海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハが好きな理由2
2006年04月17日 (月) | 編集 |
前回の続きです。

プラハ2日目。この日は朝からボスが迎えに来て、ボスとともに研究所までご出勤。部屋を宛がって貰ったり、職場の人を紹介されたり。緊張でボスの言われるままに従うので精一杯である。

ボスは普段忙しく研究所にはいないということで、研究所で更に面倒を見てくれる人を紹介してくれた。その人が、後に大いに私を可愛がってくれる Vojtech であった。ボスはあらかた私の身の回りのことを整えると、仕事があるということで昼飯を一緒にした後、研究所を出て行った。そしてボスは研究所を出る前に、私に2000コルナ(8000円ぐらい)ほど手渡ししてくれた。

ボス:「給与が出るまでは、しばらく辛いだろうから少しお金を貸しておくな。これで身の回りの物を整えるといい」

なんていい人なんだ。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
というか手持ちの金がほとんどないおいらも問題ありありねorz
飛行機代と引越し代ですっからかんだったのよorz
ともあれ、ボスに感謝しつつこれで身の回りの物を買うことにした。

その日もへろへろになって帰ってベットにうっぷしていると、お隣の部屋のドアを開ける音がする。このホテルは、廊下に面してドアがまずあって、中廊下で2つの部屋のドアがある。そしてその中廊下をを通して、各々の部屋のトイレとシャワーに通じるという変な構成になっているのである。なので、隣の人がいつシャワーに行ったかがまるわかりというわけである。

そういえば、ボスが隣は日本人がいるとか言っていたな....。なんとなく自分の英語の聞き違いのような気もするが(それほど、英語に自信がなかった)、日本人だったらラッキーだし、確認してみようかな...。

どきどきしながら、隣のドアをノックしてみる。

ドアを開けて出来てたのは、体が大きく声にはりのあるFさんであった。この人も、この後私のプラハ生活で非常にお世話になる人である。日本から来たポスドクなんて私だけかと思いきや、彼はカレル大学のポスドクとしてすでに1年以上働いているという。なんでも、西側から来た最初のポスドクだとか...。

ってことはおいらは二番か!Σ( ̄□ ̄;)

なんと頼もしいことだろう。

私は、大きな味方を得た気持ちであった。

彼は心地よく部屋に向かい入れてくれて、軽くビールなどをご馳走してくれた。あー、日本語っていいなあ(←駄目人間)。その後、心地よくベットに入り次の日に備えるのであった。



さて、次の日からはある程度自分で環境を整えねばならない。

次の私の仕事はコンピュータをもらって設定するということである。我々の仕事コンピュータがないとお話にならない。

banner_02.gif
貰ったコンピュータをもらって驚愕

ペンティアム75Mhz

最初は英語の聞き間違いかと思いましたが、何回聞いても帰ってくる答えは

セブンティーファイブ

ボスからは一番速いマシンをもらえるって聞いたんだけど、これがチェコの一番速いマシンってことですか?。どうなってんだ元共産国家ヽ(`Д´)ノウワァァァン




とりあえず、マシンを起動してみる。

OSがチェコ語版だわorz.

勉強にはいいんだろうが、ちょっといくらなんでも最初からきつすぎる。日本語読み書きしないといけないしね(´・ω・`)


そんなわけで、もってきた日本語版 Windows 98 SE をインストールし直すことにした。

そして起動してしばらく使っていると

....

....

....

とんでもなくおせえ('A`)

こんなの使ってられねえ。世間ではペンティアム4も出ているってのに、ノーマルペンティアムなんて前世紀的な代物よ(;´Д`)
しかも、しばらく放置しておくとなぜか固まるし。10分に一回ぐらいキーボードをクリックする羽目に。

他の人はどうかと、廊下に出て部屋を覗き見てみると

液晶ディスプレイで
速そうなマシンが!Σ( ̄□ ̄;)


おいおい速いマシンあるじゃねーかよー。

でも新入りだし、新入りに渡せるマシンとしては一番速いってことなんだろうなあ(´・ω・`)





仕方ないかと納得しかけているところに、Vojtech がお昼ご飯に誘いに来てくれた。彼とともに他の同僚ともお昼ごはんに行く。Vojtech から他の同僚の紹介を受けるが

名前が覚えられねえっす(´・ω・`)

日本人ですら、名前を覚えるのが苦手な私。チェコ人の名前など覚えられるはずも無し。まあ、後でぼちぼち覚えていけばいいか...




そして、研究所のレストラン。これまた困ったことに

システムがわかりにくい(´・ω・`)

研究所職員は食券を格安で窓口で決まった曜日に買って、次の日に何を食べるか前もって選ぶシステム。選び方は、メニュー4種類(A-D)の中から選んで、食堂にある刻印機にチケットを差し込んで、該当する記号をパンチすると言うもの。

でもメニューは写真付じゃなくてチェコ語オンリーなもんだから、来たばっかの私には何がなにやらわからない。ここでチェコ人同僚に助けてもらう。そしてチケットの窓口のおばちゃんも英語なんて通じないもんだから(仮に向こうが英語が出来ても、私の英語も通じないだろうが)、ここでも同僚の手を借りる。

でも、いつまでも助けてもらうわけにはいかないよなあ....。

チェコ語の必然性を強く感じながら、食事糸冬 了..._〆(゚▽゚*)
チェコ語どころか食事中英語でいろいろ話しかけてもらって、それに満足に答えられない私。何歳?という簡単な質問も英語がすらすら出てこないorz.答えは頭にあるのに英語は出てこないのだ。昼飯中も休む暇なくほとんどバトルである。

毎日戦いね....

げっそりとして部屋に戻る。ひとりになって少し落ち着く。情けないことだ...。

夕方になって、暗くなってきたので電気をつける。が、ここでまた驚愕

電気が恐ろしく暗い('A`)

部屋にはオレンジ色の白色球一つ、机にもそれが一つ。暗くって勉強なんて出来やしない。蛍光灯はないのかヽ(`Д´)ノウワァァァンと思って他の部屋を見ると1,2つ部屋を除いてやっぱりない。みんなくらい中で勉強している。これが普通なのね...。だけど、おいらにはつらすぎるorz

今日もぐったりして、家に帰宅。

唯一の癒しは、日本から持ってきたCDかorz

隣人のF氏に愚痴を聞いてもらいつつ床に入る。

いつになったらここの生活に慣れるんだか...。


banner_02.gif応援し^-^)よろしくー
コメント
この記事へのコメント
ペンティアム75Mhzってさ、DOSマシン?

私も会社に入りたての頃は、○鹿な先輩の
お下がりPCしか与えられませんでしたわ。

今では常に最速マシンですけどね。もちろん
全員平等ですよ!

まーさんがチェコに来た当初の話って、そう
いえばあんまり聞いて無かったですね。もっと
沢山聞かせてくださいね。
2006/04/17(月) 09:06:30 | URL | CORO #-[ 編集]
西側から来た二人目ですか…すごい響きですね…。スパイみたいだ(ぐらさん)
しかし、プラハ生活しょっぱなから大変だったのですね(びっくり)
「大変でしたね」なんて気軽に言っちゃってますけど、ご本人のその場での大変さは並大抵じゃなかったことでしょう。毎日が戦いって文字どおりだったのでしょうねー(まじ)
でも、親切なボスの方といいお隣の日本人の方といい、あたたかく接してくれる方々がいて、よかったですよね(ん)

ところで↓前の記事、春ですねー!冬の名物avantoも営業終了してるようだし(ひょえ)
スイセンきれいですね。うちの中にお花があるとなごみますよね(ん)
2006/04/17(月) 16:11:21 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
す・・・すごい。初日から胃散でまくりでんがな('A`) 。
あまりに内容が濃いのでコメントする隙がなく
読みながら一緒にPCの前で「orz」するのみ。
( mfさん同様 何を書いてもこの記事の下では軽くなる…(あめ))
しようがないので、応援がてらビールでも開けるか…プシ! ←余計に軽いわ!

こういったまるで勝手の違う日常に突然飛び込むと
いかに自分の想像の域というものが
ひごろの常識の範疇を超えていないかを痛感しますよね。
でまた、そこに居てくれた同郷仲間の何と有り難いことか(かなし)。

映画のロケ地になったりアート本で写真をよく目にする美しい街プラハも
生活するとなると、実はものすごく遠い国だったのだ…?! と
実感しながら、続きを楽しみに(←無責任!?)しておりまするー。
がんばれまーらいおんinプラハ(ほのお)
2006/04/17(月) 19:34:02 | URL | やりみず #-[ 編集]
■COROさん、

ペンティアム75MhzってWindows3.1の時代のマシンですわなー(はず)
DOSマシンといわれても仕方なし(しょぼ)
チェコの苦労話は尽きませんが、思い出しながらここに書き留めて行きたいと思います。
2006/04/18(火) 00:11:09 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

しょっぱなから大変でした(しょぼ)
まあ、覚悟の上とはいえ休まらない毎日の連続でしたね(ぐらさん)
そんな中日本人同僚がいたのは非常に救いでした(ん)
彼の存在は随分と私を助けてくれましたねー(ん)
ボスも今思うと例外的に親切だったと思います。あそこまでポスドクの生活の面倒を見るボスっていないと思いますね(はず)
あー、思い出すと懐かしい。忘れないうちに文章に書きとめておかねば(ん)
2006/04/18(火) 00:15:54 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■やりみずさん、

生活する上での問題が言葉というのは大いに想像がついたんですが、その他の環境、習慣はほとんど予期できなかった物ばかりで面食らいましたねー(あせ)
しばらく住んでいるうちに慣れるものなんですけど、慣れるまでは日々戦いという感じでしょうか(しょぼ)
しかし、このFさんには生活については随分助けられました(ん)

プラハはとてもきれいな町ですよ(ん)
生活する上では大変な面も最初はありましたが、街の雰囲気にも
助けてもらったという感じでしょうか(ん)
2006/04/18(火) 00:19:56 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
外国で生活するのって、多かれ少なかれ、どの国でも苦労しますよね。
何をどうブチブチ言ったところで、やはり日本は世界最先端。
そんなところから、他所様の国に行くわけですから。(はず)

でも、元共産国家に行くってのは、またわけが違うんでしょうね。
ほんのちょっとしたこと、慣れればなんてことないことにでも、
始めのうちは、いちいち「…くらっ!」(だつ)と来たのだろうと
推察されます。
わずか2日、グルジアに滞在しただけでも、いちいち目眩していた
私ですから…。(あれ)

ほんと、よくやりましたよ、まーらいおんさん!!
お隣りのFさんに、「感謝!!(ばら)」ですね。
2006/04/29(土) 13:43:33 | URL | ガナッシュ #3un.pJ2M[ 編集]
■ガナッシュさん、

そういえば、おいら初めて行った国(ロシア)も初めて住んだ国も旧共産国家だわ(あせ)
最初に住んだ国が西側なら比べることも出来たんでしょうけどね(しょぼ)
あ、ちなみにフィンランドは旧共産国家みたいな物ですから似たようなもんです(ひょえ)(それ)

なので、他の旧共産国家に行ってもくらってくることはあまりないですね(はず)
アルメニアもちょっと不便だなあと思ったぐらいだし(はず)

チェコでたたかれたから今のおいらがあるということかも(ん)
そして、FさんとTさんに感謝なのです(ん)
2006/04/29(土) 23:54:13 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。