海外脱落組のお気楽物理学者
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人から聞く中国
2006年05月24日 (水) | 編集 |
中国は日本にとっても近い国ですが、今現在の中国をどれくらい知っているかと言われると、おいらの場合

人口が多い
経済の発展が著しい
共産党国家である
日本にいちゃもんが多い
日本企業がたくさん進出している
巨大市場

などがすぐに思いつくところでしょうか

ここで、質問

中国って共産党国家ですが、共産党といえば旧ソ連のように怖いイメージがありますが、今の中国に対してはどうですか?

中国以外の世界の大半の社会主義国が倒れた今、冷戦時代が終わって共産党への危機感、怖さって薄れてしまったような気がしませんか?

でも...

やっぱ中国、共産党って怖いんじゃー

という話を最近中国人の同僚から聞きました

今回は、おいらの不勉強さを反省せねばなりますまい

banner_02.gif応援よろしく
ちなみにその同僚の中国人は、大の共産党嫌いで実際に反対運動も行っているみたいです

今朝も中国大使館に抗議を行いに行ってきたと言っていました

彼から聞いた話はこんな感じです

中国には共産党に反対する人を収容する「収容所」があって、そこには数千人単位で「政権の敵」と呼ばれる人が収容され、拷問の挙句「中国共産党への服従」という洗脳がなされない場合には、生きたまま臓器を摘出され、それらが中国内の病院に売りさばかれているというのです

詳しくは例えばここ

一方で、中国の病院は臓器移植がすぐにできますという触れ込みで、英語、日本語などでホームページで宣伝されている。

例えばこの病院

アメリカや日本で臓器移植を待つと、非常に長いこと待たないといけないわけですが、この手の病院だとすぐにドナーが見つかるとか。それもそのはず、そのドナーは「収容所」にいる豊富な「生きたドナー」から提供されるってんですから

つまり、中国共産党が国家がらみで、この種の悪事に手を染めているというのです

おいら、こんなこと全然知りませんでした



これ以外にも彼が話してくれたことには

●上記の収容所に収監された人は、もはや人ではなく「商品」として取り扱われる

●中国共産党は、テロリストやその他アメリカなどに敵対する国(キューバ、北朝鮮や中東)に積極的に武器援助を行っている(中国だけが仲間はずれになるのは嫌。あわよくば邪魔なアメリカを弱らせる)

●海外のほとんどの中国系のメディア(その他の海外メディアも含む)は共産党の監視下にある。唯一、監視下にないのは、ここだけ

●今の中国共産党は、前ソ連などの軍事力を背景にした「力」での自分たちの力の拡大を目指すのではなく、金を通じた利益供与で力の拡大を進めている。

などなど



やっぱ共産党って怖い組織やわーと思いましたが、まだあまり理解できていません

中国の怖さを半信半疑わかったという顔で、同僚の話を聞いていると

同僚:「お前に共産党がいかにどす黒く、恐ろしい組織であるかは理解できないと思うよ」

同じことを前にチェコ人同僚にも言われました

結局、どの国の共産党政権も、労働者平等という理想は確立することなく、権力に溺れた権力者たちが権力を振りかざすだけになってしまうってことでしょうか


同僚はこうも言いました。

同僚:「中国にいるほとんどの中国人も共産党政権は嫌いだ。でもそれを表明してしまえば厄介ごとに巻き込まれるし、最も危うい場合には家族ごと共産党政権に殺されてしまう。おれが、北京の研究所にいた同僚も、とってもいいやつらだったけど、今はどこに行ってしまったかわからない....。」

彼の脇には、今朝中国大使館前で抗議のときに使った垂れ幕が置いてあった。

いつも持ち歩いているから何かと思ったのだが、毎朝抗議に行っていたのだ。

同僚:「おれは、中国共産党はいつか滅びると思っている。」

そう願わずにはいられないのです。

banner_02.gif
コメント
この記事へのコメント
こ、怖すぎです・・(ぎょ)
日本に帰任した後、次は中国って話しが出たらきっとこのことを思い出さずには居られないでしょう(あせ)
仕事で係わった中国人は、いい人が多かったんだけどな~(中には、日本で逃亡した人も居た・・(はず))
国が怖すぎです~(げー)
2006/05/24(水) 06:11:13 | URL | イチゴ #-[ 編集]
うぅーー
まーらいおんさん

中国のこと良く分からないけど、疑問に思っていました。
妹が中国では犬やその他の商品価値のある動物を
生きたまま殺しているというのです。
その隠れヴィデオがあり、見ろ!と言われました。
見ていません。怖くて見られません。

人間も見殺しにされてしまうんですね。

私も共産党は滅びると思いますが、
今のところまだ先のようですね。

その前に北朝鮮の体制が壊れると思いますけど。
2006/05/24(水) 11:26:09 | URL | ars #3fZCM/1w[ 編集]
「洗脳」はもともと中国語だったと思います。

学生時代中国とはけっこうかかわりがあって、
いままた仕事で中国と毎日やりとりがあります。
人生で2回目にパスポートにスタンプをもらったのも中国でした。
愛着というのとはまた少し違うけど、気にかけている国です。
(といっても中国のことをよく知っているとはいえませんけどね)

これだけの国土と人口をかかえ、長い歴史を持つこの国が、どうかよい方向へ進んでいくようにと、願わずにはいられません。

共産党をつくった人たちだってよい方向を目指していたはずですのにね…
2006/05/24(水) 11:54:16 | URL | mf #cJZJYCBs[ 編集]
恥ずかしながら私も中国についてはよく知りません、まして、共産党については・・・。今だにそんなに恐ろしいというか、時代錯誤(?)かのような行為を公然と行っているとは・・・。なぜ、世界に知られないのでしょう?それとも知られている?まーらいおんさんの同僚さんの様に、地道にでもいいから、実態を知らしめるしかないのでしょうか。ああ、恐ろしい。
でも非常にためになる話でした。
2006/05/24(水) 18:37:53 | URL | きち #YlatNgdA[ 編集]
恐いお話ですね。
今の中国でも本当にそんなことが行われているとしたら・・・。

臓器を必要としている患者さん達がたくさんいることは確かだけど、
それだからといって、反体制側の人達を供給源にしていいことにはならないと思う。それは確かなことです。
でも需要があるからこそ、供給もあるのでしょう?
しかもその大半が西側からの需要。
そして死の商人のようにその中間で利益を搾取している存在もあるに違いないと思われます。
そう考えていくと、ただ単に共産党だけを批判して済む問題でも無いのですね。
人間の業の深さに暗澹とさせられます。
2006/05/25(木) 01:03:48 | URL | タロリン #-[ 編集]
■イチゴさん、

その中国人の同僚もとてもいい人なんです。だからこそ今の中国が許せないのかなと...。彼の話に共感してこの話をブログに載せた次第です。私も今後中国と聞いたときには、この手の話を思い出さずにはいられないと思います(しょぼ)

早く中国に平和が戻りますように...。
2006/05/25(木) 02:31:08 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■arsさん、

疑問に思うということすら最近私は忘れかけていました。
中国の宣伝のやり方は巧妙で危機感を思い起こさせないように
こういったことを裏で進めていたのだなあと、知らなかった自分を
情けなく思いました。

共産党は滅びてほしいですが、もう少しだけ時間がかかりそうな感じですね(しょぼ)

共産党が滅べば、北朝鮮も時期に滅ぶと同僚は言っていました。

ともあれ中国がいい方向に進むことを願ってやみません。
2006/05/25(木) 02:36:59 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■mfさん、

共産党を作った人ってのは本当によい世界を目指していたんですかね...。私は、この点はいつも疑問です。そういう人たちもいたのでしょうけど、レーニンがよい世界を目指していたかはよくわかりません。スターリンは明らかにクレイジーでしょうけど....。

同僚が言うには毛沢東もクレイジーだとか...。文化大革命で中国を救ったといいますが、彼は国民を道具のようにしか思っていなかったと言っています。きちんと史実を見てみないと何ともいえませんけどね..。

私もmfさんと同じ気持ちです。
2006/05/25(木) 02:42:18 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■きちさん、

いまだにそのような行為が行われていて、かつ世界に知られていないのは、下でタロリンさんが書いている事情があります。お客のほとんどは西側に国からであり、お金の力が密接に絡んでいるようです。お金によってメディア統制もされて、海外に住んでいる中国人も監視されているといいます。

今や企業がたくさん進出して、中国と利益で絡み合った西側の政治家はこのことを公にしていないと同僚は言っていました。しかし、病院の事件は、もはや明るみにでつつあるようです。

2006/05/25(木) 03:01:57 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
■タロリンさん、

この報道はほとんど事実かと思いますが、本当にこんなことがあったとは恐ろしいことです。そして今現在も行われているとは...。

需要と供給で西側からの利用者が多いのが事実みたいです。だからこそ英語や日本語、韓国語のページがあるんでしょうね...。
そして、中間で利益を搾取しているのは、まさに共産党がメインなのは...。共産党だけ批判してすむことではありませんが、彼らがこの行為に目をつぶるどころか率先して、更には利益まで得ていることに憤慨せざるを得ません。

人権問題も重要でしょうが、こちらの事実を糾弾することが今は重要であるように思えます...。
2006/05/25(木) 03:07:29 | URL | まーらいおん #aIcUnOeo[ 編集]
よくネタにしています
中国の共産主義国家としての「怖い側面」。よくブログのネタにさせてもらっています。あまりにすごすぎて、それが本当に真実なのか、逆に信じられなくなるくらい、すごいですよね。
いくつかURLを書いておきます。もし興味がありましたら、どうぞ。

共産主義者は赤ん坊を茹でるか?
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-289.html

鳥インフルエンザ、中国での死者は300人超?!
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-149.html

情報統制の国、中国
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-152.html

ウィルスの坩堝、中国
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-153.html
2006/05/28(日) 02:57:20 | URL | valvane #3un.pJ2M[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。