海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安い店を探せ!
2006年03月25日 (土) | 編集 |
私日本にいたころからパソコンいじるの大好きで、休日は用もなく秋葉に行ってめぼしい物はないかと徘徊しておりました

まあ、ここフィンランドではそれができるような繁華街なる物はもちろんないわけですが、幸いにもパソコン屋さんは結構あります。例えば、グーグルで

tietokone(パソコン) kauppa(お店) Helsinki

とかで検索するとかなり見つかりますわ

しかし、問題はやはり

高いこと

ユーロが日本円に対して強いことを考えても、高すぎね

高い理由は、アル中養うための税金が高いからだけど、平均給与もそんな高くないみたいだし、どうにかならんのかね

と、文句を言っても仕方ないので、こうなれば国内で安い店を探すしかないじゃあーりませんか

そんなことを考えている人にこんなサイトはいかがでしょうか

mbnet.fi

ここの Hintaseuranta(値段追跡)を見てみてください

商品ごとに最安値を出している店と値段の動向が一目瞭然

これは、まさに日本のカカクドットコムのフィンランド版ね

市場原理が働きにくいこの国でこんなページが存在するなんて、まったく期待していなかっただけに驚きです

値段を比較すると、店ごとにかなり開きがありますねー

私は今外付けハードディスクを探していますが、160GBの商品で30ユーロぐらい差があるよ

最安値は109ユーロでしたが、同じ商品を日本と比べると日本では9800円ぐらいね

1ユーロ=138円と考えると4000円程度も開きがあるのね

パソコン部品以外を見てみたときには1ユーロ=100円と考えると、
日本と物価感覚が近い感じになるんですが、
パソコンでもこのルールが適用される感じですね

ま、フィンランドにいる限りはここで最安値を見つけて、買うってのが賢い選択になりそうですね

さあ、フィンランドで楽しく賢くショッピングだ

banner_02.gif気に入りましたらクリックをお願いしま~すヽ|・∀・|ノ"

コメント
この記事へのコメント
市場原理が働きにくいこの国・・・スイスのことかと思いました。 こちらにもcompariという、価格比較サイトがありますが
皆さん、あまり変わらん。 
という気も。(かなし) 陸の孤島、鎖国のスイスでございます。 アル中は養っていませんが、スイス人を養って・・・あっいかんいかん。
頑張って賢く安く買い物したいと思いマス。
2006/03/25(土) 20:07:53 | URL | Mari #-[ 編集]
まーらいおんさんのみならず、最近はパソコンは生活必需品ですから、価格が高いと困りますね。(かなし)
ところで、また質問させて頂きたいのですが、日本から現在使用中のパソコンを、持ち込む場合の関税はどうなんでしょう?
新品でなければ関税はかから無いのでしょうか?(はず)

ヨーロッパで暮らそうと思うと、物価が高く感じるのは、やはりユーロ高のせいですね?(あれ)
2年前に上の娘の卒業旅行に同行して(ひょえ)イタリヤとフランスに行きましたが、おっしゃるとおり1ユーロ=100円だったらなぁと感じました。(しょぼ)140円前後ではいかにも高い。(あせ)
「いくらおいし一たって、このアイスクリームが550円は高いでしょうっ(いかり)」と思いながら、一日三個食べてました。(ひょえ)
2006/03/26(日) 13:57:25 | URL | タロリン #-[ 編集]
■Mariさん、

そちらも市場原理は働きにくいんですか(びっくり)
欧州の真ん中だし、市場は活発かと思っていました(しょぼ)
それもEUに入れば状況は変わるんですかねえ(はず)
そういえば、仕事でジュネーブに行ったときに、スイスの人は
フランスのスーパーに買い物に行くとか。そちらの方が
安いからだそうで(あせ)

2006/03/26(日) 22:12:18 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
へー!ここのサイトは知りませんでした。
わたしは http://www.vertaa.fi/ を使っていたんですが、この手の価格比較サイト、ほかにもまだあるのかもしれませんね、フィンランドにも。競争原理がちょっとでも働く方向に向かっていくのなら、たいへん結構なことですよね~。
安くて良いものが見つかるといいですね(ん)
2006/03/26(日) 22:28:11 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
■タロリンさん、

日本からのパソコンの持込ですが、ぶっちゃけ空港の税関はそのまま通り抜けちゃえば、何も言われないです。かくいう私は2台パソコンを持ち込みましたが、別に何もいわれていません。ただし、郵送して「パソコン」と表記すると確実に税金を取られます(40ユーロ以上の代物は税金がかかるらしいです)。なので、渡航するときにそのまま持ちこんでしまえばいいと思います。新品であってもあからさまに箱に入っていなければ文句は言われないと思います。

少し調べたところ、個人所有物は無税とあるようですが以下のページできちんと見ておくと安心かもしれません。

http://www.tulli.fi

私が見に行ったときにはサーバーが落ちていました(あせ)

>やはりユーロ高のせいですね?

これはそうだと思いますよ(はず)
こちらでユーロで給与をもらっている分はまあ我慢できますが、日本円にすると(げー)となるようなお値段です。こちらで生活するときには、その辺は割り切ってユーロはユーロで考えた方がいいかもしれません(あせ)


2006/03/26(日) 23:35:55 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

市場競争は少しずつ増えているのかもしれませんね(ん)
もっともっと安い店が出れば消費者としてもうれしいですわ(にこ)
mfさんの教えてくれたページは知りませんでした(ぐらさん)
これで、両者比較してさらなる選択肢ができそうです(ΦωΦ)ふふふ
2006/03/26(日) 23:38:15 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
まーらいおんさん

いつも質問にお答え頂きありがとうございます。(ぺこ)
持ち込めば大丈夫そうと言うことなのは、助かります。(わら)
先日、在フィンランドの娘の知人宛に、レトルト食品 や衣類等を、
船便で送りました。船便は安いけど時間もかかるし、かなり中身が
グチャグチャになると聞きましたので、精密機器や割れ物(CD,DVD含)は入れないほうが良いと思いましたが、値が張るものも駄目ですか。(あせ)
何を送るか何を持参するか良く考えねばなりませんね(ぐらさん)
またアドバイス宜しくお願いします(ぺこ)
2006/03/27(月) 12:19:41 | URL | タロリン #-[ 編集]
■タロリンさん、

こちらにお知り合いがいらっしゃるのであれば安心ですね(ん)
船便に精密機器を入れないのは正解だと思います(まじ)
飛行機でもしっかり梱包しないと危ないと思います。
確かに何を持って行き何を送るかは重要な選択ですね(ぐらさん)
飛行機に持ち込めるのは預け20kg(30kgまでなら許されることもありますが、係員次第)+手荷物10kg(だったかな?)までなので、限界ありますしね(しょぼ)

また何かあれば遠慮なくどうぞです(ぺこ)
2006/03/28(火) 03:20:16 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。