海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハが好きな理由6
2006年04月29日 (土) | 編集 |
チェコでのおいらの家は、前も書いたように

ホテルマザンカ

という所ですが、ホテルというよりは学生寮といった感じの施設です。

8階建てで2階と8階の一部のみをホテルとして使い、他の階の部屋は寮という構成です。

IMG_3396.jpg

前に出した写真ですが、また出しましょう

やっぱ汚いホテルだねー

ホテル(以下「寮」と呼びます)はチェコ科学アカデミー所有の寮で関係者以外は借りることができません。そういった意味では身元がきちんとしている人だけということになるので治安はいいといえるでしょう

おいらがここで嫌いだったのはいろいろな制約があったこと

まず、この寮はホテルでもあるんで、一応受付があって外に出るたんびに鍵を預けなくてはいけません。ちょっと買い物って時にも鍵を預けなくてはいけません


後、お掃除も平日は毎日入るので、だらだら寝ていると廊下で掃除しているおばちゃんの物音で起こされることになります。

この掃除のおばちゃん、朝の8時ぐらいから張り切って掃除をしてくれるもんだから、おかげさまでチェコにいるときは寝坊しないで済みましたが

その他、学生寮のように規則が多いです。

1.共用台所は使った後はきれいにしておくこと
2.夜は11時までしか台所は使えない(わざわざ鍵がかかる)
3.洗濯は夜の9時までに終えること(地下に共用のが数台あるだけ)
4.訪問者は10時までにホテルを退出すること
....

などなど

ま、門限がないのは救いね

仮に夜中に帰ってきても、受付のおばちゃんを

「ブゥゥゥゥゥーーー!」

というやかましいベルでたたき起こして、ドアを開けてもらい部屋の鍵をもらうんで問題ないです。でも、しょっちゅうこれをやるのは気が引けるので、暗に門限があるように感じてしまうかも

いろいろ制約はあれど、住むにはもちろん問題ありません

でもね...

これおいらの憧れていた欧州生活とは程遠いんですよ

普通に街中のアパートで暮らす....

それだけなんですけど、このホテルはおいらの思い描いていたものとははるかにかけ離れている...。

なんで今頃学生寮のような生活をしないといけないのか

それでも、よかったかなあと思えるのは...
banner_02.gif
友達がいっぱいできたことでしょうか?

日本人同僚がそこにいたことはもちろんですが、他にいろいろな国から来た人と友達になりました

日本人以外で特に仲がよかったのは、台所でよく会ったインド人の Pradeepさん、そして隣人のロシア人 Eugene さんです。

Pradeepさんとは夕食時にかなりの確率で台所で会い、お互いの作っているものを、観察したりしてそのうち仲良くなりました。しかし、インド人の食事を見て思ったことは

ほんと毎日カレーw

これまで冗談かと思っていたけどほんとなんですわ。さすがに毎日同じ具のカレーではないようですが、基本的に香辛料は同じ。よくも飽きもしないものだと関心しました。

しかも彼ベジタリアンなんで、お肉はご法度。

これ肉食中心のチェコでは外食できないことを意味します
なので、彼の職場での食事はいつもクッキーとかパンとかおなかにたまらないものだったようです
そんな彼なので、夕食は時間をかけておいしいものを作るのが常のようでした。

なんどか招待されて彼のカレーを食べたことがありますが、

これまじにうまー

ですた

そんな彼と仲良くなるにはかなり時間がかかりました。というのも

英語が聞き取れない

からです

また、言葉の問題かよって感じですが、インド人の英語はまた特別。
速過ぎるのに加えて、インド訛りが入ってわけわからじ
いっつも真剣に聞かざるを得ないので、いい訓練になりました





んで、もう一人の仲のよいロシア人のEugeneさん。彼は年齢40後半のおじさん、でもなぜかポスドク。普通は助教授か教授になっていてもおかしくない年齢です。ですが、ここチェコでポスドク頑張っています。

彼はおいらの部屋のすぐ隣に住んでいたので、自然と顔を合わすことが多くいつの間にやら仲良くなりました。

ただ彼は基本的に早寝早起きだったので、いつも遅くまでおきていたおいらは迷惑をかけただろうなと今も思います。出張でしばらくいなかったりした後、彼に会うと

「お前がいない間はずいぶん静かだったぞ

と皮肉を言われたものです

そんな彼は、ロシア嫌いのロシア人。彼から聞いたロシアの話で良かったという話はほとんど聞きませんでした。特に崩壊後の話は暗いものが多く、これ我々が知っている以上にすさまじい話が多いです

一方で日本語を含めた日本のこともよく知っており、おいらが英語がわからなかったりすると、日本語でその単語を言って貰ったりしてとても勉強になりました

左がPradeepさん、右が Eugeneさん。一緒に夕食パーティをしたときの写真です

103_0372.jpg



Pradeepさんは今はドイツのポスドク、Eugeneさんは今もプラハで働いています。今でも連絡を取り合っているよい友達です

またみんなで集まれるときがあったらいいなあ

banner_02.gif応援よろしく
コメント
この記事へのコメント
面白い!
おはようございます。こういうお話って本当に面白~~い(にや)
寮って大変なんですね~いい大人が門限生活なんて~お友達のロシアの方もインドの方もまーらいおんさんと同じく規制を不満に思っていらしたんでしょうか?
ロシアはソ連だった頃に父親が仕事で2年ほど行ってましたけど、確かに「暗い国やったで~自分は外国人やったから買い物は高い所でスムーズに買えたけど、一般の人はテレビで見るみたいに毎日あんなに並んで買い物してるからびっくりした(げー)」って話してました。

2006/04/29(土) 07:59:50 | URL | まるこ #-[ 編集]
Eugineさんはロシア正教の牧師さんみたいですね(ん)
カレー(?)おいしそう!(すき)

私が、仲間内で’三重苦’と呼ぶ仕事があります。

1.インド人(聞き取りにくい(あせ)) 
2.ITエンジニア(解らん技術の話(ぎょ))との 
3.電話会議(聞こえーん!(わーん))(かなし)

1,2の組み合わせはIT業界多いですよね。。(はず)

ちなみにインド行った時は選択の余地なく毎日カレーでした。(はず)おいしかったけど。(ぐっど)

インド人たちとは全然話が通じず、間に’通訳’に入って貰い、
私の英語をインド英語に変えて貰いました。。(はず)
2006/04/29(土) 14:06:32 | URL | まりか #-[ 編集]
「何もかもが大変なチェコ」を共に乗り切った「戦友」なんですねー!
私も彼のカレー、食べてみたいです♪
イギリスにいた時の大部分、モーリシャス(インド文化圏)出身の
方から部屋を借りていて、ときどき食事に招待されましたが、
やっぱりおいしかったです。(にこ)

私はヒンディー語話者の英語、大丈夫ですよ。
ばっちり♪(たいよう)
そんな私が苦手とするのは、タイ語話者の英語です。
タイ語独特の、あのまるっこい響き(?)の訛りが苦手で、
何て言うか、、 ガラス板を引っかいた時のような、、
あんな感覚を覚えます;;(ぎょ)

2006/04/29(土) 17:47:05 | URL | ガナッシュ #3un.pJ2M[ 編集]
■まるこさん、

ロシア人の友人は不満はそれほどなかったようですが、インド人の友人はかなり不満だったみたいです(まじ)
早く出たがっていましたしね(しょぼ)
共産国家での買い物の話は、同僚から聞いたことあります(まじ)
まじに並んでいたんだそうです。んで、当時なかなか順番の回ってこない同僚が切れて、無理やり売ってもらったと言ってました(ぎょ)
そういう話もおいおいしていく予定です(ん)
2006/04/29(土) 23:11:16 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■まりかさん、

Eugeneさんの宗教はなんだろうなあ(あれ)
イコンが飾ってあったりロシア正教でしょうね(ん)
でも彼は、仏像の顔のペンダントをしているんですよ(ひょえ)

まりかさんも、インド人の会話は聞き取りにくいですか(びっくり)
一度ロシアの会議に行ったときに、インド人がセミナーをしていたんですが、これがびっくり、全然わからなかったんです(ぎょ)
んで、終わった後にイギリス人とご飯を食べている時に、「お前、彼の英語聞き取れた?」って(ひょえ)。彼にとっても聞きにくいんじゃしょうがないか(ひょえ)

ところで、毎日カレーでおなかは壊しませんでしたか?(ひょえ)(それ)

2006/04/29(土) 23:22:09 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■ガナッシュさん、

すごいですねえ、インド人の英語が聞き取れるなんて(びっくり)
おいらは、地域差もあるのかなと最近思っています。今の研究所にはベンガル語を母国語にするインド人が二人いるのですが、彼らの英語は聞き取りやすいです(ん)。上に書いた Pradeepさんは、ヒンディー語が母語でした。でも、ベンガルとヒンディーってすごく似ているらしいので、これらの違いで英語の聞き取りやすさが変わるのは間違っている可能性もありますね(まじ)

おいらはタイ人の英語は聞いたことありません(まじ)
ベトナム人のはありますが、あんまり聞きやすいとは言えなかったかな(あせ)。感じとしては「にゃむにゃにゃむ」っぽい発音だったような...(あせ)
2006/04/29(土) 23:28:35 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。