海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルメニアへ行こう~2
2006年05月23日 (火) | 編集 |
アルメニアはプラハに住んでいるときに行ったのだが、実はプラハから直行便があったりする。

でも出発は夜中の11時とか言うとんでもない時間

んで、アルメニアの首都エレバンには朝の4時とかに到着

アルメニア入国にはビザがいりますが、これは空港で直接取れるので大丈夫

ビザの係官がおいらのパスポートを見て一言。

係官:「おお、日本人かー

さすがにここでは日本人は珍しいようです

空港からは会議主催者の用意した車で一路ホテルへ。

さて、出席する会議は到着した日の午前から始まるけど、そんな時間に到着したおいらとボス、その他何人かの参加者は見事に寝過ごしてしまいました

プラハからの便は週に2便しかないので、当日到着の飛行機に乗らざるを得なかったんですよね

会議初日の後に、ホテルの周りを少しお散歩

99101358.jpg 99101353.jpg



会議の2日目だか3日目は午後からエレバン近郊のゲガルド修道院とガルニ神殿に遠足に行きました

banner_02.gif応援よろしくです
途中、荒涼とした大地をひた走り、ゲガルド修道院へ

到着後、神殿に向かう参加者たち。このゲガルド修道院は、岩を掘りぬいて作られた修道院で、作られたのは4世紀ごろとか。ただし、今あるものは12,3世紀に作り直されたものらしいです

99101363.jpg 99101364a.jpg


アルメニアは世界で2番目にキリスト教の普及した国だとか。右側はアルメニアンクロスと呼ばれていて、少し独特のデザインです

99101368.jpg 99101369a.jpg

内部はこんな感じ。右側の壁絵はヒョウで、ヒョウはゲガルド村のシンボルだとか

99101375.jpg 99101376.jpg


修道院の外では、結婚式のパレードが行われていました

99101394.jpg


続いて、一向はガルニ神殿へ。こちらはゲガルド修道院より更に歴史が深く、紀元前3世紀ぐらいのものとか。ただし、こちらの神殿は最近再建されたものです

99101395.jpg 99101396.jpg


神殿の再建にあわせて、浴場の発掘作業もしているようです
それを記した看板ですが....読めないね
一部はロシア語っぽいですが

99101401.jpg



そして、後日もう一回遠足があるという遠足だらけの会議なのでした

banner_02.gif応援よろしくです
コメント
この記事へのコメント
アルメニア!
西の人は悪くいいますが、知人もでき
ちょっと興味を持っている国です。
ルーマニアで働いてる話をしたら、是非アルメニアに!
と危うく?アレンジされそうでしたが(これ以上
気ままに飛びたくないかな、と・笑) でもいつか尋ねてみたい
国です 街意外とすっきりした印象ですね(上から見た感じ)
2006/05/23(火) 08:54:49 | URL | go2rumania #-[ 編集]
素晴らしいですねぇ!
まあーらいおんさん

アルメニアの由緒ある修道院を訪ねられたのですね。

一度も行ったこともないし、写真とかでも見たことが
ありませんでした。
まあーらいおんさんのおかげで、素晴らしい修道院を
拝見することが出来ました。

アルメニア十字ですか!?
なかなか色々興味深いものがありそうです、アルメニア。
2006/05/23(火) 14:12:21 | URL | ars #3fZCM/1w[ 編集]
■go2rumaniaさん、

そうですか、西の人は悪く言うんですか(まじ)
アルメニアはアゼルバイジャンといざこざがあるし、トルコとも仲が極端に悪く、グルジアとイランにのみ国境が開かれている小さい国なのに、そんな風に言われるとねえ(しょぼ)
資源も乏しいし、将来展望がなかなか厳しいですが頑張ってほしいところです(まじ)

エレバン自身は割りと平坦ですが、市街を出ると、荒涼としたでこぼこ台地に覆われていることがわかります。おいおい写真に載せていきますね(ん)
2006/05/24(水) 02:40:31 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■arsさん、

arsさんは、修道院の存在をご存知だったんですね(びっくり)
私は、そんなものも知らなかったし、アルメニア自身についてもほとんど知りませんでした(しょぼ)
ロンリープラネットを読んでいろいろしったという程度です(ひょえ)
まだ幾つかたずねた場所があるので、報告を楽しみにしていてくださいね(ん)
2006/05/24(水) 02:42:40 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
アルメニア人
はじめまして、ギリシャに住んでいます。
私はアルメニアにずっと行って見たいなぁと思っていました。
何と言ってもアルメニア文字が魅力的ですね。
ギリシャでアルメニア人は良い人が多いですよ。
ギリシャに帰化した人が結構います。
また西ヨーロッパで宝石の流通や問屋さんをやっているの人にアルメニア人は多いです。

2006/05/25(木) 03:48:46 | URL | lemonodasos #q24tdIhk[ 編集]
■lemonodasosさん、

ギリシャからようこそいらっしゃいました(ぺこ)
ギリシャからだとアルメニアはより身近な国に感じるのでしょうか(ん)
日本からはなかなか行きにくい国でありますが、なかなか面白い国であるとは思いますよ(ん)
アルメニア人は問屋さんなどをしている人が多いんですね(びっくり)
アルメニア移民は世界各地に散っていると思いますが、ギリシャにも多かったんですねー(まじ)
2006/05/26(金) 03:54:45 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
まーらいおんさん、アルメニア十字の画像をアップしましたので、
TBさせていただきました。どうぞよろしく♪(ういんく)
2006/08/20(日) 13:35:03 | URL | valvane #3un.pJ2M[ 編集]
■valvaneさん、

TBありがとうございました(ぺこ)
トルコのアルメニア十字、興味深く拝見させていただきました(ん)
いつかトルコにも行ってみたいなあ~(ん)
2006/08/22(火) 02:28:20 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トルコ、アニ遺跡のアルメニア十字。メノラー(燭台)とセフィロト(生命の木)も兼ねて表現している。
2006/08/20(日) 13:31:58 | 旅猫写真館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。