海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハが好きな理由1
2006年04月13日 (木) | 編集 |
先日mfさんとスカイプで話している時に指摘されたことですが、

「まーらいおんさんって、チェコの話をする時は、とても楽しそうですよね?」

このことは、これまでも度々ブログ上で指摘されてきたことですが、自分ではもちろん意識していません。

なんでそうなるんでしょう?

とやはり明快な答えは持っていないので、チェコにいた頃の話を書きながら探っていくことにしました。読者さんからこの文章を読んで感じることがあったらコメントいただけるとうれしいです

banner_02.gif←・・・・・・(・ω・。) ジーッ
チェコで働くことになったきっかけは、以前ここに書いたので、そちらをご覧下さい。

簡単にまとめてしまうと、日本を含めたどこかで職がないか探していて、当たり構わず応募したらチェコに採用されたってことです。

って書いてしまうと情緒もへったくりもありませんが、現に当時はチェコに採用されるなんて思っていなかったし、ポスドクの就職先としてはかなりマイナーであったことが背景にあります。

更に、応募しておいてなんですが

チェコがどういう国だか全くわかっていませんでした

知っていたのは旧共産圏ってことと首都がプラハってことぐらいでしょうか?

鉄のカーテンの向こう側だった国、そんなぼんやりとしたイメージだけだった気がします。

渡航準備を進める中で、言語はチェコ語であり、プラハは歴史のある街であることがなどが少しずつわかってきました。

しかし、その渡航準備の中大きな事件が...

プラハ大洪水

近年ない大雨によりプラハを流れるブルタバ川が氾濫し、プラハ旧市街が水に浸かったというのです

9月に渡航するっていうときに、どうすんのよこれはと思っていましたが、雇い先のボスからは何も連絡がないし研究所と私が住むことになっている住まいは大丈夫なんだろうと判断しました。

そして日本を発ってプラハに到着すると、空港にはボスが迎えに来てくれていました。かなり緊張。そもそも英語も真っ当に出来なかったんですよ私

Nice to meet you.

が精一杯ね。

私の住居へ送ってくれる道すがらボスは目に映るものをいろいろ教えてくれましたが、ヒアリング能力のなさと疲れのせいで

右から左

ただただ呆然と、ナトリウムランプで薄暗いプラハの町を眺めていました。

そして、住居であるMAZANKAというホテルに到着。ここは研究所の持っているホテルですが、その実学生寮みたいなもんです。

薄暗いフロントで受付を済ませると、部屋に案内されます。

そして愕然orz

狭すぎる

3畳ちょっとの部屋に所狭しと机とベッドがあるだけ。

そして暗い白色灯....。

呆然としている中、ボスに明日迎えに来るからといわれ、その後すぐに疲れてベッドに沈む私。

なんか暗い町だなあ

明日からこんなところで生活できるんだろうか....。

巨大な不安がのしかかりつつも、疲れには勝てずプラハの初日を終えたのでした。

続く

banner_02.gif気に入りましたらクリックをお願いしま~すヽ|・∀・|ノ"

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/13(木) 10:34:51 | | #[ 編集]
まーさん、原点回帰ですね。

ここから海外生活が始まったんですよね。

あのMAZANKAというホテル、懐かしいです。

狭いといっても、結構十分生活できるレベル
だったと思うけど、日本の生活からだとそうとう
・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・
な感じだったんですねぇ。

2006/04/13(木) 10:45:05 | URL | CORO #-[ 編集]
MAZANKAなつかしです。僕も何回か行きましたよ。いまだに友達住んでます。しかも結構高かったりするんですよね家賃。だから僕はシェアーして住んでます。MAZANKA!MAZANKA!MAZANKA!MAZANKA!MAZANKA!
2006/04/13(木) 16:25:21 | URL | プラハのダメ研究者 #-[ 編集]
ホントまーらいおんさんって、チェコ、とくにプラハの地名を口にするとき、それはうれしそうな様子をなさいますよ(ん)まーらいおんさんがチェコについて書いた文章にも愛情がこもっているのを感じますし(たとえ文句であっても)。
でもご自分では意識していらっしゃらないのですねー。

やはり、原点というか、なにもかも初めての苦労や楽しさを体験した街や国って、特別な存在になるのでは…

暗い町だなあってわかる気がします…チェコの事情もあるでしょうけど、ヨーロッパで秋はね…ヘルシンキが春からだったのはその意味ではよかったですよね。
続きも楽しみにしています。
2006/04/13(木) 22:11:18 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
■COROさん、

最初にすんでいたのは、お見せした部屋ではないもっと狭い部屋なんですよ(しょぼ)
まあ、あれで文句のない人もいるんでしょうけど、私は駄目ですね(あせ)
それ以外は住めば都ってところでしょうか(しょぼ)
私の期待していたヨーロッパ生活とはかけ離れていましたけどね(げー)
2006/04/14(金) 05:05:51 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■プラハのだめ研究者さん、

確かにマザンカはなにげに高かったですねえ(あせ)
かといって不動産屋をまわって安いところを捜す根性も
ありませんでしたが(あせ)
今度遊びに行ったときにはシェアしている部屋を見せてください(ん)
2006/04/14(金) 05:07:19 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

そうですねえ、確かに苦労した思い出だけはいっぱいあります。それゆえに強烈な忘れがたい思い出になっているということでしょうか(まじ)

暗かったのは夜についたこともありますし、部屋の中が暗いってこともありますね。何せ蛍光灯がありゃしない(だつ)
9月のプラハはまだそれほど暗い感じはしませんが、
漠然とした不安のために、暗さをより暗いと感じたのかもしれません(まじ)
2006/04/14(金) 05:11:08 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。