海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハが好きな理由3
2006年04月20日 (木) | 編集 |
前回の続きです。

ボスから貸してもらったお金で、回りの物をそろえることにする。なにせほとんどありませんでしたからね。買い物には隣人のFさんにも付き合ってもらった。買い物場所はプラハ郊外にあるイギリス系スーパーマーケットの「TESCO」である。家の近くのバス停留所からそのスーパーまで無料送迎バスが出ているので、それを使って移動。ちなみに、これ教えてもらわなかったら絶対わかりません....。普通の路線バスと同じ停留所だし、記号がSとかCとかしか書いてないし、誰が無料バスとわかるのだ....。

TESCOに到着して、早速買い物。しかし、でかい。日本の郊外スーパーマーケット以上にでかい。しかも24時間営業。必要な物はほとんどここでそろいそうである。

まずは、お皿や鍋、おたま、スプーンなど台所用品を。予算が限られているので、高い物は買えないね。慎重に品定めをしていく。

本当に一から揃えるなんて、大学に入学したとき以来だなあ

そして食料も買出し。こちらでは、野菜は日本みたいにパックごとに値段がついているわけでなくて、自分で必要なだけ取って秤にかけて対応する番号を押して、自分で値段を貼るシステム。ここTESCOに限っては、量る人専門の人がいて値段シールを貼ってくれる。

このシステム、最初はとまどったなあ

なにがとまどったかって...

banner_02.gif
野菜と対応する番号がわからなかったりすることがあるのだ

野菜の上の値段表示が、品物と微妙に位置がずれていたりすると、その表示が何の野菜を示しているかわからなくなる。なぜかって...

表示がチェコ語だからである

英語と似ている単語はいいけど、全然違ったすると困ってしまう。その番号がわからないと、秤でどの番号を押さないといけないのかわからない。TESCOは係りの人が押してくれるからいいんですけどね。

もう一つ困ったことは、その野菜が量り売りなのか、一個売りなのかわからないこと。それも表示にはチェコ語で書いてあるんだけど、最初はそんなことわかるはずもなし。そのうち、一個あたりで売られる場合の表示は理解できて、問題なくなりましけど、それがわかるまで結構時間かかったかも

ある程度そろえたところで会計へ向かう。こちらのレジは、日本と違って自分でかごから出さないといけない。出した物をレジへ続くベルトコンベアへとせっせと乗せる。これも、戸惑ったけどFさんの助けを借りてなんとか無事買い物終了

次からは、自分でも買い物できそうだ

しかし、その後一人で来て失敗

なぜかというと...

野菜のように外見から何か判断できない物は、チェコ語が理解できないと中身がわからない

からである。例えば、決定的なのは

砂糖と塩

これ材質が似ているので、振ったりするだけだとわからないですね

最初は両方必要だからまあいいですけど、次の買い物のときまでにわかっていないと困ります。Fさんは最初にチェコに来たときに

「saltはどこ?」

という英語が通じなかったっていうんだから、ある程度のチェコ語はやっぱり必須ね

結局、一人ではじめて行った時には、辞書がなかったので一回撤退。辞書を持って改めて買い物に行きました。

後わからなかったのは、バターとか酢。外見からある程度判断つくんじゃないの~?って思うかもしれませんが、確信がもてないんです。結局、辞書片手に調べましたとも。スーパーの中でね
これ結構恥ずかしい

そうやって少しずつ単語を覚えていきました

英語は仕事で絶対必要、チェコ語は生活である程度必要。

とにかく最初は言葉の壁に阻まれることが多すぎました

まだまだこれから続くんですけどね

banner_02.gif応援よろしくです
コメント
この記事へのコメント
もう過去の事なんですけど、まーさん、
がんばれーって読んでて叫んじゃいました。

あのぼろぼろになったチェコ語辞書って、
このとき購入したんだ。

TESCOでは、まーさんにキャビアだと
いわれて大量に買ったよね。

だけど去年のヘルシンキへ訪れた時、
”アレはフェイクだった!”と言われ、
マジで落ち込んだの思い出しました。

結構海外のショッピングシステムって
戸惑うことあるよねー。私はほとんど
まーさんに教わっているから問題ない
ですが、一人だと即撤収だろうなぁ。
2006/04/20(木) 09:19:27 | URL | CORO #-[ 編集]
私もCOROさん↑同様、思わずがんばれ(いかり)と叫んでしまいました。声援、過去に届くかな。

欧州のスーパーのはかり売り方式って、最初とまどいますよね~よくわかんなくて(しょぼ)しかし、はかりの係がいるなんて(びっくり)サービスいいんですね!?英国系だから??
塩と砂糖の区別は、盲点でした…生活された方ならではのご苦労ですね、これは。
こうやって実地で苦労しながらひとつずつ覚えた単語って、きっと絶対に忘れないでしょうね。
2006/04/20(木) 17:49:43 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
■COROさん、

チェコ語の辞書はそれほどぼろぼろになっていませんね(あせ)
私の知り合いにぼろぼろにした人がいますから、その人に比べたら勉強不足ですわ(しょぼ)

キャビアについては失礼しました(ぺこ)
だって、確か表にキャビアって書いてありましたもんね(あせ)
実は団子魚とかいう魚の卵だった罠(げー)

COROさんもひとりで海外に生活するようになれば、生活に必要なことですからなんとかしようと頑張ると思いますよ(ん)
2006/04/21(金) 01:58:13 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

声援ありがとうございます(ぺこ)
そういえば、係りの人がいるってサービスいいですね(びっくり)
なんとも思っていませんでした(はず)。
イギリスのほうもそうなっているのかな(あれ)
苦労して覚えた単語忘れないといいんですけどねー(はず)
最近使ってないから徐々に忘れつつあって、まずいなーとは
思っています(しょぼ)
2006/04/21(金) 02:00:32 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
フィンランドでは野菜はスウェーデン系の名前なのでドイツ語から想像してわかりましたが、大根はわからんかっただよ。(ひげ)
やっぱり生活に必要なものは覚えるのも早いし忘れないっすね!フィンランドでヨーグルトと思って買ったら何かのシロップだったよ(わーん)こうして学習していくんだねえ…
「フィンランドを好きな理由」って書ける日を楽しみにしてまっせ。お互いにね!(ういんく)
2006/04/22(土) 02:12:47 | URL | 華南 #JalddpaA[ 編集]
■華南さん、

大根はわからないですねー(あせ)
いつも市場で売っているのを買っていました(はず)
フィンランドでの失敗といえば、ジュースとヨーグルトかな(あせ)
ジュースの1Lパックにヨーグルト入っているなんておもわねーよ(わーん)
こうやって覚えていくんですねー(はず)
フィンランドを好きな理由....。フィンランドを去った後に書けるんでしょうね(ひょえ)
2006/04/22(土) 04:04:33 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
欧米のスーパーは、最初戸惑いますよね。
それにしても、TESCOかぁ~。懐かしい響き♪(こーひー)

日本の1人暮らしと同様に、ニンジンを2本だけ買おうとしたら、
量りが振れてくれなくて、値段のシールが出てこず、困った
ことがあります。(かなし)
何度かトライしてやっと、シールが出てきました。約14円。

他にも、まーらいおんさんそっくしな失敗しましたねぇ…。(はず)
みんな同じですねぇ…。

2006/04/29(土) 14:26:58 | URL | ガナッシュ #3un.pJ2M[ 編集]
■ガナッシュさん、

TESCOはイギリス系なので懐かしいでしょうね(ん)

しかし、秤が振れないなんて事があるんですね(びっくり)
私はそういう経験はないですが、シールが詰ってしまうのには
よく遭遇しました(あせ)
このシステム最初は戸惑いますが、今はおいらはこちらの方が
好きです。一人暮らしには便利ですよね(ん)

ガナッシュさんも同じ失敗を(びっくり)
みんな苦労するところは同じなんですねえ。
2006/04/29(土) 23:44:07 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。