれた。助かりますm(_ _)m.

バスが来たので、研究所前で院生とお別れ。一難去ってまた一難。明日からは初の国際会議参加。1週間近くも乗り切れるのか~。そろそろ日本語が恋しくなってきたよ。

ランキングの投票はこちらから~↓
banner_02.gif人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
以前、まったくわからない分野の発表の通訳をやるはめになり、やっぱり逃げたかったことを思い出しました。一生のお願い、もうだれも質問しないでーっ…と思うそばから誰かが手をあげる(笑)
ロシアのまーらいおんさん@国際会議も、ヘルシンキのまーらいおんさん@リハビリ中も、どちらもガンバレ。
(くれぐれも無理しないでくださいね!)
2005/10/23(日) 20:29:17 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
少しずつ回復です
mfさん、

そうそう、もう誰も質問しないで!ってそういう心境です。科学者失格な私でしたね。基本的に私臆病なんです(笑)。
お見舞いコメントありがとうございます。
無理せずにリハビリしていこうと思います。
2005/10/23(日) 21:08:36 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。