fc2ブログ
海外に10年在住後帰国。2020年に男の子のたーくんを養子に迎えました。子育てと普段の生活を面白おかしくつづります。
Let's note 購入。
2005年03月18日 (金) | 編集 |
昨年の9月まで、私はチェコでポスドクをしていたわけだが(チェコの話もおいおい書いていきます)、滞在し始めた当初のパソコン環境は最悪であった。当時、研究所で渡されたマシンはPentium 70 MHzのマシンで、とてもまともに WIndows 98などが快適に動く環境ではない。研究所の人間は「これがお前に貸して上げられる最速マシンだ」などと抜かしやがる。じゃあ、お前らの持っている液晶のマシンはなんだぁ~!?などと不満をぶちまけたもんです(誰に?)。しかも、渡されたマシンに入っているOSはチェコ語版のWindowsだし...。

後にかなり真っ当なマシンがもらえましたが、3ヶ月ほどはしぶしぶそのマシンを使っていた記憶があります。そんなわけで、今度海外に出るときは、高性能なマシンを買っていこうと固く誓ったのです。

それで、調べて買ったのがこのLet's note W2Fなのです。1.29Kgの軽さと、長時間バッテリー、ファンレス、しかもDVD-multiなどこの機能でこの軽さは驚異的です。これ以外の候補として、IBMのT42などを考えていましたが、DVD-multiじゃないし、いろんな点でW2Fに劣る点が私にはありました。んで、他に事もあろうに、SONYのVAIO T70B/Lに惹かれてしまいました。だってかっこいいんだもーん。しかし、前回VAIOではマシン不良で散々悩まされたこともあり、最終的に候補から落ちました。SONYはデザインは良いんだけど、最近は作りが甘いという話も聞きますしなあ。

大学ではMebius MP-70Gを使っているが、

お・そ・い

バッテリーももたねえし、sharpのパソコンはだみだというレッテルが、このパソコンのおかげで俺の中で確定的になってしまった。TransmetaのCPUを使って、なんであんなにバッテリーがもたんかねって感じ。軽いことは軽いけどね。今回のパソコン選びで悩む必要性が一つ減ったという意味で役にはたったな。

というわけで、Let's 万歳です。かなり気に入っております。後はトラブルがないことを祈るばかりだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック