海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデス高原列車
2006年03月27日 (月) | 編集 |
マチュピチュからクスコへ戻った私の次の目的地は標高3800mにあるチチカカ湖湖畔の町プーノである

プーノへはクスコのワンチャック駅(マチュピチュへ向かう列車の出る駅とは異なる)から10時間近くかけて向かう。

かつてこの鉄道は「泥棒列車」として有名だったようだが、今は切符を持った人しか入れないように厳重に警備されている。ペルーが観光に力を入れているの感じられる

朝の8時列車はプーノに向けて出発。時速は4,50kmというのろのろ運転。それにもましてよく揺れる事。列車が町を出ると、景色はすぐにのどかな高原の風景に変わった。

02327005.jpg



シグアニという駅を出ると昼食タイム。前もって注文をとっていたコース料理を持ってくる。確か12ドル。しかし、こんなに揺れるのに皆さんよくこぼさず配膳できますね。ちなみに最後出できたデザートがうまーでしたよ

02327001.jpg


途中リャマの放牧も

02327006.jpg


そして列車は標高4319mのラ・ラヤ峠に到着。クスコの標高3200mから約1000mも登ってきたんですね
駅の周りにはお土産を売る人などが何人か出ていました
ってか富士山より高いところにあることもあって、ちょっと歩いただけでぜーぜーなんですが

02327004.jpg


お土産屋さんと一緒に民族衣装を来た子供達も来ていました
いい子達にはチップをあげましょう

02327003.jpg



この後列車は徐々に下っていきフリアカという町を通り過ぎる。プーノから一番近い空港があるところがここである
列車は市場のまんまん中を突っ切る感じで汽笛を鳴らしながらのろのろと進む
しかし、線路の両脇に市場が出ているっていうのはどういうことなのよ

そして、視界の先にチチカカ湖が見えてきました
標高約3800mにある超巨大な湖
すごい、すごいやー
(写真は次の日の写真です)

02328009.jpg



夕方17時過ぎに列車はプーノに到着。プーノも首絞め強盗が多い街なので注意しましょうね

旅の疲れはやっぱ食事で。クスケーニャと魚料理で舌鼓

02327007.jpg



明日は、いよいよチチカカ湖観光です

banner_02.gif気に入りましたらクリックをお願いしま~すヽ|・∀・|ノ"

コメント
この記事へのコメント
うおー、ほんとに世界の車窓からじゃない!
頭の中にあのテーマ曲を流しながら画像を
見ています。

民族衣装を着た子供たちの写真を見ると、
日本とはまったく違う生活習慣の元で生活
してると感じます。

が、やっぱり観光地化している結果でもある
のでしょうか?

文化を保護するっていう意味では大事な事
なのでしょうが、ちょっと複雑な気持ちです。

では。
2006/03/27(月) 08:55:44 | URL | CORO #-[ 編集]
はぁー素敵ですね。(すき)
私も、今回は世界の車窓から、マチュピチュは世界遺産の音楽が頭の中で流れました。(にや)
これほど遠くて厳しい所には、もう少し若くてパワーがある時に、行くべきでした。(かなし)
もう近場のアジアの国々に旅するのさえ、体力的に危ぶまれる今日この頃(はず)
いろいろ旅していらっしゃる、まーらいおんさんのブログで、旅行した気分を味わわせていただきます。(にや)(おーけー)
2006/03/27(月) 12:39:30 | URL | タロリン #-[ 編集]
■COROさん、

私も乗っているときは自分の頭の中で流れていましたよ(ひょえ)

>が、やっぱり観光地化している結果でもある
>のでしょうか?

んー、それは否めないでしょうねー(あせ)
放牧意外に稼げるすべが彼らにできたということでは
歓迎なんでしょうけどねー(しょぼ)

観光と文化の調和は大事だと思いますが、それで人の素朴さが損なわれるのは私は嫌ですね(しょぼ)。ペルーの観光地には少なからずそういう点があるように思えます。ま、これも観光客の勝手な言い分ですがね(しょぼ)
2006/03/28(火) 02:34:51 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■タロリンさん、

タロリンさんも世界の車窓からの音楽が流れましたか(すき)
ペルーは確かに遠いし行くのが大変ですよね(あせ)
高山病にも悩まされますしね(しょぼ)
24時間飛行機乗っていかないといけないような場所なので
大変かもしれませんが、機会があるならば是非いかれることを
お勧めします(ん)

旅の話題はこれからも続けていきますので、楽しんでもらえたら
こちらもうれしいです(ん)
2006/03/28(火) 03:11:19 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。