海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドでインタビュー
2006年01月24日 (火) | 編集 |
今日は、家で身だしなみをチェーック(`・ω・´)シャキーン━━━!!

というのも、フィンランド科学アカデミーの雑誌「Pro Academia」の取材を受けるからです

日本とフィンランドの研究交流企画の一環とかいうことで、フィンランドで働いている日本人研究者に話を聞こうという企画みたいです

他にもいーっぱい優秀な日本人研究者の人がいると思うんですが、なぜか私がチョイスされたようです。遂に漏れの時代がやってきたか

と妄想はほどほどにしてインタビューへ。大学のほうへカメラマンと一緒に来るというので、入り口で待ち合わせ。合流して、大学内の適当な場所でインタビュースタートです

インタビューなんて初めてなんで緊張しましたけど、インタビューする人の誘導がうまかったので、うまく話すことができたと思います。フィンランド語じゃなくてよかったよ、うんうん。ってできるわけねーだろー

内容は、主に研究のこと、どうしてフィンランドを選んだのか、フィンランドと日本の違いなどなど。特にフィンランドのいい点、悪い点を聞かれた日にゃー、大学自体のアクティビティーが高いとか自然がきれい、設備がいいとか良い点を上げたものの、全体的に悪い点ばかりが目立ってしまったような 危うく、公共病院のDQN具合をつらつら述べそうになりましたが、それはさすがにやめました

私が、夏場にやたらと太陽の照っている場所に来て、日がな一日日光浴しているフィンランド人を不思議に思ったと述べたときに、インタヴュアーの方は

「それはこれまでインタビューしたすべての外国人に言われましたよ

と言っていました。やっぱ皆感じることは一緒なのね。今ならわかりますけどね、短い夏だから楽しまないとっていうフィンランド人の気持ちが

インタビューは全部で1時間ぐらい。その後は、撮影ターイム

「こっちむいて」
「もっと笑って」
「そっちにひじかけて座って」

とかカメラマンから色々注文が....。スウェーデン系フィンランド人という彼女のフィンランド語はやっぱ少しネイティブっぽくないように聞こえる。なんでも、ずっとヘルシンキに両親と住んでいたけど、ずっとスウェーデン系の学校に行っていたようで、15歳で町に出たときに「皆、フィンランドを話している」って驚いたとか。それからフィンランド語の勉強を始めたということです。そんな彼女もフィンランド語はとても難しいといっていました。

写真撮影が終わって、インタヴュアーの方々とお別れ。終わった後はどっと疲れました

出来上がった雑誌を送ってくれるというので、今からとても楽しみだなあ

banner_02.gif人気ブログランキングへ
コメント
この記事へのコメント
デビュー
世界デビュー間近ですか?
先ずはフィンランドで足場を固めて、次はヨーロッパ?
期待しています。雑誌が発売されたら教えて下さい。
立ち読みしますので(笑)。
2006/01/24(火) 06:00:13 | URL | lapintie #-[ 編集]
まーらいおん兄さん
キタ━━━━ヽ(゚ー^*)ノ━━━━!!!!
ついに、まーらいおんさんの時代が来ましたね!
すごい、(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
インタビューされるなんて(はーと)
撮影タイムなんて、芸能人気分ですね(おんぷ)
2006/01/24(火) 06:48:48 | URL | るみ姉 #pVmUmAbE[ 編集]
ぱちぱち!
すごいですね~。
どんな記事になるんでしょうね~。

インタヴュー、緊張しましたか?
あれって、話を聞くほうもけっこう緊張しているもんなんですよ(笑)
インタヴューのあとは、どっと疲れが出て
魂抜けていきます。
2006/01/24(火) 10:13:50 | URL | hiyohiyo #zdvXpt9s[ 編集]
ぉお!!(゜ロ゜屮)屮
ふろさんかっこいー(ぐっど)
雑誌に載るなんて凄いわん(ん)
でも外国の雑誌じゃ見られないやー(わーん)
2006/01/24(火) 12:01:20 | URL | ★あかりん★ #QxkJPxiU[ 編集]
わーついにデビューですか!
今後は変装しないとマンネルヘイミンティエが歩けなくなりますね。
次はまず、YLEでフィンランド全国ネットお願いします。そして欧州制覇、そして…
2006/01/24(火) 13:26:53 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
おっ(たいよう) やりましたね まーさん(ぐっど)(にや)おつかれさまです。
海外で科学者として認められてた証明!は、今のニッポンでは
職を探す際にきっとものすごく有利に働くはずですよ。

気管支炎が治っていて本当によかったですね(涙)。。。

確かにインタビュアーの方も、緊張されたはずで(笑)
今ごろ、とったメモひらいて必死に記事をおこしていることでしょう(にや)。
2006/01/24(火) 19:42:32 | URL | やりみず #-[ 編集]
■lapintieさん、

本屋さんに出るのかもよくわからない雑誌ですが、受け取ったらブログでお知らせいたしますね。立ち読みで適当に読み流しちゃってください(ひょえ)

■るみ姉さん、

写真は結構緊張しましたけど、カメラマンの人はやっぱリラックスさせるのがうまいなあと感じました。基本的に写真写りが悪いので
うまく取れているか自信なかったり(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル ((((

■hiyohiyoさん、

そうかあ、インタヴュアーの人も緊張するんですか~。
もうその道のプロなので、慣れっこかと思っていました。
結構取り留めなくしゃべったので、どんな記事になるのか
さっぱり想像できません(わーん)

■★あかりん★さん、

出版されたら、ここにも紹介しますよ(ひょえ)
でも写真パートは無しになってしまうかも(わーん)

■mfさん、

多分、一般市民には触れないような雑誌だと思うので、余裕でマンネルヘイメンチエを歩けると思われ(あめ)(にこ)
Lonnrotinkatuが歩けなくなるぐらい、有名になってみたいですねー。YLEだといつ放映されることかすんごく疑問なんですが(あせ)

■やりみずさん、

雑誌インタヴューって履歴書にかけなそう(あせ)
面接では何がしか言えるかもしれませんが(まじ)
私の取り留めのないせりふを想像するとインタヴュアーが
不憫ですなあ(わーん)
きっとかなり美的化されているに違いない(ひょえ)
2006/01/25(水) 02:37:36 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。