fc2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子のたーくんを養子に迎えました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
たーくんの感情表現
2022年03月23日 (水) | 編集 |
たーくんは最近、自分の思い通りにならないとすごい癇癪を起こしたり、怒ったりします(まじ)

昨日の朝は、

たーくん:「パパと一緒にお仕事に行く!」

と大騒ぎ(きまずい)

パパ:「連れて行かないよ」

と言っても勝手に靴を履いて、玄関の鍵を開けて一緒に行こうとします(きまずい)

ママが無理矢理抱っこして家の中に連れて行きましたが、たーくんは大声を上げて嫌がるなどして大変でした(きまずい)



今日は、お風呂に入る時に

たーくん:「今日は頭洗わない?」

というので

パパ:「洗ったほうがいいんじゃない?」

というとママに聞いてくると言って、ママのところに言って同じことを言われて

たーくん:「頭は洗わない!」

と大声で怒っていました(きまずい)

これはこちらが根負けして頭を洗わないことにしましたが、ちょっとしたことで怒ったりします(きまずい)



児童遊戯施設に行った時には、他の子が遊んでいるおもちゃを半分取り上げて遊んでいたので、ママがたーくんを止めようとするとお怒りに(きまずい)



また、たーくんはパパがちょっとしたことを注意をするとすぐにふさぎ込んだりします(きまずい)

それは必ずしも悪いことを起こるだけでなく、危ないことをしようとした時の注意でもそうなります(きまずい)



というようなことが最近多かったのですが、児童遊戯施設のスタッフに言わせると、

感情を表に出せるようになった

ということのようです(まじ)

つまり、たーくんの成長の証というわけです(まじ)

そういう視点では見ていなくて、困ったなあと思っていただけなので、ハッとしました(びっくり)

これは喜ばしいことなのですね(ん)

これから、たーくんの感情を受け止めて、たーくんが納得するような対応をできるようにしたいと思っています(ん)


ランキングに参加しています。クリック↓よろしくお願いします!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック