海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマは危険が一杯!?
2006年04月04日 (火) | 編集 |
ペルー旅行記の続きです

今日はペルー観光の最終日です
リマを思いっきり満喫しようじゃありませんか

まずは、宿近くのサンフランシスコ教会に行きましょう

02330001.jpg



ここはガイドツアーでのみ内部見学可能ね

さあ、行ってみましょうか

banner_02.gifクリックしてね(`・ω・´)
教会内部の図書館は雰囲気ありますねー
何か出てきそうですよ

02330006.jpg


この後、地下墓地(カタコンベ)に案内されましたが、カタコンベの雰囲気はやっぱ独特ね
なんともいえないかび臭さと湿気めいた感じが肌にまとわりつきます
写真を撮ってもいいと言われたけど、ちょっと止めちゃった


この後は、サント・ドミンゴ教会へ
ここにはペルーの二大聖者サンタ・ロサとフライ・マルティンが祀られています。二人は数々の奇跡を起こしたといわれて言われ、それで聖人として祭られたようです

02330008.jpg 02330006.jpg


アルマス広場を通って宿にいったん戻って昼飯ターイム

02330010.jpg


お昼ごはんは、宿の仲間とセビッチェというペルーの名物料理を食べに行きました。セビッチェは海の幸、魚、タコ、海老などとタマネギなどの野菜を一緒に混ぜて作った海鮮サラダです。レストランの場所は遠いということで、タクシーで移動。そして移動途中に大ハプニングが

信号で止まっているときに、タクシーの運ちゃんが突然

「窓を閉めろー

と大声出したと思ったら、

道路の横から人が突っ走ってきて、車の中に手を突っ込んできた

慌てて窓を閉めたので、何事もなかったですがどうも強盗みたいですね

すごい大きな道路で交通量もかなりある中、白昼堂々と

危なすぎるよリマ

なんとかセビッチェのおいしいと言われるお店に到着。日本人仲間にはスペイン語ぺらぺらの方がいるので、お店に来ても安心

そして手前から2番目にあるのがセビッチェね
手前のやつは海鮮リゾットみたいなやつだけど、
セビッチェとともにこれも殺人的なうまさね
苦労してきた甲斐があるわあ

02330011.jpg


この後は、再びタクシーを拾って国立博物館へ移動。
博物館にはマチュピチュのミニチュアなどがあって興味深かったです
そして、最後にリマ郊外にあるショッピングセンターでお土産買ったりしてリマ観光は終了

ちょっとトラブルもあったりしたけど概ね楽しい旅行になりました

夜に宿からタクシーで空港へ。最後にタクシーを呼んでもらって、宿の前で見送ってもらいました。宿の日本人の方には本当によくしてもらいました。楽しかったなあ

じゃあまたねー。さようならリマよ

02330016.jpg


この後、飛行機で日本まで24時間以上かかってまーらいおんはグロッキーになりましたとさ

banner_02.gif気に入りましたらクリックをお願いしま~すヽ|・∀・|ノ"
コメント
この記事へのコメント
まーらいおんさん

おはようございます~。
お料理、おいしそうですね~。
でも、怖い~~~~。
本当にいろいろな経験していますね~。

お料理は食べたいけど、
きっと行けない・・・。
2006/04/04(火) 11:22:25 | URL | hiyohiyo #uvGN9f8A[ 編集]
やっぱ、幸運がまーさんには付いてるんですね。

あらためて、日本は安全な国だなーと思います。

まっ、最近変な事件が多いですけどネェ。

セビッチェは海鮮サラダということですが、
ドレッシングとかは、やっぱり独特の味だったの
ですか?

食べれない分、まーさんの説明で想像で我慢
しますので...
2006/04/04(火) 13:18:18 | URL | CORO #-[ 編集]
殺人的なおいしさですか…。
そんなせりふを言ってみたいわ@フィンランド(苦笑)

魅惑のペルー・シリーズもとうとう最終回なのですね。
異国情緒たっぷりの連載、きれいな写真とともに堪能させていただきました(ん)
危険もいっぱいのようですけど(げー)、いつもうまく危機を回避されているあたり、さすが旅人ですね。
またいろんな旅のお話を書いてくださいね~。楽しみにしています。
2006/04/04(火) 18:02:19 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
■hiyohiyoさん、

リマは私が行ったときにはかなり怖いときだったかも(げー)
宿の日本人の方に、ここは歩いていったら危ないだとか、バスは
ここで降りないと、この先は危ないだとかいろいろ脅されました(ぎょ)
セビッチェはこのレストランに限らず他の場所や南米のほかの国にもあるようなので、そこでは怖い思いをせずにすむのかもしれません(むふ)(なみだ)
2006/04/05(水) 00:22:07 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■COROさん、

確かに幸運はある程度あるのかも(あせ)
ま、いつ身に災難が降りかかるかわからないので、普段から
気をつけてないといけませんけどね(げー)

セビッチェの味はあまり覚えていませんが、
強烈にうまかったことだけは
覚えています。もう一度あの味を食べたいものです(むふ)
ほぼ刺身系なので日本人の口にはぴったりだと思いますよ(すき)
2006/04/05(水) 00:24:33 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

殺人的なうまさはフィンランドでは無理でしょう(げー)
夢のまた夢ですね(かなし)

危険はうまく回避しましたが、運がいいというのもあると思うので
やっぱ危ない場所には出来るだけ行かない、前持った情報収集など基本的なことは必要でしょうね(あせ)

でも、ペルーは十分行く価値があると思うので、スオミ以外の
候補地として行かれてはどうでしょうか?(ひょえ)(それ)
2006/04/05(水) 00:26:40 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。